過去放送分
ゲスト一覧
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2010年 8月 6日放送分)

写真 武知直輝氏
    


本日放送した選曲

M1: My museum(Kim Nazarian)
M2: I am a piano(Orquesta De La Luz)
M3: Star Dust(Swinging Wonderland Jazz orch.)
M4: Old Friend(Toots Thielemans)


▼大塚国際美術館 武知直輝さんのコメント

  また出現しちゃいました。もちろん夏の夜の美術館2010のPRです。
今回もミーナさんがいない。嫌われてるのかなあ・・なんて思いつつ番組スタート。
最初は男二人のトークでした。1曲目までは快調、快調。
あれ?途中から一人、また一人。美女が集まりはじめました。
やっぱりこの番組は一筋縄ではいかない・・・。
最終的には美女お二人のパワーに完敗でした。まだまだ修行が足りません・・・・。

▼林のコメント

 大塚国際美術館より武知直輝氏がお客様。21時ジャスト!!スタジオには
武知氏とディレクター氏、林の3人だけ。悪党み〜なは風邪と蕁麻疹の悪い病気に!アシアシは神戸に、キャッシー高島は阿波踊り練習、田岡批呂子は昭和地区の夏祭りのMCに!!とアシスタントは誰も来ず!!
 
悪党み〜なに(迷わず成仏しろ!)とメールを送ると(化けて出てやる!!)の怖い返信が・・・。途中助っ人の山下照代氏が、最後には呼んでもいないのに恐怖の田岡批呂子が・・、結局4人体制に!!番組中盤の生CMはお客様の武知氏に読んでいただく苦肉の策!!が、元S国放送看板アナウンサーのご子息!!そつなくこなすのはさすが!!
 
武知氏は、毎年この時期になるとやってくる自称季節労働者。そう、美術館の夜咲くスイレンの開花に合わせ、7年前から夜の美術館なるものを開催。夕方5時以降、浴衣で来場すると、なんと入館料3150円が無料に!!第1回目の栄えあるゲストがサニーサイド!!というか、ただ単に予算がなかっただけ!とう説が正しいのかも。昨年も呼ばれ、なんと2年連続で今年も。
 
全国から演奏希望者が殺到してるというのに、7回のうち3回出演。これは名誉なことだ!!と信じたい。が、やはり予算の都合か!!
 
なんと今年は京阪神からツアーで浴衣軍団が訪れるらしい。だた!!という言葉に弱い徳島県人の皆様も大集合。昨年は広い会場広場が浴衣、浴衣、浴衣!!その中にサニーサイドのメンバーのピンク色のTシャツの目立つこと!!どこにいてもすぐにわかる。
 
夏の風物詩になりつつあるこのイベント。美術館の若手連中の汗の結晶かも!今年もわざわざ来てくれる聴衆のためにも、頑張ってるスタッフのためにもサニーサイドはブイブイいわっしゃげまする。

 ★ゲストコメント(2010年 8月20日放送分)

写真 左より住友達也氏、村上稔氏、森竹義浩氏
    


本日放送した選曲

M1: Get Back(Chie Ayado)
M2: Watermelon Man(Terumasa Hino&Los Rubelos)
M3: Tokyo Flower girl(Junko Sumi)
M4: Imagine(Yoshiko Kishino)


▼林のコメント

 元あわわ編集人、プランナーの住友達也氏、市会議員の村上稔氏、
ゴデレッチョ新町西創造会議 会長の森竹義浩氏の3人がお客様。悪党み〜なは熱中症で入院!とかでお休み。あんなしぶといのが入院するはずがない!!ということで放送では口蹄疫発病と訂正された。
 
森竹氏は再開発のリーダーとして、行政と交渉、地権者のお世話等々八面六臂の活躍中。なかなか骨の折れる仕事だ。一方、住友・村上両氏は再開発慎重派として、いわば森竹氏とは反対の立場。林の仕事は両端の当事者を引き合わせて、お話していただくこと。当然三方とも、明日の徳島をどうするのか!次世代の子供達にどんなかたちでバトンを手渡すのか・・・熱い気持ちをお持ちである。ということはみなさんの目線は同じ方向にむいているということ。それぞれに熱い気持ちを語っていただいたが、共通することは(この徳島をどげんかせんといかん)。
 
1人で始めた(あわわ)を大きく育てた住友氏は、プランナー、コンサルとして各方面で引っ張りだこである。下ネタから経済理論までなんでもこい!!彼独特の持論は、とてつもなく貴重な提言として再開発にも生きるはずである。
 
放送後、帰省中の愚息を加え、3人で延々と飲む。愚息を気に入ってくれた住友氏、(うちの娘を嫁にもらってくれ!!3人いるからどれでもええ!!)だと。冗談だとしても互いに(お父さん!!)と呼ぶのは・・・・。
 
新聞には再開発頓挫!!と書かれたりもするが、ところがどっこい、現在なお新プランが進行中。100人中100人が気に入ってくれるのは不可能な話だが、前計画より遙かに進んだプランがお目見えするはず!!乞うご期待!

 ★ゲストコメント(2010年 8月27日放送分)

写真 左より 村上稔氏、住友達也氏
    


本日放送した選曲

M1: Can’t give you anything(But my lov
e) (熱帯Jazz楽団)
M2: I can’t give you anything but love(Louis Armstrong)
M3: 上を向いて歩こう(Mina Aoe)
M4: 上を向いて歩こう(Time Five)


▼林のコメント

 前週に引き続き、あわわ創立者、プランナーの住友達也氏、徳島市議会議員の
村上稔氏のお二人が登場。悪党み〜なは今週も検査入院とかでお休み。いくら悪党でも、入院とか聞くと、チョッピリ心配するのは世の常か!!迷わず成仏しろ!!とメールしてやったが・・・。
 
さて住友氏、叩けばいくらでも埃が出るらしい。市民活動家としての論客ぶりもおなじみだが、ある意味でのカリスマ的存在。徳島県内はもとより、いろんな地方でプランナーとして活躍。その成果は数知れず。ただ彼の名前が表に出てないだけでいわば影のフィクサー???某徳島大学病院やら某結婚式場、徳島ラーメンの名店等々。
 
アシスタントは恐怖の田岡批呂子姐さん。毎度のことながら暴走モードに突入。人の話は聞かず、勝手にしゃべくりまくり!!音声多重放送か!!番組はまったく進行せずに梅雨前線停滞モード。
 
村上氏は、新町橋LED作戦に8000万円!!というネタを持ってきてくれた。素人の林なんぞ、げげげ!!誰の懐にそんな大金が・・・許せん!!あたりの発想だが住友氏は平然と、アートには金がかかる!8000万円だして2億の価値にすれば安いもの!!だと。ただボロの制作者はダメだ!!と手厳しい表現。
 
林なんぞは明日の100円に関心を示すが、住友氏は将来の1億円てとこか。
斬新なアイディアはいったいどこからわき出てくるのか、勝手に想像させていただくが、おそらく徳島を思う気持ちが凡人の100倍くらいあるのでは!!!