過去放送分
ゲスト一覧
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2020年1月10日放送分)

写真  二人ともライダーマン 左より三輪隊員、渡辺隊員



本日放
送した選曲

M1: 
This could be the start of something big(Count Basie orch)
M2: Airegin(Bobby Enriques)
M3: Left alone(Mal Waldron)
M4: S’woderful(しばたはつみ)



▼林のコメント

 新年第一回目のお客様は四国デルザー軍団・渡辺隊員と三輪隊員のお二人。四国デルザー軍団とは、仮面ライダーを心から愛し、奉り、その容姿を本物以上に再生し、飾って、着用して喜んでいる変?な大人たちの集まりである。渡辺、三輪両隊員は、数あるメットの中から、ライダーマンのメットを、それも二人ともライダーマンになってしまったが、口が塞がれていなくて、喋りやすいという理由で、持参していただいた。渡辺隊員なんぞ、放送中はずっと、ライダーマンになりきり、メットの中は蒸れて、大汗をかいていた。本郷猛を演じる藤岡弘が、仮面ライダー1号を演じたのが、1971年のこと。それから約半世紀の間に、いったい何人のライダーが誕生したのだろうか?大集合すると、ショッカー軍団より多かったりして・・・。2号の一文字隼人役の佐々木剛なんて、頭髪もなくなって、完璧におじいちゃん。(仮面ライダー)のテーマ曲の(タカタカタ〜、タカタカタ〜)というトランペットのキザミは、香川のSwingin Woderland jazz orchのトランペットの林氏が(あれ吹いてたの、僕!!)と自慢してたのを思い出した。しかしシリーズで50年継続とは偉大だ。戦隊モノ、ウルトラマンモノもそうだが、日本文化の偉大さの片鱗かもしれない。大衆が受け入れないと、根底を支えないと継続できない。(目立ちたいなら、マチアソビのコスプレに参加して、本物以上の偽物をアピールしたらええじゃないの?)との林の提案に(いやじゃ、恥ずかしいもん!)  ええ年したおっさんがはにかんだ。これがデルザー軍団の長続きしている秘訣かもしれない。

 ★ゲストコメント(2020年1月17日放送分)

写真  左より内藤順子氏、中西渉氏、板東津貴子さん



本日放
送した選曲

M1: This year's kisses(Nina Simone)
M2: When you wish upon a star(The Jazz Networks)
M3: 上を向いて歩こう(青江三奈)
M4: Old friend(Toots Thielemans)



▼林のコメント

 お客様は正月にウィーン公演を終えたばかりのミュージカルスクール(WITH)主宰の内藤順子(よりこ)氏、吉野川市議の中西渉氏、太鼓の学校理事長の美苑さん、三味線奏者の板東津貴子さん、パントマイムの徳島ハッチーさんの5人。阪神大震災の25年とかぶってしまって、同時進行したもので、徐々にテンションハイになりつつある彼らに対し、林はいつもよりちょっぴり冷静を保つ。14歳の娘を亡くした林の従姉のために、選曲も気を遣った。M2からM4まで、(お星さまになってる貴女にお願い、空から見守ってね、涙がこぼれないよう、上を向いて歩くから、貴女のことを思い出しながら)とメッセージを込めた。と言いながら、スタジオはみなさん、言いたい放題。バズーカ敦子も加わり、姐さん方のかまびすしいこと!順子・津貴子・敦子の新かしまし娘?誕生か。もちろん緊張という言葉は彼女たちには無縁の言葉。圧倒的に寄り切られた。それだけウィーン公演のインパクトが強かったってこと。総勢56人という団体で、無事故で乗り切り、公演は大成功。やりきった!!という経験は子供たちのこれからの人生において、とてつもなく大きな財産となる。それを率いた内藤順子という女傑!、市長選に押したいくらいだ。ミュージカルスクールの子供たち、太鼓の学校の奏者たち、阿波踊りの鳴り物奏者たち、それぞれが、自分の能力を最大限に生かし、ワンチームとなりなしえたウィーン公演。20年前のサニーサイドのモントレージャズフェス出演の思い出がかぶって、心から喜ぶことができた。ありがとう、忘れていた何かが林の胸の内で沸々と・・・・。林ももうちょいと頑張ろうかな!!

 ★ゲストコメント(2020年1月24日放送分)

写真  左より宮井悠さん、北條シンセイ君、坂東幸奈さん



本日放
した選曲

M1: Lullaby of birdland(Sarah Vaughan)
M2: This Masquarede(Carpenters)
M3: Evergreen(Johnny Marthis)
M4: Happy Talk(Martin Denny)



▼林のコメント

 2月1,2日に文化の森イベントホールにて(パンドラの鐘)という劇を上演する劇団(まんまる)より、演出家の坂東幸奈さん、劇団員の宮井悠さん、北條シンセイ君の3人が本日のお客様。3人あわせての年齢よりちょっぴり林が若い?要するに林にとっては若すぎる若人?たち。特に若い♀には、ギャップがあり過ぎて、話が合わず、無口になってしまう林。ピンチの林に対して、アシスタントほ〜ぴ〜が、場を和ませ、グイグイ引っ張っていく役か!と思われたが、今回のヤングレディーたちは、キャピキャピじゃなく、どこか筋が入っているような、しっかり感ありあり。わき目も降らず、何かに集中してるような・・・、さすが演劇フリークたち。こうなると、林も入って行き易い。JAZZと対比しながら、共通点を見出し、人生の先輩ヅラをして、音楽への心構えなんぞを説くと、みなさん(へぇ〜〜)!(パンドラの鐘)は、細かい演出は秘密らしいが、宮井さんが(鐘)役だとか。演出の坂東さんは、ちょっぴり緊張してるのか?林の問いにカミまくり。カメばカムほど、林の餌食に!!久しぶりやのう!若いおなごは!!宮井さんは、頭の回転が速いのか、林の突然のフリにもうろたえず、実に堂々と適格なコメントが返ってくる。(アナログ林のアシスタントに欲しい!!)瞬間思ってしまった。北條君は、なんとFMびざんに自分の番組を持っていて、さすがの受け答え!!学生さんというのに、ベテランの域!!みなさん、孫まではいかないにしても、息子・娘の年齢。それにしてはしっかりしてる!!と思った。演劇という団体行動で鍛えられたのかも!演劇・・見たくなった。興味のある方は(劇団 まんまる)で検索を!なにか、先が楽しみになってきた。

 ★ゲストコメント(2020年1月31日放送分)

写真  里見和彦氏



本日放
した選曲

M1: Something(Shirley Bassey)
M2: 未来予想図?(Kenny James trio)
M3: As time goes by(Nara Leao)
M4: Mr. wonderful(Peggy Lee)



▼林のコメント

 お客様はNPO法人チャレンジサポーターズ理事長の里見和彦氏。徳島駅前ポッポ街に、若者が集える、チャレンジできる場をつくろうと奮闘している。街づくりは人づくり!ということで、日曜市、ポッポ街を通じた新しい価値の創出を目指している。ポッポ街にフリースペース、シェアカフェ店舗(18坪)、コワーキングスペース(38坪)、チャレンジ教室(28坪)の3カ所を順次オープンさせるそうな。損益分岐点は83万円、毎月だからかなり厳しい数字である。我々おっさんからすれば、何が楽しくて、こんなしんどいことに挑戦するのかわからん的感覚であるが、里見氏はまだバリバリの40代!若者や学生のためにひと踏ん張りしようじゃないの!力がみなぎっている。思い起こせばほんの数年前まで、林もそんな熱い気持ちを持ってたような・・・、懐かしい感覚が蘇った。この数年で、徳島市に愛想をつかし、崩壊寸前の故郷を嘆き、憂い、しかし、行動もせず、どうでもよくなった林がここにいる。自分の狭いテリトリーだけを守り、排他的になった林がここにいる。隠居みたいな感覚が恥ずかしくなった。(ポッポ街だけじゃなく、そごうも考えたら?家主1000人集めてひとり1万円とったらフロア借り切れるんじゃない?)、その理屈からすれば、83万円は決して不可能な数字ではないわな。ふるさと納税の仕組みを利用して、個人や企業に協賛してもらえば、なんとかなるかも!学生さんたちの若い力も魅力かも。柔軟な発想で新天地が見えるかも。羨ましい限りだが、彼らを見習って、林も頑張らなくっちゃ!!まずは春の市長選挙の結果だな。