過去放送分
ゲスト一覧
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2015年 9月 4日放送分)

写真  徳島県議会議員 長尾哲見氏



本日放送した選曲

M1: The long and winding road(George
 Benson)
M2: 空に星があるかぎり(Time Five)
M3: Blue moon(Mel Tome)
M4: Catch as catch can(The sunnyside jazz orch.)


▼林のコメント

 お客様は徳島県議会議員 長尾哲見氏。前回の出演が好評につき、
再登場願った。といっても前回が5月だから4ヶ月ぶり。現在7期目、議員になって25年。県議会の最長老格。仕えた知事も4人。
 
ということで、議会裏事情を語っていただいた。(印象に残っている議員は?)(根性の座った役人は?)等々ありきたりな質問から、(バカな議員を述べよ)(アホ役人は?)と段々質問はエスカレート。しかし、さすがは歴戦の強者、きつけ薬かわりのバーボンストレートを勧めるが、グイと飲む割には、言葉は滑らない。かえって林の無礼千万な発言がやたら耳立つ。一昔前なら、引き回しのうえ獄門打ち首か。どこまでも懐の深いお方だ。
 
ということで、放送終了後、前回同様Goto’s Barへ。ここでもバーボンロックをグイグイ。林もグイグイ。林の会話は、ため口的・挑発的・と相変わらず。しかし長尾氏、いや呼び名は既に(てっけんさ〜ん)・・・は終始笑みを絶やさず、敬語を使う。さすが25年もやっていると器もでかくなるのか、いや、元々ガタイ共々でかいのか。
 
前回は、夜中に奥方様からの電話で、それこそピュ〜〜〜〜ン!と音が出るくらいのスピードで飛んで帰ったてっけんさんだが、(今夜は家内に言ってあります)とすました顔。酒も強いわ。
 
ということで、今年中に、再々登場願って議会の裏の裏の裏事情を語っていただこう。テーマはう〜〜ん、(県議会の長老妖怪議員の独り言)!やっぱ打ち首になりそう。

 ★ゲストコメント(2015年 9月11日放送分)

写真  前列左より イェイ青木氏、奥様のかよこさん、鎌田正樹氏
     
後列左より な〜みさん、がむしゃらボーイ


本日放送した選曲

M1: Red Dragonfly(Kim Nazarian)
M2: Lover come back to me(美空ひばり)
M3: わくわくの扉(カマンベール)
M4: Baby won’t you please come home(Ray Charles)


▼林のコメント

 お客様はカマンベール(鎌田正樹氏、イエィ青木氏、青木かよこさん)の
3人と、がむしゃらボーイさん、な〜みさんの合計5人。カマンベールは2011年某NHKの(熱血親父バトル)バンドコンテストでなんと日本一に輝いた超凄いバンド。がむしゃらボーイさんが主催する(飛びっきりライブ)によく出演する関係で番組初登場となった。
 
リーダーの鎌田氏は鴨島の駅前活性化のリーダーとして、(まちかどコンサート)等々を仕掛ける、林言葉でいう素晴らしきバカヤロー!林よりかなり年上と感じたが、話を聞くと、なんと、なんと、なんと同級生!!林が城東、鎌田氏が城北。共通の友人も多い。一度お会いして話をしたかったのが、最初はお互い敬語だったのが・・・、途中からタメ口に。さすが地方のリーダー、不器用な振る舞いを見せながら、ちゃんとツボは心得た発言。おまけに日本一になった曲(わくわくの扉)を生演奏で披露してくれた。そのギター演奏でも、不器用に見えて、実はきちんと練習していて、当たり前に凄かったりする。
 
青木夫妻は、鎌田氏の主催する鴨島駅前まちかどコンサートで知り合い結婚。いわば、むさ苦しい鎌田氏が愛のキューピット!だとか。奥様の歌も素朴でいい感じ。いい感性してる。呼ばれると、時間の許す範囲で、気安く演奏してくれる。そこがまたカマンベールのカマンベールらしさか。もちろん周りは日本一と騒ぐが、本人達はドコ吹く風?って感じで、まったく鼻も高くもない。この親父バンド・・・いやいや、まったくファンになりそう!!

 ★ゲストコメント(2015年 9月18日放送分)

写真  左より 浜田よしこさん、中島みかさん、奥村まきさん



本日放送した選曲

M1: Days of wine and roses(MaCoy 
Tyner)
M2: Callin’ all cats(Lou Donaldson)
M3: Get happy(Hideo Masuda)
M4: Bridge over troubled water(Eric Miyashiro)


▼林のコメント

 クラリネット奏者の浜田よしこさん、パーカッション奏者の中島みかさん、
スチールパン奏者の奥村まきさんの3人をお迎えしての60分。気がつけば、♂は林だけ・・・、ハーレムじゃ!なんて感覚はまったくなく、おっさん3人を相手にしてるような雰囲気。もちろん言いたい放題。それも、秋田町の音楽界の3婆候補の3人!等々怖いモノ無し発言。
 
どなたが最年長か!と問えば、浜田さんだった。最初の頃に比べれば、秋田町界隈の音楽人達に揉まれて、ずいぶん精神的に図太くなったような・・、いやいや本来そうだったか。狭い範囲でうごめく音楽人達の長短所を、実によくとらえていて話をしていて爽快・・・もちろん色気なんぞ微塵も感じなかったが。酒もガンガン飲んで、いやはや♀は外見だけで、中身は完璧におっさん。
 
中島さんも、奥村さんも番組出演は複数回有り!ということで緊張のカケラもなし。特に中島さんは、前々回、放送中にガソリン大量補給のため、パッパラパーになった経験を持つだけに幾分慎重な動き。奥村さんはアメリカに4年いた割には、ずいぶん謙虚。お姐さま方にちっとは遠慮か。
 
これからの徳島の音楽界を背負っていくには、3人ともまだまだ若すぎるが、また音楽関係・人間関係等いろんな壁に当たり悩みも抱えるだろうが、なかなかのチームワーク有り!と感じた。誰かが、悩み、くじけかけたら必ず手を差し伸べるだろうと思った。これって一番大事なことかも。これからの活動に注視してみたい。

 ★ゲストコメント(2015年 9月25日放送分)

写真  左より通称(イタチ)こと高瀬綾香さん、甲斐千尋さん、森本夏未さん



本日放送した選曲

M1: Suzie Q(Lew Soloff&Company)
M2: Teen town(Wheather report)
M3: Softly as a morning sunrise(Jim Hall&Ron Carter)
M4: My funny Valentine(Anita O’Day)


▼林のコメント

 前月出演の(ハル)の3人娘に再登場願った60分。
林の若い女性恐怖症?を克服するため、林が若い女性の前でも喋ることができるよう仕組まれた60分?
 
ボーカルの森本夏未さん、ベースの高瀬綾香さん、三味線?の甲斐千尋さんの若い20代前半のピチギャルトリオ?・・古い言葉?本来は、この3人娘がラジオ番組担当できるよう、一番自由奔放で濃い林の番組で、度胸試しに仕組まれたプログラム!前月の出演時は、脂汗かきながら、自分の名前さえかんでしまう失態を演じた林だが、今回は名前は言えた。だが、やはり脂汗・・・話題がないのだ。ジェネレーションギャップというか、たとえばCCRなら(Creadence Clearwater Revival)、BSTなら(Blood Sweat&Tears)となるところを・・・BSTを狂牛病?と言われたら次の言葉がでてこない。
 
窮地を察したディレクターK氏、前回は自衛隊みやげの爆弾クッキーなるものを番組中に食させてくれた。当時は最初に甲斐さんが、次に高瀬さんが大当たり。強烈に辛かったらしい。今回は自衛隊名物オリジナル饅頭(撃)。ほんと、どこで仕入れてくるのやら・・・、ディレクターも含め、全員でエイヤ〜〜と口に放り込む。が、反応なし。今度は残った饅頭を全員で分け、エイヤ〜!!誰も反応なし。待て、待て、待て。よ〜〜く見るとただの自衛隊みやげの饅頭(撃)だった。まぎらわしい!!2個も喰った林は糖尿病なんですけど・・・。
 
俄然元気が出てきた林、3人娘に男の好みやら質問を開始。だがその時すでに終了数分前。エンディング曲も出せず、M4の途中で番組は終わってしまった。生放送ではよ〜〜くあること。ついに林は目覚めたのか!!すでに遅しか!!どうなる林!