過去放送分
ゲスト一覧
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2016年12月 2日放送分)

写真  左より京野壮一氏、スーパーウーマン目黒美和さん、鈴江仁氏



本日放送した選曲

1: It’s all right wirh me(Benny 
Golson Jazztet)
M2: Habanera(寺井尚子)
M3: Good morning heartache(Arnie Watts)
M4: Like someone in love(Nancy Wilson)


▼林のコメント

 お客様は東横INN 駅前・大工町 支配人の目黒美和さん、
お友達の京野壮一氏、鈴江仁氏の3人。東横INNでは(100万人のクラシックライブ)と銘打って、音楽を通じ人と人をつなげていく活動を展開している。3人とも、音楽には無縁、聴衆もクラシックにはまったく縁のない人たち、ただし、演奏するのは才能あふれる若手奏者たち・・・と微妙なバランスを保っているが、ライブ終了後、聴衆からは(よかった)(素晴らしかった)の賛辞の言葉はなく、口をそろえて(面白かった)だそうな。狭いロビーでやるため、30人も来れば満杯。昔の横丁演芸場の雰囲気。木戸銭は1000円。次回は12月11日(日)15時より東横INN徳島駅前で開催される。ただし満杯が予想されるため、希望者は088−657−1045で確認が必要かも。演奏者は関西から三宅恵(ヴァイオリン)、寺嶋千紘(ピアノ)のお二人が来徳。
 
男性2人は音楽が流れ、マイクOFFになると、がぜんしゃべりだし、ONになると目黒さんにバトンタッチ。彼女は支配人という仕事柄、テキパキと男性陣に指示を飛ばし、その様は主従関係?公然と(二人は私の家来!)とおっしゃる。(ライブの日は日曜日、私の休日、でも会社に来てただ働きするのよ!あはは!)と豪快に笑い飛ばす。貧弱な♂が近寄ろうものなら、ガブ!っと ひと咬みで蹴散らすようなイメージ。敵にしたら面倒だが、味方にすれば100万人力!?徳島の女性たちは、特に林の周りの女性たちは、パワー溢れるスーパーおばちゃんばかり。怖いもの見たさに、東横INNライブいかが?

 ★ゲストコメント(2016年12月 9日放送分)

写真  佐藤憲治氏



本日放送した選曲

M1: Satin doll(Ella Fitzgerald)
M2: Over the rainbow(Al Hirt)
M3: My one and only love(Sarah Baughan)
M4: Qiuet night(Blossom Dearie)


▼林のコメント

 阿波十郎兵衛屋敷事業課長、人形浄瑠璃振興会事務局長の佐藤憲治氏を
迎えての60分。佐藤氏は宴会の最中に自転車漕いで、ぶっ飛ばしてきたらしく、顔は真っ赤。林なら宴会優先!!番組なんぞ出ないのだが・・・どうしても林の番組に出なくてはいけない理由がそこにあった・・・・。12月24日18時より(阿波十郎兵衛屋敷のクリスマス)と銘打って、じょうるりセッション(賢者の贈り物)という人形劇が開催される。そこに林がトランペットで出演するという無謀な企画の首謀者であるから。(なんで 十郎兵衛とクリスマスなんだ?)という林の突っ込みに、佐藤氏は(まぁ、ええではないですか!ジャズトランペットと人形!かのマイルスだって画面みながら映画音楽・・死刑台のエレベーター??・・やったじゃないですかぁ)。
 
出演者は林以外みなさんプロ!人形は勘緑さん、ソプラノ歌手として井上ゆかりさん、語りは浅香寿穂氏。まぁ格的には一番下だからお気楽さん、でも主人公の心情を表現する演奏を求む!という難題。いつもは一杯ひっかけ(いてまえ!)なのだが、アルコールは本番が終わって、サニーサイドの練習場に逃げ帰ってから摂取という厳しい条件。(出来が悪かったら、来年は没で、出来がよかったら来年もどうぞ!あはは!)こらこら、勝手に決めるんじゃない!10月には生身の舞踊家(檜千尋)さんと共演し、センターでぶっ飛び、12月には人形かいな。まぁ呼ばれるうちが花!しおれかけの遅咲きのりんどうみたいに、頑張るっきゃないかと。乞うご期待!

 ★ゲストコメント(2016年12月16日放送分)

写真  前列 左より 濱田たけし君、大下はるかさん
     後列 左より 佐野正孝氏、鈴本たかよし君

本日放送した選曲

M1: Summer time(Ella&Louis)
M2: Here there and everwhere(David Beroit)
M3: Be careful、it’s my heart(The Four Freshmen)
M4: California Dreaming(Wes Montgomery)


▼林のコメント

 お客様は徳島大学学長補佐、大学支援機構理事長の佐野正孝氏、
学生さんでソーラーカープロジェクトの浜田たけし君、大下はるかさん、アニメサークルAIVO代表の鈴本たかよし君の4人。佐野氏は肩書をみると凄いお方!!実際凄いんだろうが、実は林の同級生。中学1年の時は同じクラス。彼はクラウドファンディング・・・(学生や研究者を支援する資金調達の仕組み)のサイトを立ち上げ、その理事長となり、研究、教育、社会貢献などなど地域の幅広い発展を目指す、林の友達の中では天然記念物的雲上人である。その彼が、おそらく友人の中では最下界にうごめく林の番組に出演してくれる、それも2回目!前回は超真面目的昆虫食研究者のコオロギを食する、またはコオロギパウダー開発のクラウドファンディングの教授を同伴。その超真面目さにスタジオでは汗、汗、汗。それは冷や汗とも称された。だが目標額を突破!今回はソーラーカーを制作し、鈴鹿サーキットに乗り込もうとする学生さんを同伴。金額が大きいだけにちと苦戦しそうな予感。少しでも興味のある方はOtsucle(おつくる)、と検索して状況を確認されてはいかが?ただの募金ではなく、プロジェクト成立後は、研究や活動に関する物品やサービスが実施される、前述の研究者からは食用(コオロギパウダー)が贈られたとか・・・。
 
最近はどこの大学でも、研究、開発の資金が乏しく、思うように進まないのが現状らしい。佐野氏はそこに目をつけ、なんとか学生さん、研究者を支援しようと考えたらしい。おおよそ林の友達の中では類をみない超できたお方である。2〜3ヶ月に1回くらいの割合で、林の番組にいろんな研究者を連れてきてくれるそうな。楽しみでもあり、???でもあるかも。いろんな世界のいろんな人達と接することができて、林的学習をしているのかもしれない。
 
いいことだ!!

 ★ゲストコメント(2016年12月23日放送分)

写真  徳島県議会議員 長尾哲見氏&哲見ガールズ(みきてぃ、鈴美さん)


本日放送した選曲

M1: The Christmas song(Nat King Cole)
M2: Lonely Christmas(寺井尚子)
M3: Amezing Grace(Nana Mouskouri)
M4: ほんじゃね!(Mitsuyoshi Azuma&Swinging  Boppers)


▼林のコメント

 お客様は徳島県議会議員 長尾哲見氏。セミレギュラーと
呼んでも不思議じゃないくらい、3ヶ月に一度の割合で出ていただいている。スタジオ内では、みなさん(てぇっけんさ〜〜〜ん)(てっけんさ〜〜ん)と呼ぶが、議員歴7期、26年の徳島県議会の重鎮を、そんなに気軽に扱っていいものか!!とためらいながら林も(てっけんさん、ビール飲む?)あと、みきてぃ、鈴美さんと2人の女性に花を添えていただき、今年最後の放送が始まった。哲見ガールズというには、ずいぶん薹(とう)が立っているが、なんとなく嬉しそうなてっけんさん!オープニングから話題はシモの話に急加速。山岳部出身のてっけんさんに、学生時代の冬山登山経験を聞くのが毎回のお約束になっているが、シモはシモでも、大小の排泄ブツの話。猛吹雪で、まつげも凍り付く極寒状態での作業を語っていただいた・・・。その話で60分突っ走りそうだったが、気を取り直し、普通の放送局並みに(今年の県議会を振り返って!)・・・林の番組では考えられない会話だが、(東京や都会では考えられない脱炭素社会条例が徳島県で決議されましたよ)と真顔に。いろんな要職を歴任し、いろんな顔を持ち、時には鉄槌を下し・・・、だがその根底には徳島のためにできることをコツコツやろうとする気概がみなぎっている。腹の黒い、底の浅い政治家は、有権者が見限るだろうが、会えばあうほど、話をすればするほど、魅力が増してくるのが(てっけんさん)の人徳か。来年もその活躍に期待することにしよう。
 
とここまで書いて・・、みなさま、今年もこのHPを読んでいただいてありがとうございました。文化・芸術関係には悲惨な1年でしたが、来年も一層悲惨な年になるかもしれませんが、希望を失わず、あきらめず、地道に動いていきたいと思います。懲りずにお付き合いよろしくお願いいたします。
 
2016年、おさらばぇ〜!!