過去放送分
ゲスト一覧
2016年 7
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(7月02日出演分)
ゲスト 左から山田様(籠や太郎 大将)、諸藤様、上野様、馬場様(芳水酒造社長)です。上野さんと諸藤さんは籠や太郎の常連さんです。
▼上野雅志さんのコメント
 『初めてラジオに参加ということで、すごく緊張しちゃいました。でも、いつしか目の前の芳水のお酒を夢中で呑んで、合間に寿司をパクッと……本当に幸せな気分になりました♪…あれっ?!ラジオは?っていう感じで、何しに来てるんだと言われそうな始末』

▼諸藤慎士さんのコメント
 ラジオの現場を見せてもらえるなんて、貴重な体験でした。ラジオに出演する人の話のうまさには舌を巻きました。その上、芳水の社長や、籠や太郎のご主人の日本酒に対する姿勢や考えが心に残りました。私も自分なりの考えを持った酒飲みになりたいものです。私にはとても有意義な一時間でありました。ありがとうございます。

▼林のコメント
 芳水酒造社長の馬場さん、かごや町のうまいもの処(籠や太郎)の大将 山田さん、それに籠や太郎の常連さんの上野さん、諸藤さんをお迎えしてゆっくりスタート!机の上には芳水酒造ご自慢の山廃仕込特別純米酒、山田錦。籠や太郎自慢の鯖棒寿司。ミ〜ナの目はそれに釘付け。これも放送のネタとばかりにご相伴に預かりました。一口飲むと至福の陶酔!!つい2杯、3杯とおかわり。ミ〜ナ曰く(久しぶりに林の幸せそうな顔を見た!)だって。結局放送後も籠や太郎さんにお邪魔虫。山田さん、馬場さんの3人で心ゆくまで(腹タポタポまで)日本酒を堪能!やっぱ私って酒飲みなのね!

▼大塚ミーナのコメント
 いやぁ、籠や太郎さんの鯖寿司は絶品だったわ。メチャ美味しかったです。酢めしはほどよい甘さがあり、鯖はしっかり身が厚く、柚子の香りがよく合っていて口にほうばったときの満足感といったら…。また芳水とこの鯖がよく合うのよぅ。残念ながら私は車で来てるから芳水はいただけなかったんだけどね。 吉野川はその昔、芳野と書いて、その芳野の水から作られたから芳水と命名されたとか。勉強になりました。

 ★ゲストコメント(7月09日出演分)
ゲスト 左上の写真の左から西条良香氏(産婦人科医師)、森めぐみ氏(助産士)、滝川稚也氏(産婦人科医師)となっております。ご出演ありがとうございました。
滝川稚也氏(産婦人科医師)
西条良香氏(産婦人科医師)森めぐみ氏(助産士)
▼逓信病院産婦人科医師 滝川稚也

 お世話になりました。学会など人の顔を見て、反応を見ながらお話しする事にはなれていました。しかし、今回のようにラジオでパーソナリティーの方とお話しする内容が皆さんに聴かれている、これは初体験なのではじめは緊張してしまい1時間どうなることかと思いました。
 
そこはさすがプロ、林さんと大塚さんの軽妙なトークに、打ち合わせもしていませんが西條先生の十分なボケもあり放送時間はあっという間に過ぎてしまい楽しいひとときが過ごせました。ありがとうございました。
 
全ての女性にとって産婦人科は不安が満ちた診療科だと思います。しかし今回の放送を聴いてみていろんな女性専門医がいること、親身に相談に乗ってくれる助産師さんが居ることが解って頂けたと思います。最近は私の勤務先のように女性の女性専門医が常勤している等の情報もオープンにしている所があります。不安を先立たせ受診しないのではなく、まず相談に来てみてはいかがでしょうか?そして話しやすい女性専門医を探してみてはいかがでしょうか?一度受診してみると産婦人科もそれほど敷居が高くないことが解ると思います。女性の肉体的な部分の病気だけでなく精神的な部分のサポートも行っております。御気軽にお近くの女性専門医にご相談ください。

 
全編、いい人モードでお送りしました。実物はどんな人なのか?それは来てのお楽しみです。

▼さいじょう産婦人科 西條良香

 根がデリケートなので、マイクが目の前にあるのは凄く緊張しました。唾を飲み込む音も聞こえるんじゃないかなと心配でした。でもそんなナイーブな僕の心を解きほぐしてくれるような林さんのツッコミ(直ぐに僕の髪の話に持っていく!)と大塚さんの前足・・・いや、二の腕のたくましさ・・・いや、美しさに、とてもリラックス出来ました。もし機会があればまた出演させて頂きたいです。え?ギャラ?ビールでいいですよd(>_< )Good!!

▼助産士 森めぐみ

 先週の金曜日はありがとうございました。前回出演させて頂いたときと同様、楽しく一時間が過ぎました。母乳育児はごく自然のことであり、赤ちゃんにとっての権利でもあります。「母乳って大変そう」とか、「母乳はなかなか出るものじゃない」など不安が先走る方も少なくありません。でも、泣くことしか出来ない赤ちゃんはお母さんの母乳以外に飲みたいものなんてないのです。栄養だけでなく、しっかりと抱きかかえられ、スキンシップを図りたいと思って泣いているのです。
 
ただただ、赤ちゃんとお母さんに優しい母乳育児を応援したくて、日々勉強とケアを行っている毎日です。思い返せば、しゃべり足りないことがどんどん浮かんで来ます(~_~)第2弾も企画してくださいっ!!

▼林のコメント

 滝川さんは知的に、西条さんは野性的に、森さんは優しく包み込むような感じで(お三方ともよく言えばの話ですが)番組は進行していきました。唯一の出産経験者であるミ〜ナのつっこみが激しく、あたかも産婦人科の診療室からの中継?みたいな展開に林は牛の出産立ち会い経験で対抗。ミ〜ナはあと何人産むつもり?話題が話題だけにできるだけシモに落とさないようにとの警告有り!放送終了後医師お二人との会話(見るのと見せられるのとの違い!)う〜ん、妙に納得!

 ★ゲストコメント(7月16日出演分)

一段目左から土橋加奈子さん(大塚国際美術館スタッフ)武知直輝さん(大塚国際美術館スタッフ)
喜井智子さん(大塚国際美術館スタッフ)富澤京子さん(大塚国際美術館スタッフ)

二段目の写真が かねふく質店 若大将 福永稔啓さん


三段目の写真が出演者一同の写真です。


左が土橋加奈子さん(大塚国際美術館スタッフ) 右が武知直輝さん(大塚国際美術館スタッフ)左が喜井智子さん(大塚国際美術館スタッフ)  右が富澤京子さん(大塚国際美術館スタッフ)
かねふく質店 若大将 福永稔啓さん
▼喜井様のコメント

 「サニーサイド・オブ・ザ・ストリートで、大塚国際美術館スタッフの記念すべきラジオデビュー!おかげさまで17日はたくさんのお客様にご来館いただき、星またたく夏の夜空の下、素敵なサンセット・ジャズ・ライブとなりました。林さん、ミーナさん、本当にありがとうございました」

▼土橋様のコメント

 「"サニーサイドと同い年!”と公共の電波で年齢を暴露してしまい、後悔してます・・・。しかし、サニーサイドのようにビッグになれるように、頑張ります!!17日のサンセットジャズライブは最高でした☆心配していたお天気も見事に晴れ。たくさんのお客様にも来館していただきました。それも、これも林さんとミーナさんのお蔭です。本当にありがとうございました!!」

▼富澤様のコメント

 「林さんとミーナさんとのたのしい1時間。お招きいただきましてありがとうございました。17日は夕暮れのもと、サニーサイドの素敵な演奏と共に、夜間開館第一夜幕開け!!たくさんのお客様がビール片手に庭園でサニーサイドの演奏を楽しむ、普段とは違う美術館の風景に私自身もわくわくしました。今後ともよろしくお願いいたします。」

▼武知様のコメント

 「ひょっとしたら出演の部分だけで終わるかな?と気楽に考えていたら、濃厚な1時間を味わう事ができました。林さんとミーナさんの奏でるハーモニーは正に“絶妙!!”打ち合わせ無しで進行する番組が9年続いているのも納得でした。本当に楽しかったです(色々な意味で)。調子にのって毎回出演したいなんて思ってしまいました。テレビっ子がラジオっ子になりそうです(高校3年以来に・・・。)本当にありがとうございました&これからもよろしくお願いいたします。」

▼林のコメント

 17日に大塚国際美術館で開催されるサンセットジャズライブの広報のためにお若いスタッフが4人来てくれました。自分のバンドが出演するもので力が入りすぎまたいつもの如く脱線、脱線。えっ!土橋さんが25歳!富澤さんはうちの親父の里の隣の谷島!ミ〜ナは相変わらず食い物の話題!みなさん育ちがいいせいかミ〜ナと林の下品さが目立った1時間でした。でも若い彼等が一生懸命何かをやろうとしてるのを見ると(親父、がんばっちゃう!)と奮起せざるを得ないですよね〜!

 
もう一人かねふく質店の若大将 福永氏は18日にボードウォークで開催されるTOKUSHIMA HOCKSHOP FESTIVAL(林が勝手に銘々しました)の宣伝に。質屋さんが合同で店を出す企画なのですが、これもいいこと!お互い足の引っ張り合いは止めて共存共栄ですよね。それパクリ!うちの金物業界でも挑戦してみる価値ありますなあ!

 ★ゲストコメント(7月23日出演分)

左から林さん、中岸利彦さん、大塚ミーナさん
です。

▼中岸利彦様のコメント

 
出演の際はかなり緊張してましたが、アリシアちゃんが居たおかげで多少緊張もほぐれて助かりました。ここ最近の放送を聞いている感じではピンク色な話題になるかと思いきや、そうでもなかったのですね(アリシアちゃんのおかげですかね。。。)今回で2回目の放送参加でしたが、相変わらず放送中もそうですが、放送中以外のお二人のトークは面白いですね。今後ともちょこちょこスタジオの方に行かせて頂きます。番組中、そしてその後も何かとお世話になりありがとうございました。

▼林のコメント

 このホームページ生みの親、中岸利彦氏登場。ミ〜ナは子連れでスタジオに。なにやら不吉な予感。ミ〜ナの娘アリシアちゃんは人見知りのプロ!林の顔を見れば泣く!そこで目の前にお菓子を!苦労の末餌付けに成功!が番組中マイクに向かってバリバリ、ボリボリと喰ってる音が。そうなると林の焦りは極点に。ミ〜ナは平然!中岸氏との会話もままならず気がつけば番組終了。 なにやってんだか訳わからず、完璧に聴視者無視(いつもかも)。あの1時間はアリシアの子守の時間だったのか?中岸さま、ごめんなさい!!!

▼大塚ミーナのコメント

 いやぁ、中岸君、昨夜はアリガトウ!サッコちゃんが同席じゃなかったのは残念。サッコちゃん、前にいただいた手作りの林檎ジャム、美味しかったです。アリシア用にカレーを作るとき隠し味にジャムを入れるの、私。マンゴーとかアプリコットとかがなかなかいけるんだよ。林檎ジャムも入れてみたら、やっぱり美味しかった。もうないです(^-^)
 
昨夜は、愛娘アリシアも一緒でした。林は泣かれまい、とせっせとアリシアに豆をくれました。鳩じゃないんだからっつうに。しかし喜んで食べていた…。林もあれでもありったけのサービス精神出してんのよ、アリシアに。子供は正直。少し前まで悪党顔の林を見ると大泣きしてたから。恐いのよぅ、林の顔が。無理もないわね。ご飯ご馳走してもらった?丸二寿司?あいつにしてははりこんだよ。

 
7/10ゲストの西条良香君は佐古小1.2年同じクラスだった。城北高もクラスは違うが同じだったような気がする・昔から優しい男の子でした。

 ★ゲストコメント(7月30日出演分)

後列左より にゃんこそば氏、まゆげ犬氏、さんきらい氏


▼徳島カフェ&ギャラリーめぐり▼

▼まゆげ犬様のコメント

 
あっ!という間の1時間でした。思ったより緊張しなかったなー。まあ、私に「人見知り」と言う言葉はないし(笑)本当に、泡ありの麦茶で受けました!お二人の”二人の世界的”トークに、もっとツッコめばよかったと反省?あまりの仲のよさに、入っていけなかったのが本当のところ?これからも、トクシマのおもしろい所を、私らなりの視点で発掘していきたいと思います。な〜んて、自分が楽しめるのが一番だけど(^O^)

▼にゃんこそば様のコメント

 緊張しながらハッと気付くともう40分が過ぎておりました。林さまとミーナさまの軽妙で鉄壁なトークを目の前にすると時間を忘れてしまいます。徳島は喫茶店も人口の割に多いほう(四国では1番)で珈琲消費の金額支出はコンスタントにトップ10(都道府県別)に入っています。またカフェとギャラリー密接な関係にあって、アートや音楽や創作なども発信されていたり。いやー結構徳島っていいカフェ文化、アートシーンに恵まれているのでは?!ますますいいところを発見&応援していけたらいいなと思っております。

▼さんきらい様のコメント

 サニー&ミーナ・ワールドへ緊張しつつの訪問でしたけど、お二人のトークと泡茶でほんのり心地よく、ゲストでお邪魔してたはずなのにリスナー状態になってた気がします^^;
ほんと楽しかったですよ〜v ありがとうございました。これからもメンバー3人と徳島をめぐりめぐって、自分たちも楽しみつつ、カフェギャラ的な徳島を発掘していきたいと思ってます。サニーさま・ミーナさま、またHPへお越しくださいませネ。おまちしてます。

▼林のコメント

 今オーストラリア大陸を歩いて縦断してる(歩き人fumi)のホームページより台風時に林が飛ばされていったのが縁でのご出演。掲示板でのやりとりで出演依頼したものの年齢、性別不明のまま本番30分前に初対面。その名もにゃんこそば、まゆげ犬、さんきらいのお三方。なんのこっちゃ!と名前の由来を聞くと(う〜〜ん、なるほど!)とわかったか、わかってないか半々のミ〜ナと林。でも今年の3月に立ち上げたホームページは素晴らしいの一言!ヤフーで(徳島カフェ&ギャラリーめぐり)を検索すると登場。一見の価値あり!林もその中の(木の物語)って店で(納豆ピラフ)注文、う〜ん、でりしゃす。放送後いつものごとく秋田町散策。またゲストを深夜まで引きずり回してしまった。にゃんこそば氏轟沈寸前だったけど だいじょうV?

▼大塚ミーナのコメント

 いさんきらい様、眉毛犬様、にゃんこそば様、お三方は私初めてお会いしたとは思えない位親近感がわきましたわ。納豆ピラフ、今度食べに行きます!アリシアは大の納豆好きなんです。食べ過ぎた時なんか原型をとどめたままうんちにでてることもあるほど・よ。いつもうんちスル時は、ひっそり隠れてするんだけどね、昨日もひそんでるなーと思ったら案の定うんち。すると「困ったなぁ、困ったなぁ。」と。うんち=困るなのよ。可愛い…。はやしへ。ラスベガスに行きたいねえ。