過去放送分
ゲスト一覧
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2020年3月6日放送分)

写真  カフェケストナー オーナー 佐藤文昭氏



本日放
送した選曲

M1: Mack the knife(Kenny Dorham)
M2: All the things you are(Alexis Cole)
M3: I left my heart in San Francisco(勝新太郎)
M4: You make me feel so young(Oscar Peterson)



▼林のコメント

 お客様は、ほとんどセミレギュラー化しているカフェケストナーのオーナー、佐藤文昭氏。番組に備えて、いろんな種類のヤバいドリンク類、スナック菓子類を持参いただいた・・・・のだが、アメリカのFDA(食品医薬品局)が禁止して、日本で禁止になってない添加物を含んだヤバい飲食物・・・これって林の番組で取り上げるのはあまりにも危険だ!とディレクターK氏の一言で企画は瞬時にお蔵入り。なぜって、林はそのまま商品名を連呼しそうだったから。20数年番組をやっていても、そこは素人の浅はかさ、ついつい慣れ親しんだ言葉でヤバいドリンク類の名前をズバっと・・・。ということで、意識しながらコーヒーの雑学へ。ジャックダニエルをグビっと、チェイサー代わりにケストナーブレンドをズズ! 再びジャックダニエルをグビっ!!今度は1杯1000円するドンパチ農園のゲーシャという高級種をズズ!これがなかなかいける!!癖になりそうなデリシャス感。コーヒーを語らせると、おそらく毎週放送しても3か月はかかろうか!という博学で研究熱心な佐藤氏、焙煎方法やら、焙煎色について熱く語っていただいた。M3の曲で歌手名を伏せて進行したら、栄町の不純??喫茶B♭より電話をいただいた。みんなで聴いてるのだが、歌手は誰だ!!と。曲終わりに歌手名を(奥村利夫)さんと発表。ラジオの向こう側から??????が伝わってきた。改めて芸名は(勝新太郎さん)・・再びラジオの向こう側から安堵感が伝わってきた。たまにはこういうのも悪くないか!!めいっぱいヤバいドリンク類、スナック菓子類を持参していただいた佐藤氏には申し訳ないことをしたが、そのまま放送していたら・・・、始末書だけではすまなかったかも!ディレクターK氏の安堵の表情がなによりも物語っていた!

 ★ゲストコメント(2020年3月13日放送分)

写真  高橋和之氏



本日放
送した選曲

M1: 赤い靴
(Quiet Jazz Quartet)
M2: The world is waiting for the sunrise(Doc Cheatham)
M3: They can't take that away from me(Tony Bennet&Diana Kral)
M4: All of me(フランク永井)



▼林のコメント

 高橋和之氏をお招きしての60分。彼もセミレギュラー化しているが、今回は、今月いっぱいで、お代官様に抹殺される運命の木工会館での最後のライブの案内。と思いきや、コロナ渦に巻き込まれ、中止の憂き目に。どうしてもお代官様の、理不尽なやり方に逆らう林は、発言も過激になりがち。木工会館も鳴門文化会館も1982年に完成したのに、片方は来年まで稼働させ、片方は命の危険があるので一刻も早く潰さねば!それって、俗にいう(屁理屈)じゃないの?当然ながらいつも冷静なディレクターKより、ダメ出しのお言葉が飛んでくる。
 
彼は木工会館のイベントの貢献者でもある。創刊号より収集しているベースボールマガジンの膨大で貴重な資料を駆使して、衣笠祥雄展、星野仙一展など開催、高校野球にも造詣が深く、落語関係も・・・、加藤登紀子さんの登紀子クラブでは、会長を務めてるし、吉田拓郎展にも力を注いだし・・・、いったい何者?ただのサラリーマン!!(なんでも感動団)という摩訶不思議な軍団を組織し、活動している。木工会館を無理やり移転させるというお代官様の愚挙に、憤然と立ち向かう徳島市民でもある。ソフトでおだやかな語り口で、毒霧を吐き散らす林と対照的である。常に新鮮な話題を提供していただける、番組のよき理解者でもある。聴視者の方々はもちろんのこと、こういう人たちに支えられて番組って続けられるんだ!!と改めて感動!

 ★ゲストコメント(2020年3月27日放送分)

写真  黒川由紀さん、板東信吾さん



本日放
送した選曲

M1: 
Fantasy(Maynard Ferguson orch)
M2: What a little moonlight can do(Carmen McRae)
M3: Sunset Sunrise(Roger Ram)
M4: The story of a starry night(Glen Miller orch)



▼林のコメント

 熱男会実行委員長の板東信吾氏、スタッフの黒川由紀さんをお招きしての60分。ソフトバンクの松田選手がホームランを打った時に発する(熱男〜〜〜〜)の熱男!!保育、教育、遊びなど、とにかく熱い男ばかりが集まった会だそうな。もちろん女性も大歓迎だとか。おかげで、番組最後のゲスト紹介時に黒川由紀さんのことを(おっさん!)と呼んでしまい、大ヒンシュクを・・・。失礼しました、黒川さん。その熱男会がお招きするのが、また熱い男、植松努氏。(誰や〜〜〜?)と言われそうだが、NASAより宇宙に近い町工場、あの(下町ロケット)のモデルとなった町工場 植松電機の社長さん。ロケットの開発、無重力状態での微小動実験、アメリカ民間宇宙開発企業との共同開発などなど宇宙に懸ける情熱は凄まじい。その一方で、モデルロケット教室を通じて(夢をあきらめないことの大切さ)を訴えて講演会活動を行っている。そのご本人が6/14に徳島に来るというもの。徳島グランヴィリオホテルで9:30〜12:00。ロケットの話ではなく、(夢を諦めない人をつくる話)だそうな。興味ある方は(熱男会 セミナー)で検索すれば大丈夫かと。会費は大人3000円、子供は1000円。できれば子供さんに聞かせたいものだ。が、現状はコロナ、コロナ、クルナ(来るな!)・・・・・・・・、6月14日といえども、わからない。ヘタすれば阿波踊りまでもが吹っ飛ぶ可能性すらある。中止はならないが、延期の可能性は多々ある。もちろん購入チケットは使用できるようだが、それも含めて主催者にご確認を!事務局 090-4335-7533 葉田さんまで。