過去放送分
ゲスト一覧
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2013年 2月 1日放送分)

写真  左よりゆえさん、おが姫さん



本日放送した選曲

M1: ホールインワン(東京スカパラダイスオーケストラ)
M2: カスバの女(Junko Sumi)
M3: Boogie Woogie(Count Basie)
M4: ウナセラディ東京(宮川組)



▼林のコメント

 オーシャンミュージックより、ゆえさん、おが姫さんのお二人を
お招きしての60分。オーシャンミュージックとは、音楽を中心にイベント、ライブに参加して、徳島を元気にするという目標に向かって日々活動しているミュージシャン、タレント、アイドルの集まりだそうな。お二人はアイドルの部類に属するらしい。ゆえさんは何度も出演していただいているが、林にいじられまくって、それでもくじけず、持ち前の明るさで居直ってるちょっぴり年季の入ったアイドル!!おが姫さんは・・最初の林のイメージは・・竹刀片手のセーラー服を着た北斗晶!!だったのが、お会いしてみると小柄でしとやかな女性・・・石野真子に似ている。緊張してるのか、か細い声が印象的。
 
2月10日の正午より駅前ポッポ街にてアイドル祭りなるものが開催される。そのトップを飾るのがゆえさん、おが姫さんは新曲をひっさげて3番目の出演。怖いモノ見たさの勇気のある人はぜひ!!なんて書くと完璧なセクハラになるので・・・年齢不詳の自称アイドル達の歌を聴きたい物好きはぜひ!!なんて書くとセクハラになるので・・・、時間に余裕のある方はぜひ!!
 
お二人を見ていると、一生懸命打ち込んでる!という気持ちが伝わってくる。おごらず、くじけず、あきらめず、世間体ばかり気にする小市民はその姿を見習うべきかもしれない。
 
歌ヘタ!とか年増だとか・・散々好き勝手言った林は、またもや猿にでもできる反省!!ごめんなさい、許されて!!

 ★ゲストコメント(2013年 2月 8日放送分)

写真  まだ新婚  和田支配人夫妻



本日放送した選曲

M1: Boo Hoo(Ray Anthony orch.)
M2: 第三の男(Anton Karas)
M3: St.Thomas(Sonny Rollins)



▼林のコメント

 神山温泉支配人 和田隆支配人とその新婚の奥様、
そして2/24に神山温泉で阿波弁落語を演じるへらこい亭すだちさんがお客様。前回出演された時は、奥様は別の姓だったような・・・、で、来週からハネムーン???和田支配人が林とほとんど年齢差がないから・・・、(犯罪やないかぁ!!)の林のひがみにもとれる絶叫から番組はスタート!!
 
今、徳島県で一番輝いている地域!それは神山町!ほんと読んで字の如く神の降臨する地域に、神か仙人みたいな凄い人がゴロゴロ!!NPOグリーンバレー理事長の大南さんしかり、和田支配人しかり。神山温泉!!という強力な武器に、達人の技が加わり、その企画力は全日本クラス!支配人という立場で、フットワークは軽いし、人を引きつける能力・企画・行動力!人の輪が広がり、またその企画に人が来る!休日は駐車場に入りきれない車が続出。疑問に思う人がいれば、一度(神山温泉)で、検索してみるといいかも。
 
その支配人がこれはいい!!の直感で電話したのが、阿波弁落語のへらこい亭一門。もちろん落語はプロではないが、それに近い芸の道を極めた達人揃い。黙って聞いていると、いつの間にやら引き込まれている自分に気づくこと請け合い。
 
2/24(日)!!環境もネタも申し分なし。一度足を延ばしてみてはいかが?徳島市内から30〜40分足らず!意外と近いことにお気づきになるはず。

 ★ゲストコメント(2013年 2月15日放送分)

写真  住友紀人氏、山本光春氏



本日放送した選曲

M1: The world is waiting for the 
sunride(Doc Cheatham&Nicholas Payton)
M2: Summer Time (Ella Fitzgerald&Louis Armstrong)
M3: You don’t know what love is (Tonny Bennett&Bill Evans)
M4: Unfoegettable (Natalie Cole&Nat King Cole)



▼林のコメント

 お客様は今や日本を代表する作曲家、いやウインドシンセ界では
世界一のプレーヤーである住友紀人氏、そして彼の友人で貴重なアドヴァイザーでもある山本光春氏のお二人。徳島ミュージシャンズフェスという企画の総合プロデュースを住友氏が担当し、彼の選んだプレーヤー、・・・それも世界レベルの・・・東京でも聴けないレベルのバンドがスペシャルバンドとして徳島で編成される。徳島の人達に自分達の音をぜひとも聴いていただきたい!!という住友氏ならではの発想。そのスペシャルバンドをベースに、豪華なフロント陣がこれでもか!というくらいの演奏を聴かせる。徳島では考えられない素晴らしい企画!!その超豪華な演奏を、小中高生は1,000円で聴ける。これは掟破りのスーパースペシャルライブ!!あ〜〜、それなのに、それなのに、主催者は非常にのんびりと・・・やっと焦ってきて・・チケット売れてません、どげんかせんといかん!!それはないでしょ!
 
一方相棒の山本氏、3/24開催の母子慕情の歌詞を担当し住友氏の音楽に花を添える。二人の信頼関係は阿吽の呼吸というか・・信頼し合ってる!という言葉が正しいのかもしれない。その山本氏が一言・・(林さん、スタジオに着てくるセーターがすべて違う、何着持ってんの?)だと。林は着るモノに完璧に無頓着。手に取ったものを順番に着て、配偶者の目の届くところに脱ぎ散らかす!その繰り返し。要は配偶者の手のひらの中で、放浪者気分になってる孫悟空か!!
 
サニーサイドは10/13に35周年記念リサイタルを開催する。ゲストは当然住友紀人氏。彼のおかげで今のサニーサイドがある!と言っても決して過言ではない。
 
徳島が生んだスーパースターがこんな身近にいる!!ということをもっと多くの徳島の人々に気づいて欲しい。その願いを込めて、林は力の限り住友紀人!!を応援する。輪が広がって欲しい!!

 ★ゲストコメント(2013年 2月22日放送分)

写真  左より 中村美弥子氏、やっくんこと林康仁氏、モトリーヌ嬢?



本日放送した選曲

M1: Careless love(Bunk Johnson’s New
 Orleans Band)
M2: The island of Carnival(Novie)
M3: Noto Swing(Spirit of Gypsy)
M4: 天才バカボン(矢堀孝一)



▼林のコメント

 (ヨミガエルデンセツノヨル) NIGHT CAP JAZZ SESSIONが
6年ぶりに復活する。その首謀者?の林康仁氏、中村美弥子氏、モトリーヌさんの3人を迎えての60分。まず林氏、どこから見ても、むさ苦しい!!その言葉がこれほど適切だと感じる男はいないだろう。なにか事が起きたら、お代官様に有無を言わさず引っ張っていかれる候補NO.1。でも素朴な人柄は、どことなく人を引きつける。 中村美弥子氏、一言でいえば肝っ玉姐さん??徳島ではなかなかお目にかかれないタイプ。優しさの中に1本ビシっと通った信念があり、決して自分が自分が・・・としゃしゃり出ることはない。が、若い人達を引きつける、俗にいう(いいオンナ!!)。これでどうでっしゃろ、美弥子さん?モトリ−ヌさん、毎晩酒?を求めて、徘徊してるそうな。首謀者を脇で支えるには非常に心強い存在。こんな美女が支えてくれるなら、林はShoot the moon!!
 
まさに美女二人に囲まれた野獣だが、三人に共通すること!それは目の輝き。三人ともええ目してまっせ。嘘をつかない目をしてるから、年寄りも若い連中も本能的に信頼して寄ってくる、その信頼の輪は広がっていく・・・。林も同じ林姓の林氏(ややこしいから やっくん!と呼ぶ)と一番最初に会った時から、同じ匂いを感じ、同じバカヤローと感じ、林の活動しているNPOを任せることができるのはこいつだ!!と勝手に決めている。まさに次世代のバカヤローのホープである。
 
その連中が企画したのが、3月19日(火) クレメントホテル18Fで開催されるNIGHT CAP JAZZ SESSIONである。出演者もなかなかの実力者を揃え、内容も多岐に渡って充実している。参加できることは、至福の時間を共有できること。採算は度外視、バカヤローでなければ、できない企画。徳島も捨てたもんじゃない。素敵なバカヤロー達に乾杯したくなる3月19日!乞うご期待!詳しくは088−656−0131 シンデレラまで