過去放送分
ゲスト一覧
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2019年 4月 5日放送分)

写真  左よりYAYOIさん、岩見淳三氏



本日放送した選曲

M1: It's all right with me(Arrow Jazz orch)
M2:さくら(岩見淳三&YAYOI DUO)
M3:Star dust(岩見淳三&YAYOI DUO)
M4:りんご追分(岩見淳三&YAYOI DUO)
M5:黒いオルフェ(岩見淳三&YAYOI DUO)
M6:Don't mean a thing(岩見淳三&YAYOI DUO)
M7:The very thought of you(岩見淳三&YAYOI DUO)
M8:イパネマの娘(岩見淳三&YAYOI DUO)


▼林のコメント

 (原信夫と♯&♭)の元レギュラーギタリストの岩見淳三氏と奥様の
YAYOIさんのお二人がお客様。ということで、M1以外はすべて生演奏。お二人は4/6に花杏豆でライブを開催する前乗りで徳島入りし、その足で、放送に出演していただいた。林の番組に久々の大物登場!ということで、ちょっぴり緊張するものの、珍しく事前打ち合わせなんぞやっていると、岩見氏と同学年ということが判明。奥様は37歳と言ってたような(耳鳴りがした?)そこらはまぁええか!!てな具合でQシートは真っ白、白紙状態でいざ本番に!!選曲はまったく打ち合わせなしのぶっつけ本番。でもそこは百戦錬磨のお二人、林の無茶振りをちぎっては投げ、ちぎっては投げ、余裕のある岩見氏はギャグを連発!吉本やんけ?と思いきや出身は和歌山だった。岩見氏のギターと奥様のヴォーカルは、同波長?とも思える響きを持つ。普通はどこかブレがあって当然のDUOだのに、暖かいギターの音色に、艶のある声、それがどちらともなく寄り添う形で・・・、ハートウォーミングデュオという看板に偽りはない。調子こいて7曲もやってもらった。最後には(まだやんの?)と。翌日のウォームアップ程度に!と思ったのが、ネタバラシになったような・・。でも久々の至福の時間を過ごすことができた。役得、役得、ありがたや!!

 ★ゲストコメント(2019年 4月12日放送分)

写真  左より 山本昌史 多田晴治氏



本日放送した選曲

M1: Brassmen's Holiday(Arturo Sandoval)
M2: Take the A Train(Michel Petrucciani)
M3: Do you now what it means to miss New Orleans(淳三&Yayoi)
M4: Body and soul(土岐英史)


▼林のコメント

 お客様は前週のゲスト、岩見淳三&YAYOIの徳島ライブの仕掛け人
多田晴治氏、そして林の幼馴染(富中ブラスバンド部時代の同級)の山本昌史のお二人。二人とも某F0ックス、0イエルというコピー機の大手、薬品の大手で県外生活が長かった、けど徳島人!定年やら早期退職で徳島にUターンして、悠々自適の生活を楽しんでいる。特に多田氏は、半年は無農薬米作りに励み、あとの半年は観光ガイドボランティアなど、余暇を楽しんでいるらしい。なんとカヌーも6艇持っているとか。山本昌史は、多田氏の高校の後輩として、いつの間にやら巻き込まれたらしい。多田氏は、岩見淳三さんとは面識がなく、奥様のYayoiさんとも、横浜の会の打ち上げで、隣に座って一緒に飲んだだけ!!という・・・、アシスタントのバズーカ敦子語でいうナンパしてきた???でも我々の世界ではよくあること。呼んでくれるならどこまでも!!と。きっかけがこの世界の常識である。口約束は民法上の契約だあぁああ!と。それに応えた多田氏、友人知人を総動員し、ライブ会場の花豆を満員にしてしまった。おまけに少し浮いたから!とギャラを余分に渡したとか。多田さん、次回も必ず来まっせ!!でもそこらの小物じゃなく、ジャズ界の重鎮になるお方、お二人とも徳島をたいそう気に入ってくれ、知り合いもできた!と喜んでいたとか・・・。ということは、放送で無茶ぶりして林の悪行も許してくれたのかいな??Uターン組の親父たちが頑張っている。これはいいこと。地元人間も頑張らねば、といいながら最後は多田氏のペースに巻き込まれ、放送後も飲みにいってしまった。さすがだ!!

 ★ゲストコメント(2019年 4月19日放送分)

写真  左より ゆきえさん、スタッフしゅん君、福富弥生さん



本日放送した選曲

M1: April in Paris(Benny Golson)
M2: What so ever you do(住友紀人)
M3: ヒカリ(福富弥生)
M4: わたし(福富弥生)


▼林のコメント

 お客様は、2ndアルバム発表に燃える福富弥生さん、弥生さんというより、
弥生ちゃんがまだ似合いそうな徳島産のシンガーソングライター。生まれ育った街で、自分の想いを詩やメロディに込め、徳島から音楽を発信し続けている。その彼女が、数年前、林の偉大なる後輩 住友紀人主宰の徳島ミュージシャンズフェスのオーディションを受け、合格!それ以来、住友君は彼女に力を注いできたが、今回は、福富弥生2ndアルバムのプロデュースを手掛けることになった。ちょうど放送前にCDが出来上がり試聴する。住友君の力の注ぎようが・・・溢れかえっていた。上京した弥生ちゃんが目を丸くしている間に、日本を代表するスタジオミュージシャンからオペレーターから、いろんな専門家が招集され、テキパキと住友君の指示が飛び、素晴らしいCDが出来上がった。作曲は弥生ちゃん、アレンジはもちろん住友君、聴くと、パーカッションの渡辺庸介さんのコトっ!!という1音でさえ、愛おしく感じるくらいの出来栄え。ち〜〜とナメてかかった林は完敗!ライナーノートの住友君の最後の1節が、すべてを物語っている。(もはや彼女は単なるシンガーソングライターではありません。彼女のいままでの人生観を通してみなさんに語り伝えるストーリーテラー、新しい福富弥生の誕生です。どうぞごゆっくりご堪能下さい)と。/28(日)シビックセンターさくらホールにてCD発売記念ライブが行われる。もちろんバックミュージシャンは、住友君率いる精鋭部隊である。開場は16:30、開演は17:30 全自由席3000円チケットは平惣各店、売り切れの店もあるみたいだから、ネットで福富弥生 CD発売記念ライブでご検索を!あの天才 住友紀人がお勧めするのだから、絶対間違いない。ち〜とだけ・・・・、林も全力でお勧めするが・・・。

 ★ゲストコメント(2019年 4月26日放送分)

写真  左より武知ゆかさん、永峰由華さん



本日放送した選曲

M1: Cantaloupe Island(Herbie Hancock)
M2: だいじょうぶ(Overlap)
M3: Manha de Carnaval(永峰由華)
M4: Old Friend(Toots Thielemans)


さんのコメント

 


▼林のコメント

 お客様はラッパ奏者、小間物作家元締の永峰由華氏、ヴォイストレーナーの
武知ゆかさんのお二人。5/6アクア・チッタで開催されるアメニタフェスの案内に来てくれた。永峰由華・・忘れたころに番組にやってくる渡り鳥みたいなラッパ吹きだが、元サニーサイドメンバー。極め付きは奴ら夫婦の仲人が林という超腐れ縁。前々回はデブ、バカ、ヘタのセクハラ用語を放送中に60回ほど、前回はおとなしめのデブネタ。ということで今回こそ心を入れ替え三種の神語を封印することに。武知さんには精一杯もてなしの言葉使いなのだが、クニコ(永峰由華)には、どうしても保護者的上から目線で・・・。彼女が製作したアルバム(DUSK)を(ゴミ)と訳し、アメニタフェスをアニメフェスと取り違え、もちろん意識的にだが・・・、その度にちっこい目を見開き、反撃するクニコとのやりとりに、スタジオは大爆笑。美人の武知さんの、おっさん的な笑い声が響き・・・またまた爆笑。平成最後のゲストがこいつらかい?とけなしまくるも、あっという間の60分。時間の経つのが早いと感じるほど、番組の調子がいい!と勝手に思い込んでいる林はまぁええか!!状態。途中、いつも沈着冷静なディレクターK氏が(わはははは!)と噴き出したのにはこちらが笑ってしまったが。/6(月・祝日)11:00〜16:00 万代中央ふ頭アクア・チッタにて音楽(クニコバンドのジャズ、武知サンノポップス)、雑貨(クニコ親分が元締の作家集団)、占い(占いから占いから占いまで)、体験(マッサージ、アクセサリー作りなど)、FOODSまで・・・。興味のある方はぜひどうぞ!!