過去放送分
ゲスト一覧
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2016年 2月 5日放送分)

写真  左より ようすけ氏、かろう氏(過労死ではありませぬ)、てつや氏


本日放送した選曲

M1: As time goes by(石原裕次郎)
M2: Goodbye pork pie hat(Marcus Miller)
M3: My foolish heart(Itzhak Perlman)
M4: On green dolphin street(小野リサ)


▼林のコメント

 お客様は(The 春夏秋冬)のかろう君、ようすけ君、てつや君の3人。
林の世代の春夏秋冬といえば、泉谷なのだが、このバンドは差別化を計るため、定冠詞の(THE)がつく。もちろんコミックバンドではなく、列記としたプロを目指すロックバンド。FMびざんでも、期待の星らしくなんかのCM大賞を受賞したらしい。水曜日18:30分よりFMびざんで(バリカタゆうとろうが)という福岡・徳島連合の番組を担当している。
 
3度目だというのに、連中のなんというか、よそよそしい態度!そうどの面も、緊張して・・・・。というのも、生放送で林にどれだけ無茶振りされ、こきおろされ、泣かされてたことか・・・だと。 前回出演時には、(おまえら客に受けなかったら、新町川に飛び込め!!)と温かい励ましの言葉を贈ったのだが・・・、ほんとバカが飛び込んだらしい。それも100%受けに受けて、絶好調の時に、200%の受けを狙ってメンバーも気がつかない間に、飛び込んだらしい。それって、ただ単に川に落ち込んだ???テンションは50%ダウンになったそうな。 
 
実力的には、あの偉大なる後輩 住友紀人がオーディションで選んだだけの逸材。徳島ロック界の眉山的存在??決して若くないのだが、若者向けのとげとげしいロックと違い、なにか林の世代のフォークソングを彷彿させるようなイメージ。おそらく垂れ流しではなく、ひとつひとつの音を大事に大事にしてるんだろう。そういう感覚が聴く側にも伝わるから、なぜか若いファンのみならず、年寄りも受けまくり。
 
4/3に開催される(お花見ライブ2016at鷲の門広場)にも、出演していただくことに。さて、今度は徳島城のお堀に飛び込みのだろうか??

 ★ゲストコメント(2016年 2月12日放送分)

写真  左よりケンショウさん、えみさん、たくま君


本日放送した選曲

M1: Violets for your furs(Billie 
Holiday)
M2: Speak low(Four Freshmen)
M3: Lover man(Yasuko Agawa)
M4: My funny Valentine(Chet Baker)


▼林のコメント

 お客様はジャズ・ボサノヴァバンドのハルクインの皆様。
バンマスのえみさん、ベースのケンショウさん、トロンボーンのたくま君。3回目の出演だが、このバンド、58回目を迎える徳島ジャズストリートに2回目から出演しているという古参バンド。ということは00年!と計算していると、えみさんから(私は徳島のジャズ界の二代目妖怪になります)のお言葉をいただいた。初代が妖怪堂のおばばだから・・・う〜〜ん、妙に納得!!話の途中でも、市民会館という単語に知ってる!とうなずいたのはえみさんだけ。20才のたくま君なんて、種にもなってなかったか!もちろんケンショウさんは横浜出身だから知らないのは当たり前。
 
なんとなくえみさんが親分で、ケンショウさんが磯野家でいうマスオさん?あとはち〜とくせのある子供達・・・それがハルクインバンドか。たくま君なんて、気の毒に、以前、酔っぱらった林とJazz Cabin88で遭遇したおかげで(もっとコピーしろ)(音を当てにいくな)(林みたいなヘタフレーズ吹くな!)などなどボロンチョンに言われて・・・次に会ったのがこの放送。さすがに林は言い過ぎた!と詫びを入れたのだが・・・、放送最後にまたもや(もっと練習しろ!)の愛の鞭!
 
ハルクインは2/28 ジャスストリートで、19時より、富田町のグランツというショットバーで演奏する。やばいことに、同時刻にサニーサイドもNOAHで演奏する。18時からのサニーサイドのリハだけ聴いて、移動という手も。お好きな方にお越しやす!!

 ★ゲストコメント(2016年 2月19日放送分)

写真  左より 石本みさこさん、嶋田久作氏、原みえこさん


本日放送した選曲

M1: Chameleon(Maynard Ferguson orch)
M2: Third stone from the sun(Mchael Brecker)
M3: Satin doll(Marlene)
M4: I remember Clifford(Quincy Jones)


▼林のコメント

 お客様は三度目の出演 三村かずや氏、二度目の出演 石本みさこさん、
初出演 原みえこさんの同級生トリオ。三村氏は毎度のことながら(帝都物語)の嶋田久作クリソツ!ということで、そこから切り込みを入れるかと思いきや、話は原みえこさん一族経営の鳴門釣り船(はらまる水産)に。
 
はらまる水産とは・・、一族あげて釣り船で稼ぎ、自前で鳴門ウチノ海で、海のミルク牡蠣を養殖し稼ぎ、極上殻付牡蠣を全国展開で稼ぎ、SHOPはらまるでは季節によって鳴門金時、牡蠣、鳴門わかめを販売し稼ぎ!!鳴門の申し子的大企業!こんなもんでええでっしゃろか、原みえこさん?実は彼女も1級小型船舶操縦士の免許持ちだったりする。石本みさこさんも、週末はSHOPはらまるの看板娘?として大活躍だそうな。興味のある方は(はらまる水産)を検索するか、088−687−0903まで!
 
やっと出番が廻ってきた三村かずや改め嶋田久作氏、なにしにFMびざんにやってきたかというとあの伝説の(蔦監督)の映画のPRに来たらしい。噂の清原君も純真だったころのKKコンビとして登場するそうな。畠山、水野、江上と往年の名選手達も登場。監督はお孫さんの蔦哲一朗さん、音楽はこれまた噂の新垣隆さん。で、入場はなんと無料!!これはダ〜タという響きに弱い徳島県人の心をわしづかみか!3/27(日)大塚ヴェガホールにて11:00〜、14:00〜の2回上映。

 
このはらまる水産と蔦監督の話題には同級生というつながりしか存在しない。毎度のことながら、どちらも深く掘り下げることなく、気がつけばあと2分30秒!の世界。俺はド素人だ、文句あっか?と居直るも20年もやれば、どんなヘタクソだってちっとはましになる・・・はず。自分の学習能力のなさに辟易しながらも、実は本人が一番楽しんでいる。まっいいか!喉元過ぎりゃ、ああこりゃこりゃ!か。

 ★ゲストコメント(2016年 2月26日放送分)

写真  いただいた名刺の写真よりちょっぴり成長?した宮原和代さん


本日放送した選曲

M1: A song for you(Leon Russell)
M2: Say it(John Coltrane)
M3: A touch of elegance(Andre Previn)
M4: Love(宮間利之&ニューハード)


▼林のコメント

 お客様は宮原和代さん。ライフリーディングという会社を経営し、
手広く事業を展開し、海外進出もされてるとか!で、何か仕事の話?宣伝?かと身構えていたが、実は林の大好きな犬のお話。飼い主に虐待を受け、棒で殴られ、片耳は折れ、後ろ足は不自由に・・・。そして捨てられ、保健所で殺処分に。その寸前に大木さんというブルースシンガーに救われ、やがては日本初のセラピードッグ第一号に認定されたチロリという犬のお話。
 
もともと人間の最も良きパートナーである犬は、決して飼い主を裏切らない。チロリはセラピードッグ(癒し犬)として、訓練を受けたあと、障がい者施設や、高齢者施設で、その優れた能力を発揮し、孤独な環境から救うのにおおいに貢献したらしい。しかしその存在は特殊な犬ではなく、ただの駄犬。
 
大木さんは捨て犬達、被災犬達の救助と共に、セラピードッグの育成に力を注ぎ、動物介在療法の普及を行っている。その話に感動した宮原さんが大木さんを招いて、講演会を催すことになった。4月17日(日)13:30〜16:00 文化の森イベントホール 入場料は1300円
 
当日はガス室から救い出されてセラピードッグになったチロリの後輩犬達も徳島初登場となる。実際の犬達を通してセラピードッグの世界を知って欲しい!と宮原さんは力説する。お問い合わせは090−7575−6507(宮原さん)まで。
 
実際、親が子供を捨てる、暴行死させる、餓死させる等々、人間界は犬畜生にも劣る行為が新聞紙上を賑わせている。尻尾を振る、寄り添う、手を舐める等々できることは限られているかもしれないが、それでもけなげに寄ってくる犬達の目を見ると、とてつもなく優しい。殺されかけても、人間を信じて慕う犬達に、林はうるうる!!4月17日!お暇ならぜひ!