過去放送分
ゲスト一覧
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2015年 7月 3日放送分)

写真  前列 鳴門文化会館館長 吉田武司氏
     後列 左よりキャンバスボーイ 清水君、  山本製麺 たこすけ


本日放送した選曲

M1: Charade(東京キューバンボーイズ&シャープス&フラッツ)
M2: Gardenia(Carlos Santana)
M3: Michelle(Ramsey Lewis)
M4: White Christmas(Kei Kobayashi)


▼林のコメント

 開局19年目に突入のFMびざん。林の放送もちょうど19年前の
7/3に始まった。よほど暇なのか、悪運が強いというのか!まだまだ現役で、生放送やってるのが、なんとなく不思議!相変わらず、公共の電波を私物化し、世間様のひんしゅくを買いながらも、贅沢な遊びを堪能している!ってのが本音かも。
 
記念すべき19年目のお客様は、鳴門市民会館 館長の吉田武司氏。お堅い役所人間かと思いきや・・・なんと所属はよしもとクリエイティブ・エージェンシー。4年ほど明石家さんまのマネージャーもやったという筋金入り。芸人の徳島在住の(たこすけ)(キャンバスボーイ清水君)を伴っての登場。挨拶して10秒後には、(たこすけ)とボケ・ツッコミ漫談が開始された。その迫力に(キャンバスボーイ清水君)は3歩下がって遠巻きに!
 
還暦の吉田氏、今までの経験を糧として、鳴門を全国区にしようと企んでいるそうな。そのためには、邪魔になるお代官様と一戦を交えるのもいとわない・・さすがよしもとの元敏腕マネージャー。趣味がお代官様との喧嘩!という林にとっては我意を得たりのお客様。頼もしい存在と知り合いになったものだ。そう、すべては市民のため!!!それが一番。
 
吉田氏は(たこすけ)の実家・・鳴門 山本製麺のうどんがまずい!と生放送中に大激白する。そのかわり、働いている妹さんは一見の価値があるから店に行ったらおもろい!とよしもと的宣伝方法でPR。どつかれっぱなしの(たこすけ)は喘ぎながらも、わずかに反論しようとするが倍返しでチョン!でもそこには、吉田氏独特の芸人に対する愛情が感じられた。さすが、よしもと!けなしながらも、発言させて、印象を与え、もひとつ落として記憶に留めさせる。よしもと!って凄いわ。
 
おまけながら、林の姪もよしもとのマネージャーやっておりますねんのねん。宮川大介のジャーマネ 岸まりこでございます。以後お見知りおきを!チョ〜〜ン!

 ★ゲストコメント(2015年 7月10日放送分)

写真  左より 森としゆき氏、 垣内かずお氏



本日放送した選曲

M1: Mother Sea(Kim Nazarian)
M2: What so ever you do(住友紀人)
M3: Fantasy(Maynard Ferguson orch.)
M4: The story of a starry 
night(Glenn Miller orch.)


▼林のコメント

 7/19(日)に海陽町で開催される まぜのおか(夏音祭)より、
森としゆき氏、垣内かずお氏のお二人に来ていただいた。お二人ともまぜのおかオートキャンプ場の職員さん。森氏は昨年よりスタジオ登場し夏音祭をPR、垣内氏は6月にFMびざん新登場でゼッコーチョー大暴れしたお方。2日前に50歳を迎えたとかで・・・、相変わらずゼッコーチョー宣言!二人は、なんとなく凸と凹的な迷コンビかもしれない。
 
夏音祭とは・・、海陽町まぜのおかオートキャンプ場に、超本格的なステージをぶっ建て、徳島の生んだ天才 住友紀人を中心とするプロ軍団+ヴォーカリストの植松陽介、Maki Miyamoto、2部からはサニーサイドも加わり、海陽町の夜空をJazz色に染めようという企画。もちろん芝生広場には、子供達が遊べるよう、さまざまな催しが開催される。地元バンドやら、ご当地アイドルコーナー、阿波踊りまで加わり、てんこ盛り状態。
 
施設内で(垣内を捜せ!)と銘打って、見事捜し当てたチビッ子には、カブト虫のつがいがプレゼントされる。仕事と称して50歳のおっさんが(カブト虫)取りに勤しんでいるそうな。
 
住友音楽を期待したい方には、13:00〜15:00までの公開リハーサルがお勧め。東京プロ軍団vsサニーサイド・・最初から勝負にならないが、おそらく本番よりも真剣に、同調しようとするプロとアマ!その相反する音がスパークするところにswingが生まれる!!いえぃ!五木寛之いわくの(アンビバレンツの美学)である。んないいものかどうかは、実際にやってみなきゃわかりませぬ!
 
ということで7月19日(日) 開場は13:00・・リハの始まる時間だ。全席自由・・芝生で寝転がってビール飲みたい、 大人800円、子供400円徳島からだと、真っ直ぐ南に行けば2時間以内に到着するはず! 乞うご期待!!

 ★ゲストコメント(2015年 7月17日放送分)

写真  左より、菊川ゆかりさん、小倉美穂さん、板東新吾さん



本日放送した選曲

M1: A natural woman(Aretha Franklin)
M2: My one and only love(Lorez Alexandria)
M3: I can’t give you anything but love(Susannah McCorkle)
M4: The nearness of you(Norah  Jones)


▼林のコメント

 ヘンナまつり実行委員会より親分の菊川ゆかりさん、参謀の小倉美穂さん、
右腕の板東新吾さんの3人が来てくれた。菊川さんは市民病院で病院じゃない、美容院を、小倉さんはポーラのエスティン エクラー店所長(なんのこっちゃ)、板東さんは若石サロン リフレクソロジスト講師(これまたなんのこっちゃ?)。推定するに、美に関するお仕事をみなさんやってるんだ!程度の理解しかできない林の頭に、今度は(ヘンナまつり)。林は変な祭りだと理解してたが、どうやら美に関するヒンズー語?らしい。何回発音しても(変な祭り)しか言えない林にゲスト、アシスタント連中は(ええかげんにせぇ)とあきれ顔。
 
その変なじゃない、ヘンナまつりは7/22(水)に鳴門大麻町の東林院で開催されるそうな。あの瀬部妙子も、ソロピアノで登場する。内容は美に関する盛りだくさんのコーナーから、頭部マッサージ、足もみ実演コーナー、販売コーナー、食事までできる。数十のそれぞれの専門家達が一堂に介して、来場者にいろいろなものを紹介する、いわば小規模(美の見本市)みたいな感じ。残念なことに、そのフライヤーをスタジオに忘れてきたため、うろ覚えの記憶で・・・時間的に確か10:00〜17:00までだったような。すこしでも興味のある方は親分の菊川さんまで電話は090−4978−5740、イタ電禁止。
 
3人とも初めて来た割りには、アシスタント軍団とよ〜〜く喋る喋る喋る。おまけに阿波踊りの練習が雨で中止になったセミレギュラーのほ〜ぴ〜まで加わったものだから・・曲を聴いていたのは、ディレクターK氏と林くらい。まあ、ものは考えようで、ラジオだから黙ってるよりかまだいいか!
 
美と音と食と技がてんこ盛りの東林院までお越しやす!!

 ★ゲストコメント(2015年 7月24日放送分)

写真  左より 川島かい君、川島淳氏、橋本えりさん、川島ひなさん



本日放送した選曲

M1: Star Dust(Benny Goodman orch.)
M2: When you wish upon a star(The Jazz Networks)
M3: Chicago(Southside Jazz Band)
M4: 夜空ノムコウ(Time Five)


▼林のコメント

 ダッシュ隊徳島の方々がお客様。代表の川島淳氏、お嬢様の川島ひなさん、
息子さんのかい君、メンバーの橋本えりさんの4名。ダッシュ隊徳島とは・・・徳島を拠点に東北の復興支援、心のケアのみならず、地域、コミュミティの再成、自然環境の保護等々、多岐に渡り活動することを目的としたボランティア団体のことである。リーダーの川島氏を中心に、東北の子供達の受け入れ、防災・減災学習などさまざまな活動を展開している。
 
8月は東北の子供達を徳島に招いて、こども学びプロジェクトを、同15日には、石井町中央公民館でTEENS防災という学習会を開催予定。どれもすべて手作りのボランティア、街頭募金、チャリティーイベントで協賛金を募り、活動資金に充てるなど、金銭的には苦戦を強いられているが、ダッシュ隊ジュニアの子供達みんな目がキラキラ。息子のかい君なんぞ、無理矢理参加させられているのかと思いきや、林の(お父さん好きか?)の質問に、はにかみながらボソっと(好き!)だと。
 
林の最大の誉め言葉(素晴らしきバカヤロー!)が久々に放たれた。単純に(バカヤロー)だと、喧嘩売ってる?と思われそうだが、きっちりアシスタントのバズーカ敦子が、(林さんの最大の誉め言葉なのよん)とフォロー。
 
(徳島から何かできることないんかいな)から始まった活動が(ほな、現地行かんでも出来ることしょ〜だ!)。その活動に子供達も大勢参加し、大きな円となり、いっそうの元気を発信し、笑顔が弾ける活動となることを願ってやまない。

 ★ゲストコメント(2015年 7月31日放送分)

写真  前から岡田和史氏、ミキティ〜、菊川ゆかりさん



本日放送した選曲

M1:Summertime(Ella Fitzgerald&Louis 
Armstrong)
M2:Summertime(Charlie Shavers)
M3:Summertime(Fried Pride)
M4:Summertime(Miles Davis)


▼林のコメント

 岡田住建社長の岡田和史氏がお客様。物足りん?として以前出演いただいた
ヘンナまつり実行委員会の菊川ゆかりさん、ミキティ〜にもお越しいただいた。岡田氏は林の仕事先の元お得意様であり、現在はNPO法人徳島ミュージックユニオンの理事でもある、いわば知れた間柄。ということで放送開始直後から(ゲストにろくでもないのが来ると、選曲が濃くなる!)と最初から悪口ぶっとばし!ゆえ(SUMMERTIME)の4連発!(ど〜や、この企画!)と胸を張っていたのが・・・、最後のMiles君に足下をすくわれた。中身のCDを取り違えていて違う曲に。ちょん!!
 
岡田氏はステージ4の癌と同棲?中。彼の悪運はたいしたもので、手術を数回繰り返しはしたが、現在癌細胞は不在。転移もなし。もちろん通院はしているが、放送前も、放送後も飲み放し。こちらが(大丈夫か?)と心配するくらい、平常の生活に復帰している。いつまでも続くことを切に願う!
 
菊川さん&ミキティ〜は(ゲストがしょぼいから!)とお越しいただいたのだが、岡田&林onステージとなって、なかなか出番が回って来ない。やっとまわってきたと思いきや、ミキティは自分の仕事先をチラと宣伝!バズーカ敦子の(では、電話番号を!)のツッコミに・・・一言(知らん!)菊川さんは市民病院の美容院を経営だが、市民美容院の病院とのしようもないツッコミにため息!
 
ということで、岡田氏の本当の登場は来週のはず!今回は前哨戦!来週こそはCD間違わないように猿でもできるは・ん・せ・い!!