過去放送分
ゲスト一覧
2019年 3
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2019年3月 1日放送分)

写真  新崎人生氏



本日放送した選曲

M1: Work Song(Cannonball Adderley)
M2: Superstar(New York Voices)
M3: It's all right with me(岩見淳&Yayoi)
M4: Fine&Dandy(jack Lemmon)


▼林のコメント

 お客様はみちのくプロレスコミッショナーの新崎人生氏。
前回出演が2005年だから14年前。最初は俳優を目指して、菅原文太さんの付き人になり、やがてプロレスに転身、みちのくプロレスに入団してはや26年。独特の風貌、白装束に身を包んだコスチュームで人気を博する。前回出演時はみちのくプロレス社長として、今回はコミッショナーとしての出演。前回は、アシスタントの悪党み〜なやゲストに発達した大胸筋を触られ(触ってもいいですけど、乳首と局部はやめてくださいね)の名言を残した。終わって秋田町に飲みに行っても(僕はミルクでお願いします)の言葉も残した。徳島出身だけに徳島への愛を忘れず、20数名を引き連れ、みちのくプロレス徳島大会を3月3日に徳島私立体育館で開催する。グッズ売り場に自身も立ち、呼び込みするとか・・・、寡黙ないでたちとのギャップがたまらんらしい。以前、林も体育館の2階席から見たが、なかなかショーアップされていて見てても面白い。ストーリーがあるやないの!とおっしゃるが、あの100kgを越える肉体が、突進してくる、投げる、蹴る・・・、素人さんがやったらまず死ぬか大けがだ。毎日鍛えに鍛え、人生氏いわく(受け身は命がかかってます)。あの2代目タイガーマスク、プロレス団体ノア創立の三沢光晴氏も受け身を取り損ねてリング上で亡くなったほどである。そんな連中がリング狭しと暴れまくるのだから、そりゃ迫力満点だわな。鍛え抜かれた身体で、鍛え抜かれた技を披露し、聴衆に楽しんでいただく、まかり間違えば死と隣り合わせの、いわば究極のエンターテインメントである。がぜん林の血が騒ぎだす!!が、3日は体育館のほん近くのクレメントホテルで演奏があった。ぐやじい!!次回があれば必ず行く行くいくお〜〜!!

 ★ゲストコメント(2019年 3月 8日放送分)

写真  左より井上ゆかりさん(47)・・kg? 三村和也氏



本日放送した選曲

M1: Jumpin’ at the woodside(John Hendricks、Dave Lambert)
M2: Everything happens to me(Helen Merrill)
M3: Misty(岩見淳三)
M4: Sentimental Journey(原信夫と#s&♭s)


▼林のコメント

 お客様は声楽家の井上ゆかりさんと従者?の三村和也氏。
ゆかりさんとは2年前に人形浄瑠璃と声楽とトランペットでコラボしてその縁で一度番組に出演してただいた。今回はみむりんこと三村氏のどうしても番組に出たい癖に、お付き合いしてくれたか?甲子園に出場する富岡西の校歌をゆかりさんが吹き込んだ新聞記事をこの日のために保管していた林は、井上ゆかりさん(47)という項をあえて47kgと言ったため、彼女の目は瞬間にお星さまキラキラに!あとはやり放題。彼女はイタリア留学でミラノに、バズーカ敦子はフィレンツェに滞在していたもので、おまけにM2でかけたHelen Merrill曲が(ローマのナイトクラブで)、まだまだおまけに曲の前振りにフェルナンド・カイアティという俳優がイタリア語で歌詞を延々と朗読したため、スタジオは二人のイタリアミニ同窓会に!あとの連中はんなモン知るかい状態!やっぱ47kgは効くものだ。最後の最後までゆかりさんは上機嫌だった。(どうしても番組にでたい)癖のみむりんは完璧に蚊帳の外。時々思い出したように振られるが、会話は(あ!)(はい!)レベルか。彼はゆかりさんが講師を務めるパフォーミングアーツの宣伝に来たのだった。が、3/24(日)13:00よりシビックセンターで歌の発表会があります、無料で〜〜す、以上!!とかなり雑な扱いを・・・。本当に林は失礼な奴だ!24日にうた、げき、だんすがありんす!!です。場所はシビックセンター、入場無料、13時から!!と言えばよかった。

 ★ゲストコメント(2019年 3月15日放送分)

写真  ルーラー山口氏



本日放送した選曲

M1: I waited for you(Miles Davis)
M2: I may be wrong(Gerry Mulligan quartet)
M3: They can't take that away from me(淳三&Yayoi)
M4: Get it on(Chase)


さんのコメント

 


▼林のコメント

 お客様は公務員であり、プロ雀士であるルーラー山口氏。
彼は骨髄移植の経験者であり、それによって命を救われた過去を持つ。今話題になっている水泳の池江璃花子選手のおかげで、骨髄移植というワードは広がったが、まだまだ理解できていないのが現状!ということで普段の下品な会話から、骨髄移植がテーマというシビアな話題に。骨髄は白血球や赤血球などの血液を作り出す工場、大ざっぱにいえば、この工場が癌化すると白血病。骨髄移植とは、健康な人間から、骨髄を提供してもらい、患者の骨髄を入れ替えて白血病を治すというもの。(じゃあ骨髄ってどこに?)・・・腰などの硬い骨の中にあるそうな。(移植って骨削るの?)・・いえいえ、全身麻酔をして腰骨の中にあるゼリー状の骨髄を注射器で吸い取るそうな。てな初歩的な会話が放送中は続いた。池江選手だって白血病になりたくてなったわけではない。誰だって発病する可能性はある。(骨髄バンク)なんぞ俺には関係ないわ!と思っても避けられないかも。ということは命のボランティアであるドナー登録は必要かも。だれかの命を救うことになる。18歳以上54歳まで、健康な人なら大丈夫。事実、池江選手の白血病公表から全国一登録率の悪かった徳島でも、徐々に登録が増えてきているらしい。これを一時のブームではなく、継続的なアクションにしようと山口氏は骨髄移植のキャンペーンを行っている。それも得意の麻雀で世の中に広く伝わるよう大会を開催している。移植していなければ既に、この世には存在していない!与えられた命を限りある限り!!ということで、来週もスタジオに来ていただくことになった。勉強するいい機会である!!