過去放送分
ゲスト一覧
2022年 1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 7月
2021年 6月
2021年 5月
2021年 4月
2021年 3月
2021年 2月
2021年 1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2022年 1月 7日放送分)

写真  衆議院議員 仁木博文氏




本日放送した選曲

M1: 
This could be the start of something big(Count Basie orch.)
M2: On the sunnyside of the street(Louis Armstrong)
M3: I'm beginning to see the light(Bobby Darin)
M4:  Love(Nat King Cole)



▼林のコメント

 新年第一回目の放送は、衆議院議員 仁木博文氏がお客様という豪華版。前回出演いただいた2020年は、まだ国会議員ではなかったため、6回落選してまだ挑戦するの?)(選挙費用はどうすんのよ?)等などの辛辣な言葉をポンポン投げつけた林に対し、その返答は(国会議員としてどうしてもやりたいことがあるんです)と謙虚に応えてくれた仁木さん。今回は番組冒頭、林の謝罪から始まった。(あん時の無礼、非礼、失礼しました。平に、平に、ご容赦を!!)と。昔なら(手打ちにいたす、そこになおれ!)だろう。今回はまさに不撓不屈のぶれない精神力で、後藤田さんを破って、選挙区で当選した。真面目を絵にかいたような仁木さんだが、国会議員として、徳島県民のために国にモノ申す!仕事がてんこ盛り、すべて対応していけば、キリがないが、前回出演時とまったく雰囲気が違うことに気が付いた。議員バッジの重さというか、やっとスタート地点に立って、前を見てモノが言えるようになった、また官僚さん達も、聞く耳を持ってくれるようになった、これから徳島のために頑張るんだ!という空気がピリピリ伝わってくる。政権与党ではないが、無所属議員が集まって5人の会派を結成したらしい。今の熱い気持ちを持続させて、大志を抱いて(徳島の仁木!!)は、大きく羽ばたいてほしい!番組終了後の握手の力強さの感触がまだ右手に残っている。いい人を選んだ!と県民が誇れることを期待している!!頑張れ、仁木さん!!

 ★ゲストコメント(2022年 1月14日放送分)

写真  もんちこと 小出紋さん  吉野誠こと 吉野浩二氏




本日放送した選曲

M1: 
Just friends(高橋達也&The Sunniside)
M2: 翼をください(European Jazz Trio)
M3: 上を向いて歩こう(Time Five)
M4: Nihgt&Day(しばたはつみ)



▼林のコメント

 AYAとKOJIの素敵なショータイムの広報に歌手の吉野浩二氏、サニーサイド出身のもんちこと 小出紋のお二人が出演。番組前にBリーグ参入記念とかで、眉山から500発の花火が上がり、親父たちはプチ興奮状態!いくつになっても花火はいいもんだ。といいながら始まった番組であるが、冒頭ゲスト紹介から林がつまづいた。お客様は(吉野誠さんです)(いや、違うだろが・・・)と本人の指摘。吉野浩二を吉野誠と呼び違えるチョンボをやらかした。Qシートにも林は(吉野誠)と書いていた。(浩二だって)(バスを待つ間に〜〜涙をふくわ)(それは(平浩二だって)てなやりとりで、笑ってごまかしたが申し訳ないことをしてしまった、失礼しました、吉野誠さん!いや、浩二さん!ところで、肝心のライブの案内なのに、1日前に満席となり、チケットなしになってしまったとか・・・。ということは、聴視者に(もう来なくていい)と満員御礼の案内になったとか・・・。番組冒頭でもひとつハプニングが・・。林のくしゃみに、アシスタントぴぃさんが笑い転げて、スポンサー名を言えなくなって、やり直しする羽目に・・。すべて笑ってごまかそう、今年は!突然(二人でなにかデュオやってくださいな、アカペラで!)の林の無茶ぶりにもさすが、プロ、ハモりながら対応していただいた。困った時の吉野氏、ありがたい存在である。もちろん奥様同伴時の歌舞伎町千夜一夜物語も次回の楽しみでもあるが・・。まだまだ徳島は捨てたもんじゃないかも!

 ★ゲストコメント(2022年 1月21日放送分)

写真  櫻間健太郎氏、山口明大氏




本日放送した選曲

M1: Mambo No.5(David Mattews&The Super Latin Jazz orch.)
M2: Light my fire(Erma Franklin)
M3: Candy(東谷慶太)
M4: Fancy Meeting(Bing Crosby&Rosemary Clooney)



さんのコメント

 


▼林のコメント

 お客様は美馬市保健福祉部生活福祉課の山口明大氏、櫻間健太郎氏のおふたり。山口氏は別名(ルーラー山口)、プロの雀士である。季節の変わり目になるとご登場願い、献血、骨髄バンク登録のよびかけを御願いしている。2001年に慢性骨髄性白血病を患い、余命数日の宣告を受け、骨髄移植により、復帰した経験を持つ。いわば地獄を見て来た数少ない人間である。特技の麻雀を生かし、骨髄バンクチャリティ麻雀大会を全国各地で開催し、全国骨髄バンク連絡協議会の理事も務めている。芯がぶれずに、悪いものは悪い!俺がやらずに誰がやる!と公務員の鏡!!として2019年には公務員アワードを受賞している。一方、後輩の櫻間氏、山口氏から林の番組出演を打診され、もの珍しさも手伝い、やる気満々!放送後は美馬市には帰らず、ホテルまで確保する念の入れようである。ということで、放送後、林は櫻間氏を引き連れ、秋田町散策に乗り出す。34歳ということで、喰うわ、喰うわ・・・、先ほどカレー喰ったと思いきや、いつもの不純喫茶B♭では、おでんを山盛り、あとは出されたものはすべて胃袋に!(飯5合喰ったことがあります)とシレっという。ついでに飲ませるとこれまたザル!逆に林はどんどん酔いからさめていく。礼儀正しいし、気をよく使うし、なかなかいい奴!とみた。放送中に山口氏は櫻間氏のことを(穴だらけ!)と表現したが、いつもは麻雀仲間しか番組に連れてこないのに、職場の後輩を連れてくる、これはなにか見込みのある奴!だと考えているに違いない。本人たちは市役所の問題児、いや異端児と表現していたが・・。役人らしくない役人である。また次回が期待できそうなキャラが増えた。乞うご期待!!