過去放送分
ゲスト一覧
2024年 7月
2024年 6月
2024年 5月
2024年 4月
2024年 3月
2024年 2月
2024年 1月
2023年12月
2023年11月
2023年10月
2023年 9月
2023年 8月
2023年 7月
2023年 6月
2023年 5月
2023年 4月
2023年 3月
2023年 2月
2023年 1月
2022年12月
2022年11月
2022年10月
2022年 9月
2022年 8月
2022年 7月
2022年 6月
2022年 5月
2022年 4月
2022年 3月
2022年 2月
2022年 1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 7月
2021年 6月
2021年 5月
2021年 4月
2021年 3月
2021年 2月
2021年 1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2023年4月7日放送分)

写真  左より 竹内弘明氏、長尾哲見氏


本日放送した選曲

M1: 
Merry ChristmasMr.Lawrence(Wu Fung)
M2: A Voyage to Hawaii(Junko Sumi)
M3: Caravan(大橋節夫)
M4: Dancing Heroes(住友紀人))


▼林のコメント

 お客様は月初のレギュラー、公明党徳島県本部顧問の長尾哲見氏、
そしてその(哲見の部屋)のお客様は徳島サンセットクルーズというハワイアンバンドのバンドマスター竹内弘明氏、お二人をお迎えしての60分。サンセットクルーズというバンドは結成してなんと52年、サニーサイドの45周年であたふたしてる我々はまだまだひよっこである。その竹内氏と林は数年前にクレメントホテルで共演したらしい・・・林は知らなかったが、林の出身大学の盆の集まりに、サンセットクルーズは毎年演奏で参加しており、そのつながりで林が飛び入りで演奏したとか・・・。最近校友会参加をさぼってる林より、他の大学出身の竹内氏のほうが出席率が高いとは・・・、恐れ入りました。長尾氏(通称てっけんさん)は、知事選県議選投票を日曜日に控えているというのに、番組出演(もちろん政治的発言は一切なかったが)、かなり無理されたんとちゃう?オフレコで尋ねると(私はもう公明党代表を降りて顧問ですから)とニッコリ。(知事選はどうなるのよ?)これまたオフレコで尋ねると(新聞通りなら・・・、県政はかなり混乱するでしょうね、困ったもんです!)と。耳障りのいい言葉を真に受けると、ひどい目にあうのは市民県民だと言いたかったに違いない。一方の竹内氏も某企業の重鎮大幹部、このクソ忙しい時に、嫌な顔ひとつせず、来ていただいた、やっぱこういう人間が信用され、人もついてくるんだ!と実感。普通なら会えないような立場のお二人に、図々しくも、さも親しげにインタビューする林ってなによ!とも思ったがそこはお二人の器の大きさ!小鉢と丼の差???もっともっと徳島の音楽界のことを聞きたかったが、楽しみは次にして・・・お会いできる日を楽しみに待つとしよう。

 ★ゲストコメント(2023年4月14日放送分)

写真  左より れみちゃん、大塚み〜な、あみちゃん


本日放送した選曲

M1: 
Just Friends(伊藤君子)
M2: April in Paris(LambertHendricks&Bavan)
M3: Bye bye blackbird(綾戸千絵)
M4: When you wish upon a star(Linda Ronstadt)


▼林のコメント

 三代目アシスタントの大塚み〜な率いる悪党み〜な軍団がお客様。
悪党と言っても、悪党はみ〜なだけで、あとは二十歳そこそこの見目麗しきお嬢様たち。ひとりは先月までアシスタントをやってくれたあみちゃん、そしてもうひとりはあみちゃんと同級生のれみちゃん。以前み〜なの(この子を林の番組のアシスタントにしなさい!)の一言であみちゃんが決まったが、あみちゃんはなかなかどうして、礼儀正しい、そして林の選曲に対して、いつもメモを取り、知識を得ようとする向上心はなかなかのもの。一方向にだけ向かず、いろいろなジャンルの音楽を吸収しようとする態度に林は妙に感心したものである。み〜なは某大学の特任教授という肩書をいただき大学で教鞭をとっているが、その知識と教え方には定評があり、そこんとこは林も認めるところである。番組中は、久しぶりに悪党み〜なと(ノーガードのドツキ合い)、やけにディレクターK氏は喜んでくれたが、お互い過去の悪事をばらされないよう、ひやひやものだったかも。悪党み〜なの男を手玉に取る方法!をバラし(極一部分)、真実を100%述べた林だが、(あたしたちは、番組中、芸してるのよ、みんなフィクション)の一言で流してしまうあたりは、だてに歳をとっていない。しかし最近のお嬢様たちの顔のちっこいこと。悪党み〜なと並ぶと約半分。み〜なは昔と比べさらに栄養状態がよくなったのか、その圧迫感は半端ないが、あみちゃん、レミちゃん二人合わせてみ〜な一人分か!来月12日はあみちゃん、れみちゃん二人がかりで番組のアシスタントをやることが決定した。最近は林もヤングレディに慣れてきたみたいで、中学生ジャズバンド、高校生ブラスバンドと甲子園演奏などなど免疫ができてきた。しかし中学生、高校生、大学生・・みんな一緒に見えるのはなぜだろ???

 ★ゲストコメント(2023年4月21日放送分)

写真  左より浜田稔氏、村松健


本日放送した選曲

M1: Green ever after(松村健)
M2: 海にいます(松村健)
M3: 空地の空、Birdland(松村健)
M4: Reborn(松村健)


▼林のコメント

 奄美大島在住のピアニスト松村健氏を迎えての60分。今回も
4/23JSバッハ文化センターでライブを開催予定だそうな。センターでは、この日のために井戸を掘り、陶芸家の長尾重美さん作の水琴窟も披露されるらしい。この日から始動の新アシスタントの佐藤朱さんはさっそくチケットを購入。健さんの相棒で徳島在住で奄美大島出身の浜田稔氏が窓口となっているため、携帯番号を放送で発表すると、On Air中にさっそく問い合わせの電話がかかってきた。ありがたや!!スタジオに行くと、エレピやらドラムセットやら機材の山、こんなにどうすんだ?あれよあれよと言う間に、スタジオに搬入、ライブの用意が出来上がってしまった。ローランドのでかいエレピは奄美から持ってきたの?と尋ねると(佐川急便で送りました)と。さすが東京から奄美大島までニューヨークスタインウェイを運んだだけあるわぃ!と妙に感心する。オリジナルばかり演奏してるのかと思いきや、ウエザーリポートのバードランドをがっつりやっていただけたのには大喝采。当たり前だが、基本はほんとに当たり前に凄い・・・当たり前!!浜田氏はドラム・パーカッション担当だが、彼が奄美で釣りをしている時に、マッコウクジラに遭遇した話は、何度聞いても楽しいし、奄美へ導かれそう!そんな彼らを迎え入れるバッハ文化センターの新田恭子女史も、水琴窟制作の長尾重美女史もみなさん、懐が深い。かなり気合の入ったライブになりそうな予感!次回來徳時は、林のトランペットと合わせるんだと!これは逃げられんし、やるっきゃない!

 ★ゲストコメント(2023年4月28放送分)

写真  左より熊谷幸三氏、松浦素子氏


本日放送した選曲

M1: Kogun(穐吉敏子オーケストラ)
M2: First love(寺井尚子)
M3: It don't mean a thing(Rosemary Cloony&Duke Ellington)
M4: Take Five(Carmen McRae&Dave Brubeck)


▼林のコメント

 2
か月に一度、月末担当の熊谷幸三氏をお迎えしての60分。
元副知事、産業振興機構理事長などなど数多くの肩書を持つ熊谷氏だが、今回はNPO法人コウノトリ基金理事長としての出演。そして林が勝手に命名した(熊さん劇場)のお客様は、これまたおなじみの鳴門鯛本家松浦酒造10代目蔵元・杜氏の松浦素子さん。とここまでくるとあれか!!と思われるかもしれない。コウノトリ基金の田んぼの酒米から造った日本酒が完成したのである。(朝と夕)と名付けられた特別純米酒である。放送が始まると、マイクの前で封を切り、グラスに注いでくれる、この時の音(トクトクトク)が飲んべにはたまらなくいい響きを持つのである。その響きは1杯目だけに発せられる。あとは(ジョロジョロゴボゴボゴボ)。スタジオ中にフルーティーな香りが漂う、素子さんいわく(熟したパイン)のよう。これを味わいたくて、昨晩から酒を抜いてました・・・というまったく説得力のない言葉を発しながら、林はまずグビ!、味わいながらグビグビグビ!役得とはこのことを指すのである。熊谷さん(熊さん)も、ニコニコしながらグラスを突き出す。生放送中ながら至福の時が訪れた。林は日本酒は普段あまり飲まないが、この時だけは別!!といいながら二か月前も、御殿桜の齋藤酒造場の齋藤社長が来た時も(当然熊さん劇場のお客様)、至福の時!と言いながら御殿桜を相伴に預かった。本家松浦酒造では、来る5/20(土) 12:00〜18:30まで(撫養街道大麻・酒の陣)と称して遠くは福島からも含め、県内外6つの蔵が集まって蔵元・杜氏と直接酒話をしながら、50種類の酒が飲める(1500円)夢のような企画が進行中である。入場無料、予約不要、アッシ〜用駐車場50台、飲んべ用130席などが用意される。訪れる価値はありそうだ。次回の熊さん登場は6/16,滝の焼餅、和田の屋社長が登場予定、乞うご期待。