過去放送分
ゲスト一覧
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2011年 8月 5日放送分)

写真  床桜なつみちゃん(サマーサウンドストリートに出演するヴォーカリスト)
 
    左より 鈴江氏、島田三助氏
     左より 高張氏、なつみちゃん



本日放送した選曲

M1: The days of wine and roses(Saori Y
ano)
M2: Donna Lee(Charlie Parker)
M3: What so ever you do(Norihito Sumitomo)
M4: Nightly yours(Sadao Watanabe)



▼林のコメント

 ジャズバンド・・カクテルフォーよりリーダーの鈴江氏、島田三助さん、
仲間の高張さんの3人がお客様。鈴江氏は現在70歳。老いてますます盛ん!!てとこか。カクテルフォーとは4人編成ですべてサックスばかり。ジャズアンサンブルとハーモニーを楽しむバンドである。
 
そのリーダーの鈴江氏が8月7日に両国橋公園でライブをしたい!!と言い出した。事務局長は島田さん。(街に音楽を!)を合い言葉に掲げる我々のNPO法人(徳島ミュージックユニオン)も協力。イベント名は(サマーサウンドストリート)・・どこかで聞いたことのある響きである。そう、8月7日はジャズストリートの開催日。うまく共存できれば言うことなし。ということでサマーサウンドの時間帯を17:00〜21:00に。4〜5バンドの演奏を無料で楽しむことができる。おまけに屋台も出現し、ビールも飲めてちょっとした夏祭りの気分。
 
あまりにも楽しそうな雰囲気に、林も(ラッパ吹きたい!)とはずみで言った言葉が採用されてしまい、飛び入りゲストになってしまった。ギャラはビール1本。やったね!!
 
街に音楽を!!これからもどんどんライブをやればいいのに!!ヘタだから・・とか尻込みする必要はない。ヘタでも胸張って堂々と自信を持ってやればいい。あちこちで音が流れている!想像するだけで楽しくなる。
 
年齢に関係なく、これからもこういう人達がでてきたら、もっともっと徳島も楽しい街になること請け合い!!なぜか心が騒ぐこの季節!!

 ★ゲストコメント(2011年 8月19日放送分)

写真  左より友井伸一氏、親分 森恵子氏



本日放送した選曲

M1: おまえの為のブルースシンガー(Down Town Boogie Wo
ogie Band)
M2: Mother Sea(Kim Nazarian)
M3: Fly me to the moon(Kimiko Ito)
M4: It’s only a paper moon(Time Five)



▼林のコメント

 お客様は徳島県近代美術館館長 森恵子氏、専門学芸員の友井伸一氏の
お二人。館長の森氏はぜひともお呼びしたかった林のあこがれの方。といっても女性としてまったく魅力はなく(失礼!)、その行動力、責任感、判断力は役人さんにはもったいなさ過ぎる(失礼!)。この人の為なら喜んで身を投げ出そう!!という気持ちにさせるカリスマ的、親分的存在。まさに男気の塊(失礼!)。風貌もどこか野武士を彷彿させる(これまた失礼!!)。
 
実際。森氏が前回の国民文化祭の音楽部門を担当した時は、林は喜んではせ参じた、一生懸命やろうと思った。森氏の(責任は私が取るから!)の一言が殺し文句に!!だが宮仕えの悲しさか・・人事異動で森氏がいなくなり・・・後任の方と話があわず、林はその場を去ってしまった。(過去の話です)
 
学芸員の友井氏、専門はピカソあたりの西洋美術だそうな。学芸員は真面目一本槍!という人間が多く、友井氏も例外ではない。が、勧めたビールはきちんと飲むし(当たり前か!)、話もそんなに訳のわからないことはない。ただ親分森氏を前に、幾分緊張気味だったような・・。
 
親分森氏は適当に、ああこりゃこりゃ、館長をやってるかと思いきや、その鞄の中身の大半は美術館及び文化の森のフライヤー(チラシ)。いわば歩く広告塔。行くお店、お会いする人にさりげなく招待状を渡したり・・・宣伝したり。さすが館長!!
 
林の意地の悪い質問をヒラリと軽くかわし、適切な受け答え。さすが百戦錬磨の野武士の親分。だが・・・だんな様との結婚話になると・・・実はお見合いだとか・・・逢った時に結婚が決まってたとか・・・古風な女性の一面も。
 
放送中、(林は缶ビール1本でどこでも演奏しまっせ!)の言葉に森氏の目がキラリ!!やべぇ、と思ったが後の祭り。そのうちお呼びがかかるのかも!!はい、呼ばれたら一生懸命演奏させていただきます!とでも言えばよかったのかも。
 
森氏いわく、これから順次、学芸員を林の番組に派遣してくれるそうな。次の犠牲者の人選も終わってるみたいだし。期待しておこう。
 
森氏がいる限り、美術館はなにか面白いことをぶっ放すに違いない。まずは残り少なくなった(手塚治虫展)にいくことにしようっと!!

 ★ゲストコメント(2011年 8月26日放送分)

写真  左より山下照代氏、八木康公氏



本日放送した選曲

M1: After you’ve gone(アロー・ジャズオーケストラ)
M2: Someday my prince will come(Ernestine Anderson)
M3: I’ve got you under my skin(Tatsuro Yamashita)
M4: Too close for comfort(Natalie Cole)



▼林のコメント

 八木病院院長の八木康公氏をお迎えしての60分。横にはしっかりと
おなじみの照代マネージャーが。迎え撃つ番組側はアシスタントにガラス工芸作家の橘敦子氏、アシアシぴぃさん。親父2人に、昔のお姐さん3人!!とちょっとした中年合コンの様相。
 
八木氏は徳島東署の嘱託医として約30有余年。検体数も1000体を越えるそうな。さまざまな人間模様が浮かび上がって、特に高齢者のその様は悲哀を感じると。稀薄な家族の絆は、同居してても亡くなったのに2日も気がつかなかった事例もあるとか・・・。
 
番組中、林は(肩が痛ぇ!)、橘氏も(肩こった!)、ぴぃさんは(腰が・・・・)とそれぞれ訴える。八木氏はにこやかに、ソフトに応える。さすがだ。肩こり予防、腰痛予防とわかりやすく説明してくれた。番組出演も数回。その度にテーマを決めて、お願いしたのだがまともに話ができたことがなかった。すべて悪党み〜なの妨害電波??のおかげ。
 
今回はテーマを決めず、流れにまかせると、アラ不思議!音に例えるとサラサラ!!という表現がピッタシ!速やかに事が運んだ(自画自賛!)。
 
放送後は必殺コバンザメ!!おいしい餌にありつこうと八木氏にピタっ!!(みなさんもどうぞ)の温かいお言葉に橘氏もぴぃさんもピタっ!!行きつけの料理屋さんで、死亡推定時刻約5分前のハモ!を梅肉で。今期初めての旬のイクラを、アワビを・・・・。超でりしゃすぅ!!まいう!!どこまでも気を使っていただいた八木氏に感謝、感謝、大感謝!!
 
次回はヒラメがいいか、いやまてアンコウ鍋の時節にぜひご出演を!!