過去放送分
ゲスト一覧
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2019年11月 1日放送分)

写真  (デキる)公務員  山口明大氏



本日放送した選


M1: Work 
Song(Mel Rhyne Quartet)
M2: Tennessee Waltz(Cassandra Wilson)
M3: Nobody knows the trouble I've seen(Louis Armstrong)
M4: You're my sunshine(The three sounds)


▼林のコメント

 お客様は公務員の山口明大氏、本業はプロ麻雀師!いや逆か!彼は公務員に成り立ての頃、骨髄性白血病を患い、あと数日の命と宣告されながらも、骨髄移植を受けて蘇った。それ以来、プロの資格を持つマージャンを通じて、チャリティー大会を開催し、700万円以上を骨髄バンクに寄付した実績を持つ。本業は公務員だが、税務課では一目も二目も、それ以上おかれる存在である。税金を滞納している・・・要するに払えるのに払わない輩から取り立てる仕事。人から恨まれるし、暴言を吐かれるし、命まで狙われる可能性だってある。介護報酬を不正受給した業者の車を差し押さえ、公売したことも・・・と以前新聞で読んだことがある。おかげで彼のテリトリーは、滞納0円らしい。その彼が(地方公務員アワード)を県内で初めて受賞した。全国で13人という快挙である。(デキる)地方公務員!!!である。サニーサイドのメンバーの医師を命の恩人と慕い、麻雀やってる以外は、全国骨髄バンク推進連絡協議会の理事として、活動している。先日は南米のボリビアまで行っていたそうな。自分の命を救ってくれた骨髄バンクのドナー登録に勤しみ、白血病患者をひとりでも救おうと尽力する姿は、我々には想像がつかない。番組で協力するくらいしかできないが、またお呼びすることに!今回は税金滞納の取り立て方!が中心だったが、次回は麻雀に!最近の麻雀プロはベッピンさんが多いから、ち〜と楽しみでもある!

 ★ゲストコメント(2019年11月 8日放送分)

写真  前列左より 山下てるよさん 米田連長代理 山田男踊りリーダー
    後列 左より 橋本鳴り物サブリーダー 矢川ゆいかさん


本日放送した選


M1: 
Early Autumn(Woody Herman orch.)
M2: Do you know what it means to miss New Orleans(佐藤達哉)
M3: Easy to love(Diane Schuur)
M4: Cherokee(Clifford brown)


▼林のコメント

 お客様は阿波おどり県協会所属の藝茶楽(げじゃらく)のみなさま。米田まさみ連長代理、山田こうへい男踊りリーダー、橋本こうすけ鳴り物サブリーダー、女踊りの矢川ゆいかさん、笛の山下てるよさんの5人。目的は11月17日にイオンの4Fホールで開催される藝茶楽の踊り体験会のPRである。米田連長代理と山下さんは、何回も出演しているので、慣れたもの。慣れた上に、連長代理は個性豊かな連員を選んで連れてきてくれるもので、スタジオは笑顔いっぱい!特に女踊りの矢川さんは、かなりの天然で、自分でボケてこけてくれるものだから爆笑の渦!質問の答も首を振るだけだから、かなり突っ込みやすかった。山田男踊りリーダーは、さすがにリーダーらしく、体験会の案内も、そこに原稿があるがごとくスラスラと言葉が出てくる。橋本鳴り物サブリーダーも、太鼓に関して、よどみなく答えてくれて、今回はなんとやりやすかったことか!11/17(日)11時〜12時半 イオンの4Fイオンホールにて開催。踊りから、鳴り物までプロが手ほどきしてくれ、教えてくれる、興味があったら連に参加すればいい。悪徳企業の詐欺勧誘ではないのでご安心を!山下さんも最近練習に参加しているとか。初めて知ったのは、(踊りゲタ)には内ゲタと外ゲタがあるということ。室内と屋外ではゲタの響きとスベリが違うそうな。女踊りは足の爪がはがれて一人前といわれるが・・・、矢川さんいわく(昨日剥がれました!)だと。藝茶楽は協会の中でも、実力はトップクラス。リーダーたちがグイグイ引っ張るのは頼もしい。来年の阿波踊りがどういう運営になるかはわからないが、熱い気持ちの人たちがいる限り後退することはないだろう!

 ★ゲストコメント(2019年11月15日放送分)

写真  旭日双光章の林茂樹氏



本日放送した選


M1: Shinny stockings(Dee Dee Bridgewater)
M2: Body and Soul(Frank Sinatra)
M3: These foolish things(Hikari Aoki)
M4: Uncle Satchimo's lullaby(Louis Armstrong)


▼林のコメント

 お客様は、毎度おなじみ林くるお、こと林茂樹氏。いくおくるおで数回この番組をやったことがある。人情味があり、人の好さでは日本一!同じ林でも親戚ではないが、それ以上のお付き合いをさせていただいている。サニーサイドの公式拍手要員という、ありがたくない称号もつけられている。サニーサイドのツアーでは、なぜが同じバスに乗り、宴会要員としても大活躍する。そのくるおさんが、なんと秋の叙勲で旭日双光章という勲章を授与される。12月に皇居で伝達式があるという、嘘みたいな本当の話である。本業の建築設計の分野で、その功労が認められたそうな。本人は(めんどうだし、あまり騒がないで!)と謙遜するが、身近な人が勲章!!なんて・・・、これはまた飲める!!ということで、放送終了後は、栄町場末の純喫茶?(B♭)の貴賓室鳳凰の間においてささやかな宴会を開催。看板から、花の飾りから、風船まですべて手作り。こんな雰囲気、小学校の学級会以来だわ。出席者も少数ながらも超温かい雰囲気。なぜか知らない人が約1名。放送を聴いてB♭にやってきたというリスナーだった。B♭の前をためらいながらも5往復したらしい。ありがたや!!あとは飲め、食え、歌え!飲め、飲め、飲め!!いやぁ、めでたい、めでたいって最後は何の宴会かわからなくなった常連、約数名。数年前の林郁夫の芸術文化賞受賞に続き、林茂樹さんの旭日双光章受賞!なかなか林一族はやるわい!!

 ★ゲストコメント(2019年11月22日放送分)

写真  内藤順子氏 板東津貴子氏



本日放送した選


M1: In the
 mood(Glenn Miller orch.)
M2: In the mood(Ray Anthony orch.)
M3: In the mood(Chicago)
M4: In the mood(原信夫と♯s&s)


▼林のコメント

 お客様は林の偉大なる後輩のひとり、ミュージカルスクールWITH主宰の内藤順子(よりこ)さん、元NPO法人 太鼓の楽校理事長で現吉野川市議の中西渉氏、現太鼓の楽校 理事長の書家 美苑さん、阿波踊り(悠久連)より板東津貴子さん の4人。なんとこの連中は、2020年新春に音楽の都ウィーンで、ミュージカル公演を行う。WITHの子供たちのミュージカルを中心に和楽器の演奏や阿波踊りを披露するそうな。出発はなんと1月1日夜だとか・・。おっさん、おばさん中心の海外パック旅行ではなく、あくまで主体は子供たち!!演出・構成はプロの内藤氏、演ずるはオリジナルミュージカルの(命のマーチ)、生きることに希望を見いだせない子供たちが、命の大切さに気付いていく物語。2部に太鼓や歌、踊りが加わる。そんな偉大なる指導者連中を前にして、林の選曲はすべて(In the Mood)ディレクターK氏いわく、思い切りすべるか、受けるか・・どちらかですねぇ!!林の意図は、枠の決まった超有名な曲でも、アレンジやプレーヤーによって、こんなにも変化に富むんだよ!とのメッセージ!子供たちへの指導は(こんなもんじゃ!)(これで決まってる)(こうせなあかんのじゃ!)ではなくいろんな角度からアプローチの方法はあるんだろ!!と。他人様にいいながら、サニーサイドもポンコツになりながらも、凝り固まったらあかん!と反省(猿でもできる)の念をこめた選曲だった。言葉は通じなくても、子供たちの元気と情熱があれば・・・、成功するだろう。及ばずながら、大成功をお祈りしております。

 ★ゲストコメント(2019年11月29日放送分)

写真  左より葉田ゆうこさん、大崎理英氏、田上けいこさん



本日放送した選


M1: Magic flea(Count Basie orch.)
M2: De Guello(Nini Rosso)
M3: I can't get started(Al Hirt)
M4: Bridge Over troubled water(Eric Miyashiro)



▼林のコメント

 お客様は県民文化課より大崎理英氏、徳島ジャズ楽団より葉田ゆうこさん、田上けいこさんのお三方。12月8日に開催される徳島ジャズ楽団Live広報に来ていただいた。葉田さんも、田上さんも女性ながらトランペット吹き!田上さんは若い(小さい)時に、部活動でトランペットを吹いていて、今回の徳島ジャズ楽団のメンバー募集に子供さんが応募したため、一緒に参加したそうな。ブランク歴は約20年。葉田さんは、仕事の関係で、大崎氏と接することがあり、言いくるめられ参加。ブランク歴は約30年。お二人とも、やる気満々の気配が漂っているが、トランペットはそんな甘いもんじゃおまへんで!と説教しようとおもった矢先、葉田さんの目の中にお星さまがキラリ・・・。なんとサニーサイドの林を神様だと思っていたとか(言い過ぎ!)。自慢できるのは、ラッパ歴くらい、最近の得意技は・・吹いた真似!!の林にとって、ちっとは格好つけねば!と少々焦り気味に背筋を伸ばした。ポンコツ親父にとっては、ありがたいお言葉の数々!選曲はほとんどがトランペット吹きのCDよりピックアップ。彼女たちに演奏はニニ・ロッソだよ!というと、きょとんとした顔で(どなた???)これじゃ、サッチモ、マイルスなんぞシーラカンスの世代かも!でも、ビッグバンドに興味を持ってくれるのはありがたい。もちろんコンボ演奏で、自分を表現する!というのも大切だが、ビッグバンドはその上に、協調性から思いやりまでが必要となる。彼女たちの勇気あるカムバックに拍手!12月8日(日)17時より(あわぎんホール4F 大会議室特設ステージ)にて。入場料はドリンク・フード付で、なんと1000円、もちろん酒・食いもの持参OK。最近の県のイベントは、飲みながら聴ける!なかなかやるわい!彼女たちの熱演に乾杯!