過去放送分
ゲスト一覧
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2014年 5月 2日放送分)

写真  チャーリー佐次氏


本日放送した選曲

1: ミ・アモーレ(松岡直也)
M2: Midnight Cowboy(Lee Morgan)
M3: My favorite things(Johnny Hartman)
M4: Cheek to cheek(Fred Astaire)



▼林のコメント

 映画評論の達人?チャーリー佐次氏をお迎えしての60分。前月の出演時には、
とんど時間がなく、映画の話のさわりだけ!そのリベンジを兼ねての再登場。といっても、脱線は必須!ということで今回はチャーリー佐次の映画よもやま話vol.2ということに。
 
佐次氏は西部劇、時代劇、ミュージカル、SF〜冒険物等々に特に詳しく、ほとんどプロ並み、もしくはそれ以上の知識を備えている。保管してあるDVDも3000枚近くになったそうな。その大半を記憶して、おまけに時代考証まで研究している・・・これじゃボケる暇なんぞないか!
 
今も林は宇宙物を6本お借りしている。次回は深海ものをリクエストしている。が、前回見たとしても、記憶力が乏しいものだから・・・、断片的に思い出しながら再び見てしまう、これぞ名作の魅力か!
 
ジョン・ウェインの西部劇はすべて所持、だがマカロニウエスタンには興味なし!フランス映画やポルノ映画は皆無、しかし昔の東映作品をはじめとして、座頭市から眠狂四郎も全巻揃えているのだから凄い。おまけに怪獣映画まで!!やけにこだわるチャーリー氏の本業は塗装会社の社長さん。
 
林の周りには変な人間が多いが、類は友を呼ぶのかもしれないがチャーリ−佐次氏も間違いなくその人種。いつもニコニコ笑顔の好々爺!!だが、孫の話となると、映画の話より嬉しそう!ほんといい人だ。またDVDお借りしよう!!

 ★ゲストコメント(2014年 5月 9日放送分)

写真  左より 岸一正氏  中村芳章氏


本日放送した選曲

M1: Theme from Leo(Mico)
M2: Tennessee waltz(Casandra Wilson)
M3: Can’t take my eyes off you(fried pride)
M4: 赤坂の夜は更けて(白木秀雄クインテット)



▼林のコメント

 フジテレビより、エグゼクティブ・プロデューサーの中村芳章氏、
サーフ・コミュニケーション役員の岸一正氏のお二方をお招きしての60分。なんでそんな偉い人が林の番組にやってきたって?5/9〜5/21 そごう徳島6Fで開催される(みんなのサザエさん展)・・その仕掛け人が、中村・岸のご両人。そごう・四国放送・エフエムびざんの3社主催なのだ。
 
中村氏は太陽のサーカスといわれる(シルク・ドゥ・ソレイユ)の日本公演をプロデュースするなど、フジテレビ事業系の大物!そんなお方に・・・林はいつもの調子の失礼な態度と表現で、ああこりゃこりゃ!!をやってしまった。中村氏は笑っていたが、実は目は怒っていたような・・・。(この番組はオシャレな番組だ、と聞いていたのに、何だ、その言い方は・・!)(いえいえ、目指してるのがオシャレ!であって実は下品なもので・・)まったく(市中引き回しの上張り付け獄門)的無礼な発想・発言の数々、お許しくだされ、中村殿!・・・遅いか!!
 
だが番組中に流れる曲だけは、誉めていただいた。そう、オシャレだったみたい。
岸氏は何を隠そう、林の義兄。今回の(サザエさん展)も、彼からエフエムびざんに。前回たまたま大成功を収めた(BLAST)も、彼からNPO徳島ミュージックユニオンへ。いわば、裏の仕掛け人。徳島側は彼を窓口にいろんな経験できて楽しいかも。
 
番組終了後の飲み会で、神山や上勝の里山的構造に非常に興味を示した中村氏。なにか閃いたみたい。というか彼の唱えてきた主義と一致するものが見つかったのかもしれない。これから徳島も楽しくなるかも!嵐を呼ぶ男・中村芳章氏の今後に期待!!

 ★ゲストコメント(2014年 5月16日放送分)

写真  左より 浅田しょうた氏、和田たまき氏、中村てつし氏
     キャノンボール山口の写真を撮るのを忘れた物で・・集合写真でどうぞ!

本日放送した選曲

M1: ひみつのアッコちゃん(矢堀孝一バンド)
M2: 空に星があるように(Time Five)
M3: マジンガーZ(多田誠司・岡崎好郎)
M4: My one and only love(Sarah Vaugham)



▼林のコメント

 鳴門市民劇場より中村てつし氏、和田たまき氏、浅田しょうた氏の3方を
お迎えしての60分。3人まとめてバズーカ敦子が鳴門で引っかけてきた!!と白状した。おまけにもう1人、バズーカよりひとまわりBIGな、キャノンボール山口も参戦したものだからスタジオは、ち〜と狭いリング状態。
 
そもそも鳴門市民劇場とは・・・みんなで会費を持ち寄り、みんなで運営して、演劇を鑑賞する会のこと。毎月の会費で年6回の演劇を観ることができ、運営、設営、交流会にも参加できるそうな。仲代達矢さんとか、松金よね子さんとか一流のプロの生の演劇が年に6回も格安で鑑賞できるなんぞ・・・なかなかいい仕組みかも。
 
林はてっきり政治的思想を持つ人達の集まりだ!!と思っていたのだが・・・。和田氏は滋賀、中村氏は東京、浅田氏は広島、キャノンは和歌山とみなさん産地はバラバラ。鳴門に住んで、市民劇場の会員となったことで世代を超え、仲間となり・・・みなさんでラジオ出演!!何か不思議なつながり。もちろんややこしい政治の話は皆無。
 
バズーカもキャノンも鳴門市民劇場の会員である。(お芝居観に行くの!)と有閑マダム?のセリフみたいなことが、案外身近で体験できるそうな。
 
勧誘パンフレットの一番最後に名文?が書かれてある。(みんなで支える鑑賞会です。観続けることが原則です!!)と。でも好みもあるし・・・、演劇音痴の林としては・・・・、微妙!!

 ★ゲストコメント(2014年 5月23日放送分)

写真  Mike増田  増田将氏


本日放送した選曲

M1: Just one of those things(Doris 
Day)
M2: The man I love(The King Sisters)
M3: The shadow of your smile(Tonny Bennett)
M4: Lullaby of the leaves(Billy Eckstine)



▼林のコメント

 アメリカで30年以上の長きにわたり、食堂?(レストランというべきか)を
経営して、帰国後はパスタ店を、現在は新浜で(魚厳)という店を営んでいる増田将氏をゲストにお迎えしての60分。ますださ〜〜ん!と呼ぶより(Hey、Mike!!)と呼ぶほうが、いまだに反応が早いらしい。なんでもアメリカではじめて徳島ラーメンを売り出したのは俺だ!!が自慢だが、どうでもええ!といえばどうでもええ!!自慢なのかも。
 
みてくれは、ただのショボい田舎親父!だがポンコツ車に、ベンツのエンジンを積んでるかくらいのバイタリティがある。
 
放送5分前、まだ来ない。おかしいな!と思って電話すると・・・、1週間間違えていたらしい。震えた声で(今から飛んでいくぅ)。お見事!!8分で本当に飛んできた。こうなれば、ツッコミ処満載!さっそく(魚厳)の宣伝するフリしながら、たかり始めた林。(遅刻した落とし前、どないしてくれる?聴視者の皆様になんかくれ!)(え〜〜〜と、1000円の割引券を20名様に・・・)(え〜〜っ、それだけ?)(あのぉ〜〜)(ビールなんぞ付かない?)等々。始末の悪いDJだ。
 
(え〜〜い、50名様に1000円の割引券進呈、ただしそれで980円の定食喰っても、お釣りはないど)(もうちょい、よ〜〜く考えましょね!)
 
次々回くらいの放送に本当に割引券持参で来ていただくことに!ということで、気の毒なMike増田の為に、新浜(魚厳)よろしくね!店にはいけすがあり、活きのいい魚たちがお待ちしております。刺身が自慢ということで、成仏後わずか数分??の刺身を食することができます。この文章じゃ宣伝にはならんかも。
 
次回の出演に、乞うご期待!!

 ★ゲストコメント(2014年 5月30日放送分)

写真  左より三村和也氏、元木美智子さん、板東理人氏


本日放送した選曲

M1: It don’t mean a thing(NDR bigband)
M2: A touch of elegance(Andre Previn)
M3: My old flame(Carmen Lundy)
M4: Mona Lisa(Earl Klugh)



▼林のコメント

 ASAHIグループ取締役の元木美智子さん、同級生で北島ライオンズクラブ会長の
板東理人氏、俳優志望の三村和也氏の3人がお客様。美智子さんとは、林がJC時代にお世話になった記憶が・・・。いや世話したような・・・。ほぼ天然の美智子さん、放送開始直後からマイクがONになっているのに(あ〜あ〜、マイクのテスト中!)とはやくもジャブを一発。
 
JC時代、某ライブハウスで、酔っぱらってゲO吐くのを演奏にあわせて、リズムよくおぇ〜を3発、あまりの見事さに拍手がきたこと等々過去の出来事を赤裸々に語る林に、美智子さんは顔を真っ赤にしながらも、テンションハイに。板東・三村ご両人を相手に、さながらプチ同窓会。放送中!というのをすっかり忘れてしまったご様子・・・・・・。
 
板東氏はさすがに落ち着いた様子で、相方のボケ連発もにこやかに、理知的な微笑みを携えて・・・美智子さんは会長のことをさかんに怪鳥!怪鳥!と叫んでいたが、リスナーにはおそらく伝わってないはず。
 
三村氏は徳島で撮影された映画のほとんどに出演されてるそうな!もちろんエキストラだが・・・。最長のセリフは8文字だと。その風情は、さながら帝都物語の怪人 嶋田久作か!!と語る林に(某映画監督からも同じことを言われました!)と。それで8文字かい。来年2/8の三枝成章氏プロデュースのミュージカルにも出演が決定したらしい。またもやセリフなしだと。、頑張れ、徳島の嶋田久作!!
 
久々のほんわか、のんびり、でも過ぎる時間は、あっという間!!って感じの番組になったような・・・。まったく取り柄はないのに、また来て欲しいと願った珍トリオでした。