過去放送分
ゲスト一覧
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2014年 6月 6日放送分)

写真  山口明大氏


本日放送した選曲

M1: Mahna De Carnaval(Stan Getz)
M2: Corcovado(Elis Regina)
M3: Lover come back to me(Akiko)
M4: On green dolphin street(Hanna Ono)



▼林のコメント

 日本麻雀協会所属のプロ雀士 山口明大氏、人呼んで
ルーラー山口を迎えての60分。プロといっても本業は列記とした公務員。週末になると試合に挑む、いわばパートタイムプロ??もちろん金は掛けていないから、バクチではなく正式な競技麻雀である。
 
たかが麻雀!というなかれ。よく麻雀は人生の縮図といわれるが、彼の人生はもっと波乱に富んだものかもしれない。血液のガン・・白血病を患い、ある病院で2〜3日の命と宣告される。転院を決意しある名医に出会う。血液内科が専門のその名医の懸命の治療のおかげで、骨髄移植の機会に恵まれ、命を取り留める。その名医はなんと林の後輩で、現在のサニーサイドメンバーであるという奇遇!
 
骨髄バンク登録を呼び掛けるチャリティー麻雀大会を企画し、地味ながら着実にその活動の巾を広げている山口氏、無謀にも東京マラソン10kmコースに挑戦したそうな。医者からは一言(死ぬぞ!)。だがどうしても東京マラソンにでなければいけない理由があったとか・・・骨髄移植のドナーが東京にいる!もちろん守秘義務でそれ以上は聞けなかったが、そのドナーがいる東京で(あなたのおかげで生きている、こんなに走ることもできる)と叫びたかったとか。そして完走したそうな。
 
我々は生きていて、当たり前のように動き、食事し、当たり前のように息もする。しかし彼は動くことのみならず、息をすることさえ困難な状態を経験している。体力的にはまだまだ回復していないが、その目の輝きは、生きている事、支えてくれる人々への感謝の気持ちを表すかのように、キラキラ!!当たり前のことを気がつかず、適当に生きている林にとって自分を見つめ直すいい機会に恵まれたもんだ!!とルーラー山口に感謝!感謝!

 ★ゲストコメント(2014年 6月13日放送分)

写真  左より玄番芳江さん、岡田理絵さん、笠井誉子さん・・花咲かね〜さんシスターズ


本日放送した選曲

M1: Theme of Smappies ?(Smappies)
M2: See see rider(Tommy Flanagan trio)
M3: Raindrops fallin’ on my head(Pati Page)



▼林のコメント

 本日のお客様は・・・、(花咲かね〜さん企業組合)より
代表の笠井誉子さん、岡田理絵さん、玄番芳江さんの3人。(花咲かね〜さん)の命名はなんと飯泉知事!徳島県内の女性起業家が中心になり、女性の感性をビジネスに生かすことを目的とした企業組合設立で、女性の潜在能力を生かし、地域や経済の活性化を目指す!!・・・これ以上女性が強くなってどうすんの?って、ただでさえ、徳島県は女性パワーが溢れているというのに・・・。
 
その証拠にスタジオのアシスタントの2人のお姉さま達も、百万の味方を得た!とばかりエイエイオ〜〜の歓声が上がった。孤立する林は1対5の圧倒的不利に後退を繰り返すのみ!だが若い女性には話すネタがなく無口になる林も、玄番さんに向かって(俵星玄蕃!)と苦し紛れの三波春夫の歌の題名を投げつけると・・・なんと反応あり。
 
M3の(雨にぬれても)・・明日に向かって撃て・・ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードというと3人ともコクり!!こうなれば強い。昔のお姉さま方をちぎっては投げ、ちぎっては投げ・・・、そうなるはずが、アシスタントどもにガブリ寄られあえなく敗退。
 
緊張してたのか、おっさんが苦手なのか、3人ともやたらおとなしい。いわゆるネコかぶり??だが、時折見せる表情に芯の強さが垣間見えた。こういう人達には・・・・、そうだそうだ!!ゴマすってお友達になっておこう!!いつの日か、きっと力になってくれるわい!そう心に誓った林であった!!

 ★ゲストコメント(2014年 6月20日放送分)

写真  伊藤大輔氏


本日放送した選曲

M1: Spain(Bobby McFerrin&Chick Corea)
M2: Have you heard(音の葉∞言の葉)
M3: Smile(伊藤大輔LIVE)
M4: On the sunnyside of the st.(伊藤大輔LIVE)



▼林のコメント

 ヴォイスソリストとして活躍中の伊藤大輔氏がお客様。事務所に
所属せず、わかりやすく、楽しく、音を人々の耳に届けながら全国のライブハウスを巡っている。実はアシスタントのぴぃさんが大ファンで自称ストーカー!!常に伊藤氏を追っかけている。今回もいきさつはわからないが・・・、放送後は高松まで送っていったとか!!
 
伊藤氏はループマシンという秘密兵器で、1人多重録音を重ね、発した音の次の音を重ねて、メロやらハーモニーを作っていく技でソロ活動を展開、また同じ波長のミュージシャンとユニットを組んでツアーに廻ったりだとかで、スケジュールはギッシリ。
 
番組初頭の林の紹介が(今日は林の親父の命日〜〜、その命日にふさわしい〜〜〜伊藤ぉ、大輔ぇさんでぇえ〜す)。とやったものだから伊藤氏的顔面状態ピクピク!!(何て紹介の仕方なんだ、このクソ親父!)の表情がありあり。まあ、いつもの出足か!!最初から持ち上げていたら、後半は落ちるしかない!的な林の発想。
 
伊藤氏は徐々に話に加わってくれ、相づちの打ち方なんぞプロ級!ってプロじゃないか。M3でソロ演奏を披露!これが絶妙!!ってことでM4の予定曲をカットして・・・もう1曲生でリクエスト!!最後の曲は(On the sunnyside of the street)という気の使い方。嬉しくなった林は、既に10年来の友としての接し方!(次は林のラッパと合わそう!)とまで図々しくお願い。(はい、喜んで!!)の返答・・・ついに親父のファンが1人ここに誕生した。いいヴォイスソロです、その人の名は・・・伊藤大輔さ〜〜んDESU。

 ★ゲストコメント(2014年 6月27日放送分)

写真  Mike増田こと 増田将氏


本日放送した選曲

M1: Girl in the Mirror(Naoya Matsuoka)
M2: Memories of you(Clifford Brown)
M3: Bim、Bom(Sergio Mendes)



▼林のコメント

 新浜・魚厳オーナー 増田将氏をお迎えしての60分。
前回、出演を忘れて遅刻してきた増田氏、今回は何と1時間前に臨戦態勢!!魚厳自慢の巻きずしまで持参して、スタッフに振る舞っていた。増田氏はアメリカ・シリコンバレーでレストラン等を経営し成功して帰国した立志伝中の人物。30数年のアメリカ生活で、さぞや欧米化?されてる!!と思いきや、見てくれはただのそこらにいるショボ親父!!だが、いまだにアメリカ時代のニックネームで(Hey、Mike!!)と呼ぶと、瞬時に反応するそうな。さすがに経営感覚とアイディアはアメリカ風で、次から次に斬新な企画をたて、すぐに実現させるべく行動する。これまたそこらの親父とひと味違う。
 
前回は番組終了まで、林に遅刻のことを突っ込まれ、あげくに魚厳の食事券まで要求され、う〜〜〜んとうなって出た結論!!1000円のサ−ビス券を50名様に差し上げま〜〜す!!だった。林は50名は多いよ!と反論するフリをしたのだが、Mike増田は健さん風に、(男に二言はない!!)と。
 
今回はわざわざ印刷までしたサービス券を50枚持参していただいた。聴視者プレゼントとしていただけるそうな。たかが1000円、されど1000円。贅沢な昼食が無料になる。詳しくはFMびざんのHPでご確認を。
 
新浜・魚厳・・(マルナカ斜め前)で食事したら理解できると思うが、えっ!この料理でこの値段?と。昼の定食なんざ1000円以下で、かなりのボリューム、それでいて魚達は新鮮そのもの。ということはサービス券をGETすると、その定食が無料!最上の定食でも追加200円!
 
番組中、林はMike増田に向かって、(よくぞ遅刻してくれた!)と微妙な誉め言葉で持ち上げる。ほんとはもっとアメリカ事情を聞きたかったのだが、持参してくれたメニュ−に目を奪われ、サービス券に関心を削がれ、いただいた巻きずしに舌鼓・・・、終始、魚厳よいしょ!!。
 
これから鮎、鰻等々も季節限定でメニューに加えていくそうだ。騙しはしないから、一度魚厳へお越しやす!Mike増田にラジオ放送聴いたよ!と言えば・・・サービス券がなくとも、何かが起きるかも!!