過去放送分
ゲスト一覧
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2018年11月 2日放送分)

写真  左より 歩き人 ふみ、ふみと幼馴染の 藤坂おさむ氏


本日放送した選曲

M1: Serenata(Benny Golson Jazztet)
M2: Yozora no Muko(綾戸千絵)
M3: ふるさと(大野俊三)
M4: Thanks for the memory(Benny Goodman orch.)


▼林のコメント

 久しぶりに(歩き人ふみ)の登場。林が大絶賛する際の誉め言葉、
(素晴らしきバカヤロー)の登場である。このバカヤローは徒歩で世界を旅している。と書けば簡単だが、今までの軌跡を振り返ると・・・、TREK1は西ヨーロッパ(ポルトガル〜スペイン〜フランス〜スイス)を2500km、TREK2は南アメリカ大陸横断(ウルグアイ〜アルゼンチン〜チリ)2500km、途中アコンガクア単独登頂、TREK3はニュージーランド南島〜北島横断3000km、TREK4はオーストラリア大陸横断 3300km、TREK5は日本列島あちこち寄りながら 知床〜与那国島 9400km、TREK6は北アメリカ大陸横断5000km、現在はカナダ徒歩旅行中。TREK5からは奥様(あゆみさん)と二人旅。地球約半周分を歩いている。そんな奴がなぜ今、林の番組に???そう、旅を中断して帰国したのである。もっとも冬のカナダを徒歩で、それも野宿しながらの旅は危険を通り越して、あの世と直結である。で、極寒を避け、来春まで日本で資金を稼ぐことになったんだと。奥様は地元北海道で働き、歩き人は鹿児島の温泉で働くらしい。この夫婦らしい北海道と鹿児島の別居生活!!何を食っても大丈夫な胃袋と、とびっきりの笑顔で世界を歩いている・・・、せちがない世の中で、人を蹴落としながら、我が道をまい進するのも、ひとつの生き方、平凡こそが一番の幸せ、子供や孫の幸せを祈るのもひとつの生き方、自分と違う生き方をして、輝いている人間を見ると、うらやましいと思う、これって当たり前!!でも歩き人を見ていると、そんな低次元な思考ではなく、ただ道があるから、前を向いて歩くだけの超自由人。もちろんうわべだけをみているからうらやましいと思うので、一度でも熊に遭遇すればそんな甘い考えはぶっ飛ぶはず。我々ができることは、ひたすら無事を祈ること。そんな簡単にくたばる奴じゃないことは百も承知。まずは出発までしっかり貯めこんでくださいな!!

 ★ゲストコメント(2018年11月 9日放送分)

写真  徳島県文化賞受賞  浅香寿穂氏


本日放送した選曲

M1: Ai no 
Corida(Quincy Jones)
M2: I remember Clifford(Helen Merrill& Roy Hargrove)
M3: A Mann& A Woman(Herbie Mann)
M4: The Gentle rain(Toots Shielemans)


▼林のコメント

 お客様は2018年度の徳島県文化賞受賞の演出家・浅香寿穂氏。78歳という年齢ながら
若々しく、歌を歌わせたら、声楽家と見まがうばかりの声量で他を圧倒する。昨年は幼馴染のフラメンコ舞踊家・小島章司氏と(7777)という喜寿記念公演を超満員の阿波銀ホールでやってのけた。柔和な笑みは、どことなく気品高く、人を安心させる。東京の俳優養成所〜親の反対〜大学進学〜地元で教壇〜というドラマ風生きざまを経て、現在も徳島演劇界の第一人者として活躍する。林もステージでご一緒させていただいた。数年前より(浅香会)・・本人は(浅はか会)と呼んでいるが・・・という名称で2か月に一度、濃いメンバーが浅香氏のもとに集まり、飲みながら情報交換を行っている。もちろん林もそのメンバーである。と書けば偉大なるお方!怖いお方!と思われがちだが、どことなくおとぼけで、芝居をやればセリフは飛ばすわ、実際この放送だって20時半にスタジオでお待ちしてます!の連絡に、やってきたのが18時半。で、早すぎるもんだからいったん帰っていただいた!と局のスタッフが恐縮していた。教諭時代も、退学しか道のない生徒を、職員会議では針の筵に座らされながらも、最後まで抗戦し、半年遅れで卒業させた実績を持つ。当時のワルも今は立派なお方になり、浅香先生には足を向けて寝られないと言っていた・・・林の身近の人間である。徳島市のホール問題も、最後まで自分の信念を曲げず、堂々と意見を述べたお方でもある。浅香氏には、直接指導を仰いだことはないが、林の高校時代の担任も、日活俳優養成所〜親の大反対〜大学〜地元で教壇〜のコースだから遜色はない。というか、何を選んでも輝けた時代、きっと俳優でも成功していたはず!!よき昭和の時代を駆け抜けてきたおとこたち!!いつかはこういうふうに言われてみたいものだ!!

 ★ゲストコメント(2018年11月16日放送分)

写真  左より 石川かずこさん、宮本まゆみさん、木村ひろえさん


本日放送した選曲

M1: I've got you under my skin(山下達郎)
M2: Things ain't what they used to be(Dave Brubeck)
M3: Theme from Date(住友紀人)
M4: Tea for two(Gerry Malligan)


▼林のコメント

 お客様は(フィリアネット)より、石川かずこさん、宮本まゆみさん、木村ひろえさんの3人。
フィリアネットとは古代ギリシャ語で愛の意味、決して蚊が媒体のフィラリアではない。彼女たちはボランティアで、殺処分される犬猫を里親に譲渡する活動に取り組んでいる。引き取り手が見つからず、人に慣れていない県動物愛護管理センターの犬猫を、メンバーの自宅に預かり、しつけや不妊去勢手術などを施し、里親に引き渡す・・・、と口で言っても、相手は犬猫、そんな簡単にできないし、費用も手間もかかる。番組ではその辺を質問しようと試みたが、見事にずっこけた。消化不良で終わってしまった。ただ広報できたのは、犬猫のしあわせ里親会の日時のみ。11月24日(土)12〜15時 川内ミリオン横のrealas(リアラス)にて開催。いわば顔合わせ会である。気に入った犬猫に出会っても、当日に連れて帰ることはできない。条件をクリアし、自宅での2週間程度のトライアル後に、正式譲渡される。
 
最近の人間界の我が子迫害の記事を目にするたびに、こいつらは犬猫以下だ!と思うことがある。動物たちは本能で我が子を守り育てる。ごく当たり前の自然の道理!もちろん、飼うなら最後まで責任を持って飼わなければ、命を預かってるんだから!!林の愛犬も17年生きた。まだその面影を引きずっていて、次の新しい命と出会うことは避けている。このフィリアネットの人たちは純粋で優しいんだと思う。でなければ動物たちも靡かない。犬猫を飼いたいと思ったら、まずはフィリアネットで検索してみてはいかが?きっといい出会いがあるはず!!

 ★ゲストコメント(2018年11月23日放送分)

写真  藤岡小絵子さん


本日放送した選曲

M1: I was born to love you(Blue Aeronauts orch.)
M2: Zero point energy(住友紀人)
M3: Unchained Melody(Matt Monro)
M4: In my life(Spyro Gyra)


▼林のコメント

 お客様はトキメキプランナーの藤岡小絵子さん。彼女が主催する
(いきたひ徳島上映実行委員会)の代表として、講演会、映画上映会の広報に来ていただいた。林の番組としてはち〜とばかしヘビーな題材だが、(今日が最後だったら誰に何を伝える?)(どうせ死ぬのに、どうして生まれてくるのか?)等など気が重くなるような・・・・、(今日が最後だったら〜)・・林の返答は・・・(皆さん、また来週お耳にかかりましょう)、とんちんかんな回答ではぐらかす。ドキュメンタリー映画は(いきたひ)。薬剤師の旦那さんがガンになり、絶対治すからその過程を撮ってくれと頼まれた奥様が、完治せず、夫の最後を子供たちと看取るまでの映画である。(命のバトンを受け渡し、受け取る)(悲しみの深さは愛情の深さに比例する)・・・、いつものシモネタを封じ、1曲目は話題のクイーンの名曲から、最後はビートルズンバーよりの選曲、目いっぱいの魂のスクリーム!!!12月1日(土)13:30分よりトモニプラザ3F 大会議室にて講演会・映画会は開催される。入場料は2500円、潰瘍性大腸炎・がんを克服した脳死体験医師の講演会、認知症予防の講演、そして映画、トークライブなどなど盛りだくさんの内容である。興味のある方は(いきたひ)を検索するか、藤岡さんの携帯(090-9451-8087)までご連絡を!先着順、定員になり次第締め切りだそうな。お早めに!!翌日の12月2日はアスティでサニーサイド結成40周年記念のライブ、アリーナ席を酒・食いもの持ち込み有にして、アメリカのでかいナイトクラブのイメージで、みなさんで盛り上がろう!!という企画。3人1組で4500円、残席わずか、お問い合わせは林の携帯(090-3786-5088)まで。こちらはぐ〜んと気が楽かも!!

 ★ゲストコメント(2018年11月30日放送分)

写真  カフェ・ケストナー オーナー 佐藤文昭氏


本日放送した選曲

M1: 
Just friends(Sunnyside Jazz orch.)
M2: What so ever you do(住友紀人)
M3: Someday my prince will come(Sunnyside Jazz orch.)
M4: New York New York(Lloyd Schad&Sunnyside)


▼林のコメント

 お客様は、川内カフェ・ケストナーのオーナー 佐藤文昭氏。
12月2日のサニーサイド結成40周年記念コンサートにコーヒーブースを出店していただける!ということで打ち合わせも兼ねてお招きした。記念コンサートではアリーナ席を600席用意し、酒を飲みながら、食事をしながらサニーサイドの音楽を楽しんでいただこう(もちろんすべて自前の持ち込みであるが)という企画。スタンド自由席800席も用意し、こちらは1コイン(500円)で、サニーサイドを楽しんでいただこう、ただし飲食は禁止、という2種類の座席を用意した。佐藤氏にはアリーナ席にカフェケストナー特製のコーヒーブースを用意し、すべて無料でふるまわれる。それも600杯!!!500円換算としても30万円!!!なんだ、この太っ腹は!徳島マラソンの時は6000杯だったそうだから・・・貧乏人の林なんぞはすぐに時価換算してえ〜〜〜と・・・桁がわからない。お花見ライブの時も、ミュージックマルシェの時も、新町音楽祭の時も。(佐藤さん、なんにも言わないからコーヒー500杯、くれっ!)との超強引な林のお願いに(はい、わかりました)と二つ返事でニコっとする男前!!放送には、ドンパチ農園のゲイシャなんとかいう高級なコーヒーを持ってきてくれた。これまたデリシャスぅで、バーボンウイスキーが甘く感じるくらいの絶品コーヒー!放送中に3杯おかわりしてしまった。おそらく業界では、融通の利かない変人!と思われているかもしれないが、なにかイベントがあって、コーヒーが喜ばれるようなら、どこまでだって行く、我々にとっては、この上ない強力な味方だ。こんな縁の下の力持ちがいるから、上に乗っかることもできるのだ。林の最大の誉め言葉(素晴らしきバカヤロー)がとてもよく似合うお方である。