過去放送分
ゲスト一覧
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 7月
2021年 6月
2021年 5月
2021年 4月
2021年 3月
2021年 2月
2021年 1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2021年10月 1日放送分)

写真  左よりMORE(美し過ぎて) 代表 八木真知子氏、内藤順子氏




本日放送した選曲

M1: 
Over the rainbow(Judy Garland)
M2: Just one of those things(Ella Fitzgerald)
M3: More(Andy Williams)
M4: I could have danced all night(Rosemary Clooney)



▼林のコメント

 ミュージカルスクールWITH代表の内藤順子氏、父兄の八木真知子氏のお二人を迎えての60分。内藤氏は住友紀人と並ぶ林の偉大なる後輩のひとり。徳島でミュージカル?ざけんなよ、できるわけないじゃないか!と思うかもしれないが、この内藤氏は本物である。その経験と知識と情熱は徳島に置いておくのはもったいない!と思う。まぁ見てくれは、誰かに例えるとすれば、笑うセールスマンの喪黒福蔵(先輩のパワハラ?)。8月末にスクールの公演を拝見し、こいつは凄い!と思った。17人が出演する(まほろ)・・(卑弥呼の郷)というオリジナルミュージカルだが、小学校低学年のこびんちょ(讃岐の方言で小さい魚)たちがセリフや踊り、果ては指の先まで演技するのを見てプチ感動してしまった。(それが一番大変だったかも)と内藤氏は、笑っていたが・・・。(林先輩が出演できる芝居も書きますよ)とリップサービスまで・・。(でも、顔出して5分で殺される役がいいかも)とのオチ付きだが・・。写真のシスター姿は、WITHの母親たちが中心になって活動する(MORE)制服だとか。打ち合わせ時に(ちょっと着替えてきます)(なんで?)で、この衣装だとか、(MORE・・美し過ぎて)が正式な団体名称だと。代表がこれだから、ラジオを前に番組を聴いている他のメンバーもシスター姿で聴いていたとか。恐ろしい連中とかかわったものだ。親が真剣に遊んでいるものだから、こどもたちも真剣に遊ぶのだろう。100分ものミュージカルのセリフを1週間で全部覚えるんだと。1年に1本の割合でミュージカルを製作し上演するらしい。騙されたと思って(騙しはしないが)、次回の作品が上がったら行ってみるといい!目から鱗が落ちるとはこのこと、おそらく会場は鱗だらけ!!!

 ★ゲストコメント(2021年10月 8日放送分)

写真  左より なつきさん、高橋和之氏




本日放送した選曲

M1: Early Autumn(Woody Herman orch.)
M2: A Natural Woman(Aretha Franklin)
M3: East of the sun(古谷充&小曾根実)
M4: As time goes by(Nara Leao)



▼林のコメント

 加藤登紀子後援会会長の高橋和之氏、フォークシンガーのなつきさんを迎えての60分。高橋氏は放送ネタがなくなると、駆けつけてくれる便利屋さん。ベースボールマガジンの創刊号より収集し、いまや家の床が抜けるほどの冊数を保持し、落語にも精通し、加藤登紀子ライブには奔走する、いわば素晴らしきバカヤローのひとりである。もちろん番組のセミレギュラーでもある。今回は友人のフォークシンガーなつきさんとのデュオ出演と相成った。ナツキさんはバンドを組み、しゃべりも達者!らしいが、今回はやけに緊張して、ほとんどモノが言えなかったとか。友人たちはラジオを聴きながら、その無口さに笑い転げていたとか・・・。でも(楽しかった!)の一言で安心。もちろん次回の出演も日時は未定だが、お願いした。11月に新野で開催される(竹林コンサート)に出演するとか・・・、その内容をもっと詳しく聞いておけばよかった。20数年番組を担当している林だが、胸を張って(素人で悪うございました)と居直ることが多い。番組の進行はいいかげんだし、内容も決して褒められるモンじゃない。ただただ流れる曲が心地いい!ということで、続けられるのだが、高橋氏みたいなゲストだと、コール&レスポンスがうまくいって、こちらとしても凸凹なく進行できる。アシスタントのぴぃさんは、相変わらずのマイペースで天然ぶりを発揮するが。ということは、次回そのメンバーに、なつきさんのマシンガントークが入るとなると、なぜか(ウフフ)な気分。60分で大丈夫?もちろん内容にもよるが、プレーヤーの音楽感覚満載になる予定。乞うご期待!

 ★ゲストコメント(2021年10月15日放送分)

写真  左より福田典彦氏 芦尾知哉氏




本日放送した選曲

M1: 
Gonna fly now(Maynard Ferguson orch.)
M2: Georgia on my mind(Ray Charles)
M3: Tuxedo Junction(The Manhattan Transfer)
M4: Speak softly Love(Andy Williams)



▼林のコメント

 お客様は徳島白鵬後援会事務局長の福田典彦氏、福田氏を叔父貴と慕う芦尾知哉氏のお二人。引退を発表した白鵬関についておおいに語っていただこう!という企画だったが、語るにはちと時間が短すぎたかもしれない。福田氏は東新町でレコード店を経営しているが、四国の格闘技界はこの人抜きでは語れない。プロレスの興行にも絶対的権力を持ち・・・と書けばちと怖い存在かもと思われがちだが、中身はとてつもなく面倒見のいい体育会系の漢(おとこ)である。大男たちから、おやっさん、叔父貴と慕われ、またそれに応えていく。応援団親衛隊出身とあって、動きもキビキビ、言葉もハキハキ、なんといっても声がでかい。60歳代後半だというのに、いまだに自宅から眉山山頂までのランニングを日課としている。天神さんから山頂まで駆け上がりタイムは20分弱だとか。また日本拳法の達人でもある。要するにその道のモンスターである。白鵬関の奥様が徳島出身とあって、徳島が第二の故郷だと語る白鵬関だが、横綱の品格がないとか、勝ち方が汚いだとか、散々言われ続けて我慢。あれだけの実績を挙げながら、なぜ一代年寄になれないの?との林の質問から熱を帯びて声はデカくなり、ヒートアップ。人種差別じゃないか!と福田氏。野球賭博やら、麻薬、八百長などで揺れ動いた相撲界、土俵上でファンの心をつなぎとめてきたのは白鵬関じゃなかったのか!と林。芦尾氏も参入し、スタジオは異様な盛り上がりをみせたところでタイムアップ!次回に持ち越しと相成った。格闘技系の人たちは、反応が早くて話が早い。ということで福田氏はセミレギュラーに決定した。次に来ていただく楽しみがまた増えたわい。

 ★ゲストコメント(2021年10月22日放送分)

写真  ルーラー山口こと 山口明大氏




本日放送した選曲

M1: 
The summer knows(Kenny Drew trio)
M2: Lullaby of the leaves(Billy Ecktine)
M3: Indiana(Louis Armstrong)
M4: You are my sunshine(The three sounds)



さんのコメント

 


▼林のコメント

 お客様は日本プロ麻雀協会よりルーラー山口こと山口明大氏。季節の変わり目になると登場してくれる貴重な人材である。今は元気に公務員をやっているが、過去に骨髄性白血病のため、医師から余命数日の死刑判決を受けたことがある。奇跡の上に奇跡が起き、骨髄の提供を受け、復帰した経験を持つ。生きているだけで幸せ!というその言葉は、ずっしりと重く響く。役場では、一番嫌われる税金徴収のスペシャリストとして、2019年公務員アワードを受賞!スーパー公務員、全国骨髄バンク推進連絡協議会理事、プロ麻雀士と多彩な顔を持ち、活躍している。弱い人には傍に寄り添い話を聞き、脱税や悪意のある税逃れには徹底的に戦う・・・(殺したろか!)と何回聞いたことやら、あはは!と笑っていたが、一度潰えかけた生命、死ぬより怖いことはない!の境地で、脱税やらに立ち向かう姿は、まるでTVドラマの世界。110番で来てくれるお巡りさんも、顔なじみになったとか・・。その挑む努力で、彼の職場は全県下でトップの徴収率を誇るそうな。趣味の麻雀で、(骨髄バンクチャリティ麻雀大会)を主宰し、ドナー登録を呼びかける。また今までに骨髄バンク関係に寄付した募金は約700万円になるとか・・。まるで聖人君子みたいだが、そこは勝負師、麻雀は人生みたいなモンですよと笑う。人間として弱さ(生きるか死ぬか)を乗り越えたところに、本当の強さや優しさがある!この言葉がぴったり当てはまる。ということで今年中にもう一度出演していただくことが決定した。乞うご期待!!