過去放送分
ゲスト一覧
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2017年12月 1日放送分)

写真  鳴門市議会議員 東谷伸治氏



本日放送した選曲

M1: My blue heaven(南里文雄)
M2: Night &Day(Fred Astaire)
M3: Tea for two(Blossom Dearie)
M4: Nobody knows the trouble I’ve seen(Louis Armstrong)


▼林のコメント

 お客様は先週選挙を終えたばかりの鳴門市議会議員 東谷伸治氏。もちろん当選したもので
胸を張ってのお礼参りってとこか。市議会議員1期目終了後、オーストラリアに、後にシンガポールでサラリーマンを経験し、帰国後自動車期間工、礼文島レンジャーを経て再び鳴門市議会議員に。今回の選挙で3期目の当選と相成った。一意専心、鳴門市のために誠心誠意尽くします!がキャッチフレーズだが、行く手を阻む敵も出てくるだろうし、不気味な障害物も存在するかもしれない。そういう時に海外での経験がモノを言うことになる。命を取られることがないのだから、GO FOR BROKE(当たって砕けろ)で向かっていけるはずである。二度目の出演だが、前回も今回も(コウノトリ)の話題に。いまや貴重な観光資源??と成りつつある(コウノトリ)だが、そのおおいなる雑食性から、蛇でもパクパク喰らうらしい。くちばしから蛇の尻尾が出てるキャラシールに、カタカタとクラッタリングするように、くちばしをかたどったカスタネットを制作するとか、スタジオの中ではそのおおいなる夢を語り合った、というかじゃれあったのか!まだ若いから、実績を積み重ねていけば、まだまだ上の道が開けるはずである。ふるさと鳴門をどげんかせんといかん(東国原風)!胸に秘めたる熱き想いは、我々のそれと比べ物にならないかもしれない。3期目ということで、議員の中でも中堅クラスに。だんだん風格も出てくるだろう・・・なのに、バズーカ敦子は(車壊れたから鳴門まで送ってってよ)、林は(秋田町まで乗っけてくれ)云々。いやな顔ひとつせず、東谷氏はあっし〜〜君に変身してくれた。この人間性が魅力かもしれない。先々を期待したい。

 ★ゲストコメント(2017年12月 8日放送分)

写真  内藤順子氏



本日放送した選曲

M1: Narrow Dayright(Diana Krall)
M2: Misty(Time Five)
M3: In a sentimental mood(Django Reinhardt)
M4: Amazing grace(Chen Minn)


▼林のコメント

 お客さまは演出家、脚本家、ミュージカルスクールWITH主宰の内藤順子氏。
順子と書いて(よりこ)と読む。元東宝の女優で、かの江守徹氏とも名古屋の舞台で一か月共演したとか・・。いろんな事情で徳島に帰ってきてWITHを立ち上げ、脚本・演出の世界で徳島芸術文化賞、徳島新聞賞などを受賞。名実ともに徳島を代表する女傑?である。というお方が、なんと林のブラスの後輩にあたる。住友紀人に次ぐ第二の偉大なる後輩である。前週、放送終わりに立ち寄ったヘビーリスナーの経営する喫茶店B♭(時々不純喫茶と呼ばれる)でばったりお会いしたのが15年ぶり。(せんぱ〜い)(誰?)(内藤でぇ〜す)(えっ?巨大になってない?)(3倍くらいぃ)(暇なら来週俺の番組出る?)(行く、行くぅ!)で出演決定。これをゲストの一本釣りと呼ぶらしい。内藤女史は番組冒頭から、ぶっ飛ばしアクセル全開。さすが昔取ったキネヅカ。実に堂々と、当たり前か、彼女から見れば、こちらはド素人。でも番組に出るのが嬉しくてたまらない!!という雰囲気を醸し出してくれる。初対面のぴぃさん、ほ〜ぴ〜もそのペースに乗せられ、テンションハイ!!こりゃ楽だわ。ミュージカルスクールをミュジックスクールと勘違いされるらしい。演出をただの振り付けと勘違いされるらしい。演出するには、音楽、演劇、ダンス、文学、あげくに語学までに精通しなければならない!なんて並の凡人では到底不可能。でもシレっと脚本を制作し、演出をやってのける!もっ話を聞いてみたい、ということで、都合も聞かず勝手に次回出演を1月5日に決定。新年早々何かやらかしてくれる予感。ゲストネタがなくなった時はママチャリで一直線に駆けつけてくれるらしい。持つべきものは、偉大なる後輩である!!

 ★ゲストコメント(2017年12月15日放送分)

写真  左より 齋藤ゆき子さん、菊川ゆかりさん



本日放送した選曲

M1: The way we were(Maynard Ferguson orch.)
M2: Smile(たなかりか)
M3: 光降る音(東儀秀樹)
M4: Looking at the world thru rose colored glasses
     (F.Sinatra&Count Basie orch.)


▼林のコメント

 お客様は(うさとの服展)主催者の菊川ゆかり姐さん、そしてオカリナ奏者の齋藤ゆき子さん。
うさとの服とはタイ・チェンマイを拠点に製作されている服で、布の素材は、綿、麻、絹の三種類。そのほとんどは手紡ぎ、天然染め、手織りということ。日本で展示販売会を開催し、その収益を地元に還元する方法で人気を集めている。菊川ゆかり姐さんは(ヘンな祭り)の首謀者でもあるが、なかなか普通の人間ができない発想をお持ちというか、飛んでるお方である。齋藤さんは菊川さんと会って2回目で、林の番組に収監されるという快挙をなす。オカリナを演奏する時は必ず(うさとの服)を着用する。いただいた名刺には(人生を癒し願を叶える聖なる愛のヒーリング)レムリアン・ヒーリング・ティーチャーと書いてある。アナログ林には、目の前に日本語がわかる宇宙人出現!である。未知との遭遇に、いつもは笑顔をみせないゆかり姐さんは、腹をかかえて大笑い。やっぱ変かも。23、24日に吉野本町で開催され、オカリナ演奏もある。怖いものみたさ、宇宙人に遭遇してみたい方は、(うさとの服展)(徳島)で検索すれば大丈夫。入場は無料だから、ひやかしでもOK。決して押し売りはないからご安心を!なんのかんのやりながら、今年も番組はあと2回で終了。先日乗った個人タクシーの運転手さんもよく聴いてくださるそうな。サニーサイドのライブも来ていただいたそうな。そこへ林がバッタリ乗ったもんだから、ついつい話がはずみ、これからはお世話になりそうな予感、お願いしますよ、天羽タクシーさん。来週はセミレギュラーの徳島県議会の古老議員の長尾哲見さんが登場。どんどん飲ませて(すでに宴会こなしてから出演予定)、政界裏話を聞きたいものだ。乞うご期待!!

 ★ゲストコメント(2017年12月22日放送分)

写真  前列 長尾哲見氏
  
   後列 ま〜こさん、ピケさん、みきてぃ

本日放送した選曲

M1: St. Louis Blues(Herbie Hancock)
M2: 花(大野俊三)
M3: Mozart #40(West Coast All Stars)
M4: The Christmas Song(Nat King Cole)


▼林のコメント

 お客様は徳島県議会議員の長尾哲見氏。セミレギュラーと言っても過言でないくらいの
出演頻度の高いお方である。7期、27年の長きに渡り、議員を務め、今や県議会の重鎮、大久保彦左衛門である。が、我々は気安く(てっけんさ〜〜ん、てっけんさん)と呼ばせていただく。昔なら無礼者、手打ちにいたすと言われてもおかしくない。おまけに(放送終わったら、飲みに行きまっせ!)とこれまた気安く誘う。放送にはてっけんガールズと称し、今回はみきてぃ、ピケちゃん、ま〜この3人が登場。これにはてっけんさんもにっこり。だが話が議会のこと、今までの経験、それも過去の某知事の去就問題となると、にこやかな顔がキリリ。(私が知事不信任に同意したおかげで・・・ずいぶん恨まれました)としんみり。嫌な過去を思い出させたようだ。27年も議員をやってると、当然いいことばかりではない。現在の記念オケ問題は、あまりにも生々し過ぎるので、パスさせていただいた。定番は、学生時代の山岳部冬山登山の大小便の話。これはいつ聞いても笑える。この番組にはこちらの話題が正解かも。スタジオに到着したその顔をみると、おでこに擦り傷が・・・、かつてのゴルバチョフ模様か!聞くと、夕方の某宴会で、立ち上がろうとして、つまづき、おでこが畳にキスをした!らしい。本人はやたら気にしていたが、(てっけんさ〜ん、酒飲もうぜ!)と言っても、今回は(う〜〜ん、ちと控えておきます)(じゃ、焼酎ならいいでしょ)(はい、焼酎なら)とロックでグビグビ。年上ながらなぜか可愛い。次回出演は2月議会が終了してから。今度はどんな話題になることやら。乞うご期待!

 ★ゲストコメント(2017年12月29日放送分)

写真  見放された暗闇の二人(バブーカ敦子、林郁夫)


本日放送した選曲

M1: Sayanara  Lumba(Junko Sumi)
M2: Yesterday(Lee Morgan)
M3: When you wish upon a star(Dave Brubeck)
M4: ほんじゃね!(東みつよし&Swinging Boppers)


▼林のコメント

 今年最後の放送!ということでアシスタント3人と(2017 徳島を斬る!)をテーマの
60分!!!と思いきや、ほ〜ぴ〜は風邪でダウン、ぴぃさんもアウト。FMびざんも工芸村も御用納め終了ということで、スタジオにはバズーカ敦子とディレクターK氏の3人だけ。周りの景色は真っ暗!という2017年最終回を迎えた。といっても来週は1月5日になるから、新年早々の放送、ということはいつもとおんなじ情景の、いつもとおんなじパターン。県内の10大ニュースでも取り上げようかと思ったのだが・・・。ラフティング、ゴルフ賞金女王、インディゴ日本一と喜ばしい話題はあるのだが、徳島市の新ホール建設なんぞあと100年はかかる!といったお代官様の諸問題には、バカらしさをを通り越してあきれてモノが言えないから放送にもモノ言えないゆえ没。個人的に、番組的に、ジャズ的に、今年逝ってしまったGOTO’S BARの五島マスター、JAZZ CABIN88の朝倉和子ママ、ドラマーの太田純一郎と必然的にこの3人の話題に。が、突き詰めると、和子ママ以外は、どのルートを選んでも下ネタになってしまう。特に太田のとっつぁんは爺ながら旺盛で・・・シモの話題には事欠かないが・・・放送できない・・・。我々の普段の会話って、公にできない会話ばっかだったってことか?というか、ふたりとも愛されるエロ親父だったことは間違いない。和子ママには、さんざん説教くらったが、家族同然の弟みたいに可愛がってもらった。林もすぐに追いついたら・・・、誰かに同じようなことを書かれるに違いない。
 
来るべき2018年、サニーサイドは40周年を迎える。無事記念リサイタルを終了することができたら、My wayながら林も船出が近づくだろう。それまで、ブイブイいわっしゃげて、酒もほどほどに喰らい、お代官様には逆らっても嫁には逆らわず????ということで、今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。来年も懲りずにお付き合いよろしくお願いいたします。チョ〜〜〜〜ン!!!