過去放送分
ゲスト一覧
2016年 7
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2008年12月 5日放送分)

写真 左より野田圭介顧問、楫完治顧問
     左より神田愛さん、久津間勲くん、仁木恵子さん、作田美乃さん



本日放送した選曲

M1: A string of Pearl(東京佼成ウィンドオーケストラ)
M2: The way we were(Maynard Ferguson orch.)
M3: Rokoko in Rock(Eugen Cicero)
M4: After you’ve gone(Shoji Suzuki)
M5: Manbo Jambo(Perez Prado)

▼林のコメント

 四国大学吹奏楽部より仁木恵子さん、作田美乃さん、神田愛さん、久津間勲くん、
顧問の野田圭介氏、楫完治氏の6人を迎えての1時間。挨拶した瞬間に今日のイビラレ役が決定した。見てくれとその言動が妙にオネエみたいな久津間くん!!中身はそうではないのだろうが、(ウフフ!)と笑われると仁木さんなんぞはサブイボ?が全身に・・・・。彼は徳島出身ながら最近まで眉山を知らなかったそうな、おまけにびざんという漢字まで!!
 
アシスタント悪党み〜なは21時の時報が鳴って15秒後に堂々の土俵入り!いつもながら焦らせる奴だ。で、スタジオに入った瞬間にピピピ!!そう奴も本能的に今日の獲物を見つけたようだ。そういうところはなぜか同じ種族である。当然かさにかかって攻撃開始。だが、いつもの生け贄よりなかなかシャンとして、平然と受け答えしてくれる。(彼女は?)の質問に(いません!)と期待してた悪党は(はい、います!)の返答に愕然。ちあきちゃん!という癒し系だそうな。来年のこの時期に一緒に来てもらって総攻撃をかけることにしよう。
 
さて四国大学吹奏楽部は12月9日(火)の午後6時より郷土文化会館にて第23回演奏会を開催する。チケットは500円、もちろん当日券もある。林は第1回目から9回目まで助っ人として参加。いろんな学生さんを見てきた。やっぱ自分の学生時代に比べるとおとなしくなった!!が感想。自分の時代がどんだけぇ!!!アホなことやったのか!!これは資質の問題。お時間の許す範囲で郷土文化会館までお越しやす。若々しい彼らのエネルギッシュな演奏を聴くのもアンチエイジングかも!!

 ★ゲストコメント(2008年12月12日放送分)

写真 左より浦正彰氏、宇宙人田岡批呂子、細羽政秋氏




本日放送した選曲

M1: Malaguena(Edmundo Ros orch.)
M2: My Mama told me so(Crusaders)
M3: So Danco Samba(Yasuko Agawa)
M4: A Child is born(Terell Stafford)
M5: White Christmas(Jimmy Smith)

▼細羽政秋さんのコメント

 またまた出演させていただき、ありがとうございます。
えびすの湯は徳島代表する癒しの温泉施設。
い〜い温泉に入ったあとは生ビールが最高。
併設の食事処では減点無しの一番搾り生ビールが提供されています。
来館の際、飲める環境にある方はぜひお試しあれ〜!
キリンのお墨付きです。

林様、ご馳になりました!
いい誕生日になりました!
ありがとうございます。

▼林のコメント

 えびすの湯オーナーの浦正彰氏、セミレギュラーが定着しつつある
キリンビール営業部長の細羽政秋氏をお迎えしての60分。9時5分前に悪党み〜なよりメールが・・一言(遅れる!!)と。なんとまぁ都合のいいことに側には宇宙人田岡批呂子がいた。
 
えびすの湯はさまざまな温泉と癒しの施設、食事処から成り立っており早朝から夜遅くまで営業、それでいて料金は700円!!かなりのお客様で賑わっているそうな。
 
浦氏は趣味としてハーレーを乗り回す粋な親父!!聴視者プレゼントとして入湯招待券をポンと10組、20名分くれた。ついでに我々にも招待券を!!これは行かねばならない!!
 
放送日がちょうど誕生日の細羽氏は大正のラガービールと明治のラガービールを持参。細羽氏が久来てくれると遠慮無くスタジオでビールが飲める。だからビールが欲しくなるとついつい呼ぶ、これがセミレギュラー化の要因か!!
 
終わって赤鬼で食事、そこにTake it easyの変態嫁からの連絡が・・・。気がついたら奴は赤鬼に!!ただ酒飲んでいい気分になった変態嫁は(来週私が番組行ったげる!)と不気味な予告。ちょっぴりいい気分だった林は(何でも来い!)と言ってしまったおかげで・・・・次週のスタジオはかなり危険かも!!ディレクターふっち〜の胃薬のんでる姿が目に浮かぶ!!

 ★ゲストコメント(2008年12月19日放送分)

写真 前列左より Take it easy3バカトリオ(キャサリン、千夏、ケイ)
    後列左より キリンビール細羽政秋氏、大塚国際美術館 武知直輝氏



本日放送した選曲

M1:My Museum(Kim Nazarian)
M2: Gloomy Sunday(Saori Yano)
M3: No Regrets(Randy Crawford&Joe Sample)
M4: Santa Claus is coming to town(Lou Rawls)
M5: Silent Night(Elvis Presley)

▼キリンビール 細羽政秋さんのコメント

 いや〜、今回ほど面白い放送は初めてでした。
スパークリングワイン「カペッタ」の栓が飛んでしまった時のフッチーの顔は・・・・
枝川オケイさん、キャサリン、千夏さんのツワモノ3人を牛耳る林さん。
宴会・井戸端会議の生中継といった感じの中、大塚美術館武智さんはそれにもめげず、聴取者の方には言いたい事はしっかりと伝わったと思います。それにしても私が勝手に「今月の新譜コーナー」と称し、矢野沙織とランディクロフォード&ジョーサンプルの2曲を紹介。その選曲を誉めていただく電話があるとは・・・・嬉しい!機関銃のようなトークが予想されていたので、クールダウン目的で2曲選曲しました。皆さんも買って聞いてみてください。昔の曲も勿論いいですが、「新譜紹介コーナー」もいいかも?

▼大塚国際美術館 学芸部 武知直輝さんのコメント

 事前に林さんから聞いていた「ミーナはお休み!」
これはしっかり美術館のPRができるぞと思っていたら・・・。
目の前にはさらに力強い個性派ぞろいの密林地帯が広がる広がる。
一瞬、林さんがまともに見えて目を擦ってしまうほどでした。
でも楽しい、やっぱり楽しい。来年はさらに回数増やすぞ!

▼林のコメント

 大塚国際美術館より武知直輝氏、準レギュラーのキリンビール細羽政秋氏、
Bar Take it easyの3バカトリオ(ケイ、キャサリン、千夏)がお客様。アシスタントは欠席の悪党み〜なに代わって宇宙人コニサーこと田岡批呂子。
 
この連中の集合を目の当たりにしたディレクターふっち〜!!唖然とした表情がなにやら険しい顔つきに・・。それもそのはず、番組中にキリン細羽氏持参のスパークリングワインのコルク栓がポ〜〜〜〜n!と音をたててスタジオを飛び交う、それも2個、軽くコップに注いだはずのワインがあふれて机の上にボタボタ!!(機械類壊さんといてくださいよ〜〜!)ディレクターフッチ^は哀願口調に!!
 
番組ぶち壊し宣言したケイさん、好き勝手に人の話は遮るわ、歌い出すわ、まだ放送禁止用語を連発しないだけましか!と思ったのもつかの間、気がついたら実に堂々と林にインタビューしてくる。まるっきり立場逆転。途中でキャサリンのドスの利いたボケと千夏さんの天然ボケが交互に入り乱れる。さすがの宇宙人田岡批呂子も口をあんぐり、3バカトリオを放っておいて、片隅で大塚国際美術館の武知氏にインタビューを試みる!!それを横目に3バカトリオはやりたい放題の井戸端会議。マイクはそれぞれの会話が同時に入ってくるものだから ・・・・どうなってるのやら収拾つかず。林の(うるせえ!!!)(やかましい!!)(黙れ!!)のお言葉もまったく効果なし!!
 
もう最悪!!脂汗ベットリの林は便所の火事状態・・・・そうヤケクソ!!番組終了後、各出演者達は(おもしろかった)(楽しかった)(最高!)と口々にのたまう。林はグッタリ!!
 
とはいえこれを書いてる時に聴視者から電話!!(昨晩の放送よかったですよ!)と。(なによかったのよ?)と聞くと(選曲!が素晴らしい!)だと。細羽氏に2曲選んでもらったのが幸いか!!
 
まぁハチャメチャ覚悟で呼んだんだから仕方ないか!!公共の電波を使って何してるんだ!とお叱り受ける覚悟で・・・・。またやるとするかぃ!!

 ★ゲストコメント(2008年12月26日放送分)

写真 中野みつ子氏




本日放送した選曲

M1: From Russia with love(Secret Agent
 Men)
M2: A Natural Woman(Arathe Franklin)
M3: I can’t give you anything but love (Benny Goodman)
M4: ともしび(山之内重美)
M5: ほんじゃね(Mitsuyoshi Azuma& Swinging Boppers)

▼林のコメント

 今年最後の放送は山之内重美トークコンサート実行委員会の中野みつ子氏が
登場。ディレクターふっち〜からの依頼。山之内重美さん・・・とは大阪外大、早稲田大学大学院でロシア語、ロシア演劇を学び、モスクワ・ロシア国営ラジオ局でパーソナリティーを・・俳優、歌手、また大学講師としても活躍しているスーパーウーマン。彼女を招いて1月10日(土)14時開演、郷土文化会館でトークコンサートが開催されるそうな。入場料は前売りで1800円。中野氏も学生時代、山之内氏と一緒の演劇研究所にいたそうで、その縁で今回のコンサートが実現!!というわけ。都会では彼女のコンサートは超人気で、いつも満 席らしい。
 
果たして徳島では???かの作家の五木寛之氏はとにかく山之内重美さんをベタほめ!!(この声でなければ歌えない歌がある、やっぱりドラマチックシンガーだと思うんだよね)と。
 
M4の(ともしび)は林が学生時代ロシア語を必修科目にしていた頃覚えた歌。教授が出来の悪い林に(ともしび)をロシア語ですべて歌えば90点やる!!とポロリ言ったのを即答で(明日までに覚えてきます!)。で90点いただいた思い出の歌。おかげで今でもこの歌詞はロシア語でスラスラ!!
 
黒い瞳から百万本のバラまで、ある時はすべてロシア語で、ある時はカンツォーネ、 シャンソンとそのレパートリーも広い。興味のある方はぜひどうぞ!!なかなか徳島では聴けないから。
 
さて今年も言いたい放題、やりたい放題、問題発言てんこ盛り!!とお騒がせしました。お付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。改めて御礼申し上げます。懲りずに来年もブイブイいわっしゃげる所存でございまする。おつきあいのほどよろしくお願いします。  チョ〜〜〜〜〜〜ン!!