過去放送分
ゲスト一覧
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2019年 7月 5日放送分)

写真  左より 徳島ペンクラブ会長 丁山俊彦氏  徳島現代詩協会会長 山本秦生氏


本日放送した選曲

M1: It don't mean a thing(Stan Getz)
M2: Sound of music(Haward Mcghee)
M3: Maxine(鱧人)
M4: Wave(Antonio C Jobin)


▼林のコメント

 お客様は徳島ペンクラブ会長 丁山俊彦氏、そして
徳島現代詩協会会長 山本秦生氏のお二人。林の番組にしては珍しく硬派的60分。というのも徳島の生んだ詩人 野上彰の(前奏曲)という本を徳島ペンクラブ、徳島現代詩協会が出版したもので、野上彰という人物をより聴視者に知っていただくために出演いただいた。もちろんいつもの林の下品さはなく、文学者としての????林郁夫の立場でモノを言わせていただいた(嘘)。偉大な詩人 野上彰は(オリンピック賛歌)やデュランの(風に吹かれて)の訳詞を手掛け、(落葉松)・・らくようまつと読んだ林に(からまつ)ですと優しく教えていただいた山本氏に感謝!(銀座の雀・・森繁久彌)などの作詞、また川端康成、サトウハチロー、草野心平、谷川俊太郎など各界の著名人との交友も有名である。(前奏曲)という本を読ませていただくと、どのページを開けても、あたかもそこが綴じ目のような・・折り目をつけなくともそのまま読める・・親切なつくりで、また分厚い表紙には、カバーを外すとそこにCDが組み込まれている!!という凝った本となっている。中身も、さすが詩人!!と思わせるが、でも誰にでも理解できる男の女の世界が、直接的ではなく、デリケートなオブラートに包まれたが如く、描かれている。アシスタントのバズーカ敦子いわく(林さんも、ズケズケいわずに、こんなにソフトに表現できたら女性にモテるのに)だと。世の中年男性のみなさま、試しに読んでみては??2400円と少々根が張るが、オリンピック賛歌をはじめとする24曲も収録されている。左右社というところから発行されているので、検索してみてはいかが?ペンクラブ、現代詩とおおよそ下品な林には縁がないと思っていたが、丁山氏、山本氏ともにソフトに包み込むような話し方で、ひそかにファンになってしまった。明日から創作活動開始しようかな!!

 ★ゲストコメント(2019年 7月12日放送分)

写真  アロハが似合う?医学博士 西条良香氏


本日放送した選曲

M1: Blues Backstage(Count Basie orch)
M2: Chicken(中村梅雀)
M3: S.T.F.(RX)
M4: ミ・アモーレ(松岡直也)


▼林のコメント

 お客様は医学博士の西条良香氏。専門は内科と産婦人科である。
(よしか)と聞いて、産婦人科と聞くとまずは女医さん!!が浮かぶ。が、目の前には、昨日出所したばかり??アロハシャツを着た、どう見てもそのスジの御仁が・・・、おそらくゴリラの毛を剃ったら、中から出てくるのはこんなモン?かと間違えるほどの強面が・・・。でも声を出したら(クロ)ちゃんまではいかないが、なかなか可愛い、愛嬌のあるお声の持ち主。ここまで書くと、それは書き過ぎだ!!とおしかりを被るかも・・・、だが本人はいかにもそれを楽しんでいるかのごとくルンルン。写真を見ていただければ納得!!どこかの病院で、患者さんが診療室に入ってきた途端、ご尊顔を拝して、回れ右して逃げて帰られたという逸話をお持ちだとか。fbでも超人気者で、何かの写真が載ると、数十のコメントが瞬時に寄せられる。試しに(西条良香・医者)で検索してみたら?現在極真空手道場で、修業中!!極真の師範と並んで歩いたら、秋田町でもみなさん道を開けてくれること間違いなし!!私生活でも人気者だが、病院から引く手あまたで、現在7つの病院を掛け持ちしているとか。放送が終わっても、宿直があるとかで、ダッシュで帰っていったが、それって警備かなんかの仕事?放送やってても、頭の回転、切れは抜群で、再びゲストにお招きすることが決定!!次回出演は未定だが、爆笑シリーズとして乞うご期待!!

 ★ゲストコメント(2019年 7月19日放送分)

写真  (くるお)こと 林茂樹氏


本日放送した選曲

M1: Memories of you(Clifford Brown)
M2: My one and only love(Sarah Vaughan)
M3: It's a sin to tell a lie(中村義英+朝倉和子)
M4: I remember Clifford(Art Farmer)


▼林のコメント

 お客様は、林いくおの相棒、くるおこと林茂樹氏。兄弟でも親戚でもないが、特にお世話になってる兄貴分。人のよさは天下一品!口の悪い(いくお)とは正反対の上品さを備えた1級建築士である。先週逝ってしまったJazz Cabin88のマスター 中村義英氏との思い出を語っていただいた。と言っても、悲しみをこらえて!というのは中村氏が許すはずがない。ということで、30年来のお付き合いの中から、失敗談やら、失敗談やら失敗談!!笑いのオンパレードで明るく振り返っていただいた。M3のライブ音源は、元徳島、現新潟在住のS氏が録音したもの。いくおくるおの罵声もこれでもか!と入っている。S氏は、新潟から車を飛ばして9時間。中村氏の告別式に駆け付けた。焼香を済ませると、(帰るわ、お元気で!!)とニコっと笑ってまた9時間の道のりを帰っていった。それだけかい!!彼を筆頭にJazz Cabin88の常連は、妙に変(熱い!)なのが多かった。もちろんいくおくるおも、その変なのに属していたが・・、だいたいがJazzプレーヤーである。さて憩いの場のJazz Cabinを失った我々(変)族、店に集うというより、中村氏を慕って集まっていた感が強い。秋田町に行く理由がなくなった、かまってくれる店がなくなったなどなど喪失感でいっぱいだが、そういうのは世の常、中村氏の写真を肴に、一献傾けることにしよう!

 ★ゲストコメント(2019年 7月26日放送分)

写真  左より平井成子さん、アリエフ君、大寺博氏


本日放送した選曲

M1: Polovtsian Dance(Makiyo Sakai)
M2: Aqua De Beber(Wanda Sa)
M3: My one and only love(John Coltrane&Johnny Hartman)
M4: Once I loved(渡辺貞夫)


▼林のコメント

 お客様は、Jazz Cabin88のオーナー 大寺博氏、友人の平井成子さん、そしてインドネシアからアリエフ君の3人。アシスタントのバズーカ敦子は、ノルウェー徘徊中のため、前週に引き続き、山下照代さんがアシスタントに来てくれた、と思ったらぴぃさんも来た。ここらの♀達の連携は・・・ようわからん。大寺氏は、ネタ切れになると、引っ張り出されるので、慣れたもの。ついでにアリエフ君も連行されるもので、彼も慣れたもの。彼は結婚して、新居をインドネシアに建設中。出産を控えた奥様に会いに、月に3週間は帰国するとか。順風満帆そのもの!さて、初登場の平井成子さん、ごく普通の奥様と思いきや、もちろん現在は那賀郡のほうに住まわれているが・・・、若いころはなんと秘境ツアーの添乗員だったそうな。北イエメン、シリア、ヨルダンなどの国名がポンポン出てくる。北極犬ソリツアーとかを企画している会社で働いていたから、当たり前といえば当たり前?会社の出張所もカトマンズにあるとか・・・。現在紛争中の国も含め、命に関わる危険な目にも遭遇したとか・・・。コレラが蔓延している地域をバスで通過したり(もちろんトイレ休憩はカットだとか)、コップに1滴でも現地の水滴がついていたら、日本人は下痢するらしく、ホテルに入ると、まず厨房に入り、持参したパックの米を食事に出すように手配するとか、新鮮な話題がどっさり!!アリエフ君も参戦し、最後はインドネシアに彼の新居を訪ね、ついでに、コモドドラゴンを見にいこう!!という結論に達した。いろんな人の話が聞けて・・・・、やっててよかった、この番組!!