過去放送分
ゲスト一覧
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2014年 9月 5日放送分)

写真  左より 林茂樹氏、佐藤憲治氏


本日放送した選曲

M1: Here’s that rainy day(Sue Raney)
M2: September in the rain(Susannah McCorkle)
M3: The gift(Eydie Gorme)
M4: Smile(Holly Cole)



▼林のコメント

 阿波農村舞台の会より佐藤憲治氏、林茂樹氏をお迎えしての60分。
佐藤氏は阿波十郎兵衛屋敷の責任者として、多忙を極める!林茂樹氏は林郁夫と(いくお・くるお)コンビとして、この番組でもかなりお手伝いいただいた。が、くるお茂樹氏・・なかなかマイクに向かって喋らず・・・相手の方に顔を向けて発声するものだから・・相棒のいくおさんから(コラコラおっさん、マイクに向かって・・・!)のダメ出しを何度もいただいた。
 
NPO法人としての阿波農村舞台の会は、委託事業として阿波十郎兵衛屋敷の運営に携わっている。新町川を守る会とのコラボで、(じょうるりクルーズ)と銘打って新町川・両国橋乗り場から吉野川・十郎兵衛屋敷まで月に一度船を運航している。これがなかなか好評らしい。藍染め体験も加え、徳島の魅力の発信源となっている。
 
浄瑠璃の語りの太夫講座を無料で開催し、また大人の為の人形浄瑠璃鑑賞講座等々、次々に打ち出すアイディアはたいしたもの。佐藤氏はすました顔で(好きですから!)と。加えて(も少し給料が・・・、   ・・・  ・・フェードアウト気味に語ってくれた。いろんな出演浄瑠璃団体やら、イベント案内は阿波十郎兵衛屋敷(088−665−2202)まで。休みはほとんどないみたい。
 
放送終了後、茂樹氏と軽く食事して・・・Jazz Cabin88でヘビーに飲んだ。もちろん演奏付!林がラッパで参入すると、茂樹氏は声高々に歌い始めた。曲はおなじみ(MISTY)。酔っぱらい親父達のとんでもない演奏に温かい拍手をくれたJazz Cabin88のプレーヤー達に座布団3枚!!

 ★ゲストコメント(2014年 9月12日放送分)

写真  還暦を迎えた!!!正木香都子氏


本日放送した選曲

M1: The Queen Bee(Count Basie orch.)
M2: There will never be another you(MJQ)
M3: Desperado(伊藤大輔withRoot Bagu)
M4: What a wonderful world(Toots Thielemans)



▼林のコメント

 香都子バトンアトリエ主宰の正木香都子氏をお迎えしての60分。
日本のバトントワーリングは、入ってきてまだ50年くらいだそうな。ということは黒船来航以来、正木氏はバトンやってることに!もちろん最近は現役とはいかないが、弟子達が頑張り、四国バトン選手権では、なんと出場した7人の弟子の内、クラス別で5人が優勝するという快挙!!バトン界の生きた化石なのだ!!
 
実は林の同級生で、それも同じクラスだった!ということで・・・、公共の電波を使用して、正木氏の過去の暴露、それもノーガードでのどつきあい!が始まった。
 
(当年取って・・10年取って・・・と、よく年齢詐称してましたなぁ)(いやぁ、当年2回・・20年取って28歳ってよくよく言ってましたぁ)
 
(あれ、TVのリポーターやってた時って、東京オリンピックの時ですか?)(いえいえ、それはうちの母ですの、おほほ!)てな具合で、しゃぁしゃぁと、のたまう。
 
(二回目の結婚披露宴の時は、三回目に備えてブーケとっとくって言ったから、かなりブーイングとヤジが飛んでましたなぁ)(48歳のくせして・・・12/6に香都子還暦バトン発表会やるんですか?)林の攻勢が始まった。
 
アシスタントのバズーカ敦子、ぴぃさんはただ笑い転げてるだけ。ああ言えばこう言う、さすがに頭の回転は還暦の今でも衰えていないみたい。これからもネタがなくなれば、呼んでくることにしよう!!

 ★ゲストコメント(2014年 9月19日放送分)

写真  ふくとみやよいさん


本日放送した選曲

M1: Red Dragonfly(Kim Nazarian)
M2: Amazing Grace(Chie Ayado)
M3: 好きなこと・ここにしかないとくしま(ふくとみやよい)
M4: It’s a pity to say good−night(Ann Burton)


▼林のコメント

 シンガーソングライターのふくとみやよいさんをお招きしての60分。
まだ23歳!一言で言わせていただくなら・・・か・あ・い・い・!性格も素直だし、周りに一生懸命気を使い、付近を通るすべての人間に挨拶しようとする謙虚さ!ふてぶてしい連中しか周りにいない林にとっては、田舎から出てきた娘!!みたいな感じで・・ついついお父さん言葉に・・。おまけに(え〜と)(え〜と)を連発する娘に、(マイクの前で言う言葉ではない!)と本番中にダメ出しする厳しさまで!それもこれも、歌う前にわざとプレッシャーをかけて、実力拝見という根性悪親父の演出!
 
んなもんでくじけるわけないわ、やっぱ!彼女は(ミュージシャンズフェス)のオーディションで選ばれたヴォーカル。それも選んだのは偉大なる後輩 住友紀人!緊張しながらも、ホワンとした空気を放ちながら、ふくとみやよいの世界が展開した。ピアノを持ち込んでくれての熱唱、なんと石川美智子御大将以来のピアノ持参!
 
四国放送の徳島コーヒーのCMソングにも、彼女の(ここにしかないとくしま)が使われている!ということで、先が楽しみな展開に!これからいろんな曲を作り、歌って、どんどんファンも増えてくることだろう。でも、どれだけ売れても、あの謙虚さは忘れずにいて欲しい!と切に願った。同時に恥ずかしながら、1ファン(不安じゃないですよ)として応援しようと密かに思ったりして・・・。頑張れ!娘よ!!

 ★ゲストコメント(2014年 9月26日放送分)

写真  歩き人  ふみ氏


本日放送した選曲

M1: September Song(Time Five)
M2: Here there and everywhere(David Benoit)
M3: Where were you when(Matt Dusk)
M4: They can’t take that away from me(Frank Sinatra)


▼林のコメント

 久しぶりの登場・・歩き人ふみ!!彼を語るにはとんでもない時間がかかるが、
一言でいえば、徳島の生んだ最高のバカヤロー(林の最大の賛辞の言葉)だ。
 
1995年にポルトガルから歩きだしスイスまで、そこから何を思ったか南米のウルグアイに飛ぶ。途中南米最高峰のアコンカグアの登頂に成功し、大陸縦断。帰国後、林の番組に初出演。やがてニュージーランドの北、南を歩き帰国。また数回に渡り番組出演。今度はオーストラリア大陸徒歩縦断。で、帰国。また数回にわたり番組出演。2005年からは知床より日本列島縦断。長野までやってきたと思ったら、翌日は札幌?なんでや〜〜!と思ったら北海道から今の奥様あゆみちゃんを伴って二人三脚旅に。数年かけて日本列島縦断。で、実家で疲れをいやして小銭を蓄えると、今度は夫婦で台湾徒歩縦断。どこ行った?と思ったらベトナムに出没。ほんと人生の半分は徒歩旅行している偉大なるバカヤローである。
 
スローライフの典型的な、2〜3日なら一緒に歩いてみたいと誰もが思う素敵な、でも無謀な、でもちょっぴりあこがれる・・・なんともいえない♂である。
 
台湾で出会った人達は、どこかの某国と違って、超好意的な人達ばかりでいままで行った国々(日本も含む)の中では最高だったみたい。言葉は通じなくても、夫婦でのリヤカー押しての歩き旅は目立ったみたいで、1日に5〜6回の記念撮影なんぞザラだったとか。瞬間・・四国のお接待の遍路旅を思い出してしまったが・・・それよりも、なによりも台湾の人達の熱い心にふれて・・かの災害のときも一番に飛んできて、また義援金を集めてくれたのも台湾だった・・・我々も行ってみたいと思った。
 
ボロボロのガイドブックがすべてを語っていたが、次はどこへ??インド、アジア、アフリカ??なにか一緒にいるだけでわくわく!!