過去放送分
ゲスト一覧
2020年 5
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2020年4月3日放送分)

写真  左より 張ゆかりさん、吉野浩二氏



本日
放送した選曲

M1: Daahoud(Wallace Roney)
M2: Spain(Naoko Terai)
M3: East of the sun(古谷充)
M4: One note samba(鈴木重子)



▼林のコメント

 歌手で3月に新しいCDを発売したばかりの吉野浩二氏、奥様で作詞を担当した張ゆかりさんのお二人をお迎えしての60分。前回出演時に、(CDできたら、また呼んでくださいね)(覚えてたら!)と会話をかわしたのだが、すっかり忘れていた。督促されて思い出した。失礼な奴だ、林は!!新曲を拝聴すると、目の前のうさん臭い親父が本当に歌っているのか?と思うくらいの美声!(ほんまに本人?)と何度も聞き返す。(もう一度)というタイトルだ。you tube聴けたらいいのだが、悲しいことに林と同様のアナログ世代、掲載するのはあと100年はかかるかも。CD買って聴いてみたい!という奇特な方がいらっしゃるなら080-4039-7330 吉野さんまで。全国どこでも本人が配達してくれるそうだ。ほんまかいな?吉野氏は、普段は歌謡曲を指導されているらしいが、この夫婦の出会いは、歌舞伎町だそうな。面白いストーリーが聞けそうだが、次回ということに。奥様がフィリピン人に間違われておまわりさんに職務質問をうけ、たどたどしい日本語?でやりとりして、最後の(国はどこですか?)の質問に(富山です!)のくだりは笑ってしまったが・・・。コロナの影響でスタジオ内は最小限の人数でやるようにとのお達しがきた。アシスタントも1人に。換気も15分おきに!おまけにアルコール消毒。林なんぞ、常にバーボンで消毒しているのだが・・・。

 ★ゲストコメント(2020年4月10日放送分)

写真  マイク増田氏



本日
放送した選曲

M1: Sweet Georgia Brown(Count Basie orch)
M2: Round midnight(Sam Tayler)
M3: Poteto Head Blues(Louis Armstrong)
M4: Speak Low(Four Freshmen)



▼林のコメント

 (石焼き芋本舗)代表のマイク増田氏を迎えての60分。マイク増田、誰?彼はカリフォルニアのシリコンバレーで、レストランを30年以上経営し、アメリカで初めて徳島ラーメンを売り出した料理人!徳島に戻ってきてからは(パスタ みち)(魚源)と人気のお店を展開。しばらく休んだかと思えば、(焼き芋屋さん)に変身。本人いわく(働くのが好き、動くのが好き)だそうな。鳴門金時の中でも糖度の高い(里娘)を使用し、評判も上々のようだ。1gで135円、ということは1個2000円、そんなもんか?と思ったが、思い切り聞き違えていた、100gが135円、ラージサイズで300円〜400円てとこ。(林さ〜〜ん、これ喰って!)と先日いただいたのだが、家に持って帰って(後から喰うから)と嫁に渡したのが・・・、自分で味見してうまいものだから、御年90歳の母親のところに持っていき、ふたりですべて喰ってしまったとか。翌日(あの焼き芋は?)と尋ねると、(食べた)でチョン。90歳が全部喰うくらいうまいってことか!木曜〜月曜まで11:00〜16:00まで、東新町コルネの泉近くで、店を出しているから、一度食してみてはいかが?アメリカに30年以上いたから、それなり?かと思えば、中身はまったく浪花節の御仁である。熱い思いは、そこらの徳島の人たちなんぞ足元にも及ばない。東新町商店街に出店してからまだ1か月だが、商店街の人たちに常に感謝し、前回番組出演時より輝いてみえたのは林だけ?東新町商店街の名物となる日も近いだろう!!

 ★ゲストコメント(2020年4月17日放送分)

写真  マスク姿で失礼  内藤順子氏、木村きょうこさん



本日
放送した選曲

M1: Five spot after dark(Curtis Fuller quintet)
M2: ツァラトゥストラはかく語りき(Deodato)
M3: 竹田の子守歌(井上陽介quintet)
M4: おやすみの歌(Gentle Forest Jazz Band)



▼林のコメント

 ミュージカルスクール(WITH)主宰の内藤順子(よりこ)さん、父兄?の三木きょうこさんをお迎えしての60分。コロナが流行する前の今年の正月にウィーン公演を大成功に導いた女傑が内藤氏。住友紀人君と並ぶ、林の偉大なる後輩の一人でもある。肝っ玉が据わっていて、頭の回転が速く、徳島に置いておくのはもったいないくらいの御仁、市長の内藤佐和子さんか内藤順子さんか!!コロナの影響で、スクールはなかなか開校できないのだが、スクール生には、めいっぱい宿題を課しているそうな。ウィーン公演が、もう2か月もズレていたら、東洋からの訪問者は(コロナ)と言われていたかもしれない、日本へ帰れなかったかもしれない、ということは強運の持ち主かも!生徒の中にはプロを目指し、レッスンに励んでいる子供たちもいるそうな。実際プロになって活動している子供(元)もいるらしい。コロナの影響で、しばらく発表の機会はないかもしれないが、子供たちにとって、(ウィーン公演)はとてつもない財産になってるはず。本物を見て、聴いて、同じ空気を肌で感じて・・・その貴重な経験は、とても日本では無理。その本物に触れた子供たちの中から、ひょっとしたら世界的なアーティストが生まれる可能性だって否定できない。
話は変わるが、コロナの影響で、スタジオには透明の板が張られ、空気清浄機が鎮座。ゲストとの集合写真も(この時期に密接写真はなんだ?)とのクレームが入り、自粛ということに。なんだか世の中ピリピリムード蔓延。このご時世、終息に向かうは神頼みしかないのか?

 ★ゲストコメント(2020年4月24日放送分)

写真  菊池よしき君



本日
放送した選曲

M1: 夏をあきらめて(Kenny James trio)
M2: Big apple(鍋島真昶カルテット)
M3: Some cats know(Jeanie Bryson)
M4: I could have danced all night(Rosemary Clooney)



▼林のコメント

 シンガーソングライターの菊池よしき君を迎えての60分。彼が来るということは、林の無茶ぶりが冴える!ということ。というのも、林の気の向くまま、(今日は花見をテーマに何か即興で曲作ってすぐ歌え!)とか、(3分以内の曲を今すぐ作って歌え!)とか、拷問みたいなリクエストをガンガンぶつける・・・が、見事にやってのける実力の持ち主が菊池君。当然今回も!と手ぐすね引いて、彼もギターを持参して・・・・、臨戦態勢に入ったところで、局から(スタジオでの歌は自粛してください)と指令が入った。スタジオ内の飛沫量が多くなるのだと。密室、密閉、密集・・そういえば3拍子そろっているのが放送局のスタジオ。最近は、入出時にはアルコール中毒、じゃない消毒が必須。アシスタントとの境には透明の板・・弁護士と犯人の謁見みたい?音が漏れるが、スタジオのドアも全開放!ヘタすると、ゲストを呼ぶのも禁止というお触れがでる可能性も。ということで、菊地君はギターも歌も取り上げられ、さてどうするか?慌てず、動ぜず、スマホにいれていた自作の(続く)(君が好き)の2曲を取り出し、堂々と披露する。ダテに、主宰するキクチキカクというライブを7年、85回もやってないわ。歌わずに歌を披露!なかなかやるわい!でも次回は、生ギターで歌って欲しいな。フォークもクラシックもジャズも、みんな演奏の機会を奪われ・・・、これからどうなっていくんだろう?と思いながらも、ひとりで練習に励む林である。