過去放送分
ゲスト一覧
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2019年 5月10日放送分)

写真  前列 菊池よしき君、菊池奥様
  
   後列 井ノ上陽水君


本日放送した選曲

M1: 23"N-82”W (Stan Kenton)
M2: コーヒーとタバコ(菊池よしき)
M3: 39度5分ダンス(井ノ上陽水)
M4: 即興ブルース演奏
M5: See see Rider(Tommy Flanagan)


▼林のコメント

 お客様はシンガーソングライターの菊池よしき君、井ノ上陽水君のお二人。
/26開催の(しんまち音楽祭)にふたりとも出演が決定している。井ノ上陽水(あきみ)君なんぞ、井上陽水(ようすい)と間違われるからあえて井ノ上として、主催者に迷惑がかからないよう気を使っているにもかかわらず、モノマネタレントとよく間違われるそうな。井ノ上陽水、井上陽水ともども本名は(いのうえ あきみ)、紛らわしいが、事実である。(しんまち音楽祭)出演決定ということで、予行演習を兼ねての番組出演なのだが、妙に二人とも落ち着かない様子。彼らの出演時には、決まって林の超無茶ぶりがあるからだそうな。林の気まぐれには困ったもので、若い彼らの辞書には逆らう!!という言葉がない!!M4が近づくにつれ、彼らは(暑い)を連発し始める。そこで振ったのがブルース進行で即興でしんまち音楽祭を宣伝せよ!!という指令。さすが菊池君はそこそこにまとめ、抜けた個所を井ノ上君に補っていただく、が、(ブルースやったことがありません)という泣きそうな顔。林は(んなもん、知るかいな、やれ!!)ということでやけくそ即興曲が完成した。(やればできるじゃん、ごくろうさん)でチョン。二人にM気が芽生えた瞬間・・・かもしれない。二人の生き生きとした歌が聴けるのは、5/26(日)のしんまち音楽祭である。聴くのは無料、なんとカフェケストナーのコーヒーも無料で飲める。アーケードの中!!ということで、音響も抜群だし、雨天時でもOK。おもちゃ箱をひっくり返したような、それでいてレベルの高い音楽がクラシック、ジャズ、フォーク、ラテンなどなどてんこ盛り。ぜひしんまち音楽祭へお越しやす!!

 ★ゲストコメント(2019年 5月17日放送分)

写真  笑顔???の素敵な・・いや、変顔の素敵な 國見たまさん



本日放送した選曲

M1: F-One(Takeshi Yamaguchi)
M2: Moon River(Shigeko Suzuki)
M3: In a mellow tone(Oscar Peterson)
M4: A wink and a smile(Miyuki Koga)


さんのコメント

 


▼林のコメント

 お客様は日本プロ麻雀協会所属の國見たまさん。以前出演していただいた時の印象が、
強烈に残っていたため、再度ご登場願った。いかにも着流しが似合う(緋牡丹のお竜)さんのイメージだったのだが、どことなく着流しが似合うコメディアンに変身していた。だいたい麻雀のプロなんて人種は、確率論とかを振りかざす理知的人間かと思いきや、この日は、どちらかというと下ネタが得意なただのおばさんを演じていたような・・・。運を天にまかせる素人麻雀ではなく、競技としてのプロだから、本番になると眼光も鋭くなるのだろう。なかなか流れがこちらに来ないときは?という質問に(トイレ行って髪切ったこともありました)と。最近のプロ雀士は、若くて美人が多い。骨髄移植に取り組んでいるルーラー山口なんぞは、いつも若い綺麗なお嬢様たちに囲まれている!!と親父たちはひがんでいる。林も若い時は徹夜で、よくやっていた、このゲームは人生の縮図なのだ!!とか気取って・・。今はもっぱらパソコンゲームでやるくらいになったが、学生時代は、ラーメン作る係を麻雀で決めたり・・ぐずぐずすると1時間くらいかかる・・俺はいっぱしのギャンブラーなんだ!!とか格好つけて・・・積み込みなんぞやってた時代もあった。今は全自動の時代だから、そんないかさまは過去の遺物だが。阿佐田哲也の(麻雀放浪記)がバイブルだった時代も!そんな暗黒の時代と比べると、今は本当にさわやか!仲間内でも多少の金は賭けるのだろうが・・・。たまさんは週末は高松の(カボ)という雀荘でお仕事しているらしい。明るく気さくなもので、ファンもかなりいるらしい。ということで次回はルーラー山口も交え、運についてご教授願おう!