過去放送分
ゲスト一覧
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2014年 4月 4日放送分)

写真  前・・岡崎統括マネージャー、後・・前野アシスタントマネージャー


本日放送した選曲

M1: I can’t get started(Maynard 
Ferguson)
M2: Sir Duke(Stanley Turrentine)
3: East of the sun(小林桂)
4: Fancy meeting(Bing Crosby&Rosemary Clooney)



▼林のコメント

 ホテルクレメント徳島より、岡崎統括マネージャー、前野アシスタントマネー
ジャーのお二方をお招きしての60分。5/4にホテルクレメントが開催する小林桂ライブの告知が主務!ビュッフェ料理、ドリンク込の9000円!安いか高いかはそれぞれの判断だが、生で日本の一流ボーカリストが聞けるのは嬉しいかも。しかし林は7/13の杏里サマーディナーライブに興味津々。目の前においしそうなものを並べられると・・・どうしてもより美味い方へ行ってしまうこの節操の無さ!進行者として、ちょっぴり反省。どちらもお問い合わせは088-656-3333 ホテルクレメント徳島まで!
 
親父の林が言うのも変だが・・・、岡崎統括マネージャーはどうみてもホテルの偉いさんの親父!林のどんな無茶振りにも、にこやかによどみなく、的確に返事してくれる。そのお方が・・・・なんと林の高校の後輩???嘘だ!!!!と思ったが2学年も下だった。
 
今回お呼びしたのも、毎週水曜日、林のボランティアなんちゃってマスターやってる栄町のライブハウス AVANTIに小林桂ライブの告知に来たのが発端。いつも暇な店だから、フライヤー持ってきただけなのに・・・、なんとお客様として飲んでいってくれた・・林的にはボランティアだからどうでもいいことだが・・・そのご厚意に応えての告知出演!なんて大げさに書いてしまったが、要するに、岡崎氏の呼びかけに応じた林、次の林の呼びかけに応じた岡崎氏!親父同士の見事なCALL & RESPONCE!!
 
限りある予算でいろんなことを企画する、いや・・せねばならぬ、いやいや・・せねば生き残っていけない厳しいこの業界。今回は見事なフットワークで関係の店を軒並み制覇し、告知し、11枚手渡しのつもりでチケットを販売し・・・。我々も見習うことてんこ盛り!なかなかこの後輩・・やるわい!!

 ★ゲストコメント(2014年 4月11日放送分)

写真  どちらも怪我なくよかったね?? 左よりチャーリー佐次、朝三征一郎氏


本日放送した選曲

M1: Rawhide(Frankie Laine)
M2: Gonna fly now(Maynard Ferguson orch.)
M3: There’s no business like show business(The Boston pops orch.)
M4: Raindrops keep fallin on my head(Patti Page)



▼林のコメント

 お客様はチャーリー佐次と、朝三征一郎氏のお二人。同い年らしく、そういえば
頭の乱反射の具合とか、よく似ていたような・・・最初から失礼な表現で失礼!!
 
チャーリー氏は映画評論に関してはプロ並!との評判高き徳島では稀な存在。映画に関しての記憶力は・・徳島の浜村純とも!特に西部劇はプロ以上かも。昔のチャンバラから現代の作品まで、1570枚のDVD、コピーDVDを含めると、2700枚以上所持してるらしい。もちろん林期待のポルノはない。当たり前か!!
 
林もよく貸していただく。戦争モノから、宇宙モノ、冒険モノからSFモノ。今も5枚ほどお借りしている。その選択のすべてはチャーリー氏におまかせしている。スーパーマンからスパイダーマン、座頭市から眠狂四郎まで、シリーズすべての作品を持ってるそうな。その一作一作まで覚えているものだから・・・ボケる暇がなさそう。
 
朝三氏は、たまたまチャーリー氏についてきただけ!まさかスタジオの中に監禁??されるとは思ってなかったらしく、緊張でやっと声が出る程度。終わってひとこと・・・(ええ経験だった)
 
だいたいJAZZのスタンダード曲は、ミュージカルやら映画から生まれることが多々ある。今みたいに、すべてのジャンルの曲が溢れかえって、情報が入り乱れて、林の頭では収拾がつかない状態だと映画の主題歌なんて覚えられないが、昔は一度聴いたら心にずっと残っている名曲が多かったような・・・。単に若くて記憶力がよかった!だけかもしれないが・・。
 
映画の話を始めて60分では終わらない!そこをまとめるのが進行役の腕!!わかってそうで、できないのが素人!林にそんな器用さはない。ということで5月2日に再登場していただくことに!乞うご期待!!

 ★ゲストコメント(2014年 4月18日放送分)

写真  左より 魔女・・川原潤子氏、化け猫・・木村しょうこさん、吉田みずほ
さん、町田ひでゆき氏

本日放送した選曲

M1: Lonesome road(Mahogany hall stompe
rs)
M2: Move up a little higher(Martha Bass)
M3: Hope(Spirituals)
M4: Meories of you(Southside Jazz Band)



▼林のコメント

 お客様は川原潤子代表率いるスピリチュアルズのみなさま。
木村しょうこさん、吉田みずほさん、町田ひでゆき氏の三人を従え、川原代表は貫禄の登場!前回出演時、笑い方が魔法使いの婆さんそっくりだったもので、林は(魔女)と呼んでしまったらしい。今回も豪快に大口を開けてお笑いになり、右の奥歯の2番目の治療痕まで公開していただいた。その魔女が、隣に座った木村しょうこさんに向かって(化け猫!)と呼ぶから・・・このバンドは・・コミックバンド・・と思われてもしゃぁないか!
 
この番組に何しに来たか、お笑いやるんじゃなく、4/29に文化の森21世紀館のメロディカル・ビートというイベントのPRに。5台のドラムセットと、5声のハーモニーで歌とリズムのワークショップを開催するそうな。リズム隊は神戸よりプロをお迎えするらしい。興味ある方は、(徳島・メロディカルビート)で検索すれば大丈夫。
 
番組中に、(HOPE)という曲を生で披露していただいた。唯一の♂の町田氏のフューチャーものだが、これがなかなかのもの。作曲は川原潤子氏・・あの下品な笑い方からは想像もつかないような、繊細でいて覚えやすいメロディー。町田氏の歌も、のびやかで艶があり・・・こりゃやるわい!!の世界。
 
川原氏からは、気安く(せんぱ〜〜い)と呼ばれているが、こんな魔女が後輩だと??おまけに(先輩は昔はさわやかだったのにぃ・・・今こんなに下品になってるぅ〜!)
 
実力はピカいち!一度ライブに足を運んでみてはいかが?

 ★ゲストコメント(2014年 4月25日放送分)

写真  左より中村美弥子さん、素麻子さんじゃない・・・麻素子さん


本日放送した選曲

M1: Sing Sang Sung(Gordon Goodwin 
orch.)
M2: Still in love(Root Soul)
M3: Vera Crus(Orange Pekoe)
M4: Oye Como Va(Tito Puente)



▼林のコメント

 お客様はワールドエキゾチカ2014実行委員会より
中村美弥子さん、麻素子(あさもとこ)さんのお二方。毎年このイベントのPRに来ていただいているが、林は毎回EXOTICA・・(エキゾチカ)のXをRに置き換えてEROTICA(エオロチカ)と読んでしまう。これぞ中年親父の悲しい性(サガ)か!!もひとつ今年は麻素子さんを素麻子さんと、真面目に何度も間違えてしまった。
 
ワールドエキゾチカとは、上質な音楽を届けよう!!を合い言葉に結成した集団のこと。音楽、映像、ファッション、クラフト、食とジャンルを越えた、クリエイティブな文化の融合を目指している。俗に言うオシャレ!!オシャレでもない、また上質でもない音楽をやってる林にとっては完璧に・・・未知との遭遇!!高名なクラブシーンでのDJやらアーティスト達がてんこ盛り、数十人集まるそうな。昨年は500人前後の集客で、でも収支を考えるとやっとこさトントンらしい。
 
とてつもなく大変な労力だというのは、本能的に理解できる。おまえもやれ!と言われたら・・即断る・・・と思う。なにが楽しくてこんなことやってんだ???と疑問を抱かれて当然かも。でもしんどくっても、人様からアホ!呼ばわりされてもやるはず・・ってのも理解できる。おそらく林と同じく賢くない科に属する人達。これを林の最大級の賛辞で(素晴らしきバカヤローども!)と言う。
 
こんな連中が増えてきたら、何をやるやら危なくって仕方ないかもしれないが楽しい街になるはず!期待しよう!!