過去放送分
ゲスト一覧
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2016年11月 4日放送分)

写真  石井友規氏



本日放送した選曲

M1: A Hard Day’s night(Count Basie orch)
M2: On the trail・・from Grand Canyon suite(Wynton Kelly)
M3: My favorite thing(Kimiko Ito)
M4: Dreamer(Astrud Gilgerto)


▼林のコメント

 お客様は4K映像企画制作会社の丸菱社長 石井友規氏、
彼は佐那河内村に2013年に移住してきた。それまではオーストラリアをバイクで一周、ヨットで北太平洋を横断等々 カメラ片手に各地転々としながら撮影の仕事に取り組んできた!といういかにも林の好きな冒険野郎だ。が、バカヤローはバカヤローを呼ぶ・・・失礼、類は類を呼ぶのか、もうひとりのゲストは、これまた自転車で世界を旅している冒険野郎の西川昌徳氏。スカイプという文明の利器を使って・・・・もちろん林なんぞはそれなんやねん?の世界だが・・・西川君はアリゾナ州からの番組出演。タイムラグがあると思いきや、隣のスタジオにいるかのごとくクリアーな音質、世の中は変わったものだ。(ざんぎり頭を叩いてみれば、文明開化の音がする)の時代は過去の遺物か・・・。
 
放送時アリゾナは朝5時、電波を確保するため、160kmを走破し、やっとの思いでデニーズまでたどりついたらしい。怖い目、危険な目にはかなり遭遇したらしいが、本来こういう冒険家たちは綿密な計画をたて用意周到で挑む。が、相手が自然となると・・・鉄砲水に押し流され、機材が流されたり、グリズリー、コヨーテに遭遇等々。
 
時々、非常勤講師?として日本の子供たちにスカイプ授業をやっているそうな。内容は・・、自分なりに世界を旅し、出会いで得た貴重な経験を子供たちに伝えること!とか。地球を走る旅を伝えるのだから、子供たちの目がらんらんと輝いている様子が目に浮かぶ。そういえば、この種の素晴らしきバカヤロー(林の最大の誉め言葉)がもうひとりいたことを思い出した。何食っても腹をこわさない丈夫な胃と笑顔が取り柄の(歩きびと ふみ)である。ふみも、西川君も・・・なんと出身は徳島大学!とてもお利口さんとは言えないが、こんな連中を林は非常に好む。なぜかって歩き遍路と車遍路の違いはあるが、林も若いころ、ラッパ1本担いでアメリカ1周した経験があるから。う〜〜〜〜ん、血が騒いできた!!!だが、彼らのことはとても書ききれない。石井君、西川君の記録はネット検索でどうぞ!きっと知らない世界が待っているはず!!

 ★ゲストコメント(2016年11月11日放送分)

写真  畑田眞弘氏



本日放送した選曲

M1: Bridge over troubled water(Eric Miyashiro)
M2: Theme from Star Trek(Maynard  Ferguson)
M3: What a wonderful world(Fabrizio Bosso)
M4: Jada(Doc Cheatham&Nicholas Payton)


▼林のコメント

 お客様は日本相続知財センター徳島支部代表理事の畑田眞弘氏。
なんだ、こりゃぁ?の世界だが・・・、要するに、なんだ、要するに・・・・、相続・遺言に関する一切、後見人制度の悪用?じゃない、法定後見人制度や相続が争続にならないようスムーズな手続きを支援する組織のこと。だいたいは不動産で骨肉の争いが起こるそうな。林みたく、財産なし、前妻なし、子供ひとりってのは、どちらかというとお気楽さん。財産あって、離婚歴があって、争いを避けたい御仁がいるならば、無料で相談に乗ってくれるらしい。0120−09−2794(まるくつなぐよ)に電話をどうぞ!って、この団体、どこで資金を稼ぐんだろ?林の素朴な疑問!!やっぱ貧乏人にはわからない。
 というか、目線は別世界に・・・。畑田氏の姪(奥様のお兄様のお子様)はなんと宝塚花組のトップスター 花乃(かの)まりあさんだということが判明。それも、放送中に言うのを忘れる大失態!相続ぅ、遺言nn、などなどとお堅い話題より、(すみれのはなぁ〜さくころ)の方が花があってよかったのかも。同日に畑田氏の奥様は、宝塚に行って、観劇、それもまりあさまの引退公演とか・・・。やっぱそっちがよかった!!放送終わって、畑田氏いわく、(宝塚・・・言えばよかったですね)と・・・。来週放送の冒頭でいうことにしよう!!

 ★ゲストコメント(2016年11月18日放送分)

写真  大崎理英氏



本日放送した選曲

M1: Walking down the Nakamise 
street(守屋純子orch.)
M2: Give it one(Eric Miyashiro EMband)
M3: Vital Area(EQ)
M4: Oleo(中川英二郎)


▼林のコメント

 徳島県徳島文化振興課より大崎理英氏をお招きしての60分。
彼の仕事は主に宴会・・ではなくイベントに特化して専門にやっているらしい。代官所の仕事はよくわからないが、彼の手掛けているイベントがTokushima Jazz2016である。昨年の2015ではルパンチックJAZZということで、サニーサイドはその先陣を切らせていただいた。アスティの大ホールで、飲みながら演奏が聴ける!ということで大評判だった。今回は街中でそれを再現!!といいながら、ち〜と現実は厳しいらしい。日本を代表するトップミュージシャン達・・奥平真吾、エリック宮城、守屋純子、中川英二郎他そうそうたるメンバーが徳島に集結。凄い!!のだが・・、ライブハウスでそれぞれ3バンドが40分だけ演奏。すべて入れ替え制。それに地元ミュージシャンが参加。どうせならドリームバンドを組むなら、すべて日本のトップで組んだら・・・という懸念もあったが、それはさておき、いったい招聘にいくらかかった?すんごい予算をぶんどってきたものだ!!文化庁文化芸術による地域活性化・国際発信事業!という民間は参加できない予算構成が文化庁にあるみたい。しかし、これを企画し、送迎から楽器、演奏準備、ホテル手配、食事etc・・・ひとりでも接待が大変なのに、×12人。朝から晩まで特化してても大変な作業だ。幸い、最近のミュージシャンは昔のそれと違って、無茶苦茶わがままを言う人はいない。トップになればなるほど頭は下がる傾向にある。このご時世、お行儀の悪い奴は次がないからだ。しかし、悲しいことにJazz Giant達も俗世間では顔も知らんただのお人。チケットの売れ行きが・・・・。昨年から急に阿波踊り、第九、浄瑠璃に加えJAZZが4大モチーフとされるようになった。でも、自分で言うのもなんだが、徳島のJAZZって・・・・レベルは下から数えて何番目・・・の世界。かろうじてJazz Streetが頑張っているが・・・・。 その世界に風穴をあけるようなイベントは大歓迎だ。CDなんぞで聴くよりも、当然生でその息吹を感じ、本物を聴いて、その空間を共有するのはとてつもなく大事なことだと思う。ホンモノを見る、聴くのは心の栄養素の中で一番大事なこと。ほんのり期待して聴きにいくとしよう。

 ★ゲストコメント(2016年11月25日放送分)

写真  左より ニコライさん、 吉成潤一氏、 橋本達也氏



本日放送した選曲

M1: Fair and warmer(Count Basie orch)
M2: Yesterday(Count Basie orch)
M3: 青い山脈(矢野顕子・山下洋輔)
M4: San Francisco Blues(Peggy Lee)


▼林のコメント

 お客様は神山グリーンバレーの元事務長の通称ニコライさん、
徳島県商工労働観光部企業支援課より、吉成潤一氏、橋本達也氏の3人。なんともお堅い放送になるかも!という予感は・・・大いにハズレて、なんとなくゆったりムードで番組は進行。11月26日に開催されるサニーサイド ライブin神山の宣伝が主目的でありながら、メインの4K映画祭のPRも兼ねようという目的。ニコライさんというから林は、番組冒頭からロシア語でご挨拶。もちろんわざとだが。ちんぷんかんぷん顔のニコライさんは、(私は日本人です)と。自称ニコライと名乗ってるだけとか・・・。その彼はライブin神山ではサニーサイドをバックに熱唱する予定(実際はとんでもない展開になってしまったのだが・・・・)。
 
徳島県からの4K映画祭支援チームは、ゆる〜〜〜〜い進行になぜかホッとした様子。つい先ほどまで、某NHKの番組に40秒のPRに出演、リハーサルを数回こなし、疲れ切ったのが本音だと。一生懸命原稿を書いて読み上げてくれたのに、それ以外にどんどん突っ込まれたもので・・・、いてまえ!!的な発言が度々。いい感じのお役人様方だった。
 
4Kと言われても・・・きつい、汚い、危険、厳しいくらいしかピンとこない林にとって、映像の世界は全くの未知分野。適当にあいづちを打ちながらお上品に(あはは!)の世界。やっぱアナログ親父には限界かも!!