過去放送分
ゲスト一覧
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
 ★ゲストコメント(2013年 5月 3日放送分)

写真  佐藤文昭氏、郷田智子氏
     なぜかバズーカ敦子一門も加えての集合写真



本日放送した選曲

M1: All my loving(Count Basie orch.)
M2: Topsy(The Manhattan Transfer)
M3: VonB(Piece of Cake)
M4: If I were a bell(Holly Cole)



▼林のコメント

 林の大先輩 NPO法人 音の和企画すだち塾代表の郷田智子氏、
おなじみカフェ・ケストナーのオーナー佐藤文昭氏のお二方をお迎えしての60分。アシスタントのぴぃさんが命懸けて追い回している???失礼、ストーカーやってる・・これまた失礼!!、惚れ込んで日本各地まで聴きに行ってる伊藤大輔&MaLのアカペラデュオ(Piece of Cake)が徳島にやってくる、それを企画したのがぴぃさんであり、郷田先輩であり、場所を提供したのがカフェケストナーという図式。歌とヴォイスパーカッションという一番原始的?な表現でありながら、インプロヴィゼーション・ドライブ感等々あらゆるジャズ的要素がてんこ盛りのステージを展開する。CDを100回聴くなら、現物を生で1回見て、聴いて、感覚を感じたら・・・もうPiece of Cakeの虜になること請け合い!!こんなもんでどうでっしゃろ?ぴぃさん!!     と冗談はさておき実力では日本ではトップの折り紙付!!興味のある方はぜひ!!Piece of Cakeとググったら予定はすべて把握できるはず!!徳島は5/26 昼間がカフェ・ケストナー 夜が(Jealousy)。
 
さて郷田さんは林よりずいぶん?と上だが、その活動は精力的!!そのもの。今徳島!と思えば、数時間後には広島、脇見してる間に大阪なんて当たり前。次は車で北海道!!らしい。それに比べると林なんぞまだまだひよっこ!!偉大なる先輩と比較対象にすらならない。
 
次週のゲストがドタキャンになったもので、来週は再びカフェ・ケストナー佐藤氏がお客様。それを聞いたバズーカ敦子、私んとこの工房が1周年、その特集やろっと!最近ぴぃさんも、バズーカも番組の私物化が激しいんじゃないか!!えっ?一番私物化してるのは・・・そう林に違いないが・・・。私物化=自分のもの=愛情を注ぐ=大事にする=宝物   いいんじゃないですか?

 ★ゲストコメント(2013年 5月10日放送分)

写真  カフェ・ケストナー オーナー 佐藤文昭氏、なぜかハラニシと2ショット!



本日放送した選曲

M1: Royal Garden Blues(Howard McGhee)
M2: A song for you(Leon Russell)
M3: There will never be another you(Lester Young)
M4: The gentle rain(Toots Thielemans)



▼林のコメント

 困った時のゲストは・・カフェ・ケストナー オーナーの佐藤文昭氏。
林の親愛なる、偉大なるバカヤロー軍団の頂点に君臨するお方である。ドラエモンのポケットのごとく、話のネタはどこからでも、どこまでも、またいくらでもある。今回持参していただいたのは・・・林用にアイリッシュ・コーヒー。たかがコーヒーとあなどるなかれ、まずケストナーブレンドの活きのいい、ちょっぴり濃いめのコーヒーをグラスに注ぎ、砂糖を少々、そこにアイリッシュ・ウィスキーを注ぐ、最後に生クリームを盛る。簡単そうだが・・・いただいてみるとこれが絶品!!まずウィスキ−が舌に、それを包むようにコーヒーが、今度はすべてを包むようにまろやかな生クリームが・・・。生まれて初めて味わった粋な味!!でりしゃすぅ!!
 
佐藤氏のこだわりは・・・活きのいいコーヒーもさることながら・・・ウィスキーはスコッチじゃなくアイリッシュ。生クリームは油の塊ではなく、本物中の本物の生クリームを使用。ここまでこだわって不味いはずがない。林は3杯おかわり!!だがあくまで、林用に持参していただいたもので・・・、カフェ・ケストナーではアルコールは販売してないので、飲めないんだと。ということは幻のコーヒーかも。
 
放送局の林のキープの棚にアイリッシュウィスキーを保管しておいて・・・また次回、佐藤氏に出演をねだることにしよう。
 
最近、放送中にうまい酒(ワイン・シャンパン・アイリッシュコーヒー等々)をいただきすぎて・・・酔っぱらってしまう。アシスタントの二人が崩れていく林を支えてくれる・・・のが理想的なのだが・・・時々沈められる。何事もほどほど!!が・・・できるならバカヤロー軍団にどっぷりと浸かってないのだが。これまた林の生き方である。やっほ〜〜!

 ★ゲストコメント(2013年 5月17日放送分)

写真  丸宮朋氏(まるみや ふたつきと呼んで失礼しました)
     住友真美さん(明朗会計じゃない明朗快活が印象的な美女)
     あぶらこうじにくまろ氏(なぜか専用マスク持参の変人、いや怪人)



本日放送した選曲

M1: Love(宮間利之&ニューハード)
M2: Come rain or come shine(Monica Zetterlund)
M3: Treasure Island(Keith Jarrett)
M4: Get Happy(Frank Sinatra)



▼林のコメント

 キラ★ニコカフェ実行委員会より丸宮朋氏、住友真美さん、
あぶらこうじにくまろ氏の3方を迎えての60分。キラ★ニコカフェとは何か面白いこと!やりたいな、できんかいな?というたわいもない雑談から始まったらしいが・・なかなかやるわい、いやいや・・我々のミュージックユニオンが開催するいろんなイベントより、質的には数段格上!!何が違うって?メンバー達のやる気、気合いがビンビン伝わってくる!!やっぱ若さか!!いやバカさ!かも。
 
この連中の素晴らしいところは、何か面白いことないで?こんなんやれへんで?できたらええのに!まぁそのうちなぁ!で普通はおしまいなのに仲間を集め、それを実現しようと動き出したところ。知り合いに声をかけ、その友達から友達へ、点と点が、線になり、その線が円になる。あげくに県のお代官様・自衛隊まで巻き込んで・・・頼もしい限り!!内容もウォークラリー・カフェから始まり、ご当地ゆるキャラボクシング、ダンスパフォーマンス・ロック・ファッションショー・等々普通のイベントの3〜5倍強の濃い中身。TV・ラジオ中継も入り、そりゃ知事閣下も来るわさ。
 
キラキラ輝き・ニコニコ笑顔で!!いいフレーズ!5/19(日)10:00〜月見が丘海浜公園が会場。この文がアップされるころは、次なにするで?と話し合ってるかもしれないが・・・、降水確率は50%。雨降ったらどうしよ?等ネガティブに考えずに、(日焼けしなくていいんじゃないですか!)の発想もこれまた憎い!!
 
若干年配(失礼)のあぶらこうじ氏、体重119.5kgからなんと72kgまで減量したそうな。それだけで60分保ちそうな話題。
 
こういう若い連中が育ってきて、年寄り軍団が負けるか!!と立ち上がりお互い切磋琢磨し、また協力しながら一緒に何かを創造する!!いい感じ。林の最大の誉め言葉・・素晴らしきバカヤロー達!!を送りたい。まだまだ徳島も捨てたもんじゃない!!彼らの活動に乞うご期待!!

 ★ゲストコメント(2013年 5月24日放送分)

写真  左より 次郎吉さん、ふさこさん、みほさん、くっさん




本日放送した選曲

M1: Alexander’s ragtime band(Charlie
 Shavers)
M2: Ringo Oiwake(Kenny Barron)
M3: 東京ブギウギ(Time Five)
M4: Lover come back to me(美空ひばり)



▼林のコメント

 しゃっきんチンドンクラブより、次郎吉さん、くっさん、ふさこさん、みほさんの
4人をお招きしての60分。しゃっきん!!とは借金ではなく、元気!!の意味。三味線の次郎吉さんは、某耳鼻咽喉科の大先生、仲之町の福本さんともいう。くっさんはサックス吹きで、次郎吉さんの患者さん。次郎吉さんに(仲間に入らないと治療しない!!)とのファ−ストオピニオンを得て、加わったそうな。パーカッション部隊はふさこさん、みほさん。どちらも次郎吉さんにナンパされたそうな・・・。次郎吉さん・・・70歳ながら肌もつやつや、エベレスト登山の三浦雄一郎さんに触発され、まだまだ現役バリバリ!!
 
何か演奏を!!とお願いしたらまず(竹に雀)、次に(千鳥)を披露していただいた。どちらも曲名は知らないが、どこかで聞いたことのある響きを持つ古典の曲。時代劇的カツラをつけ、着物を着たら、そこには立派な芸人さん!!コスチュームプレイの先駆者はチンドン屋さんだった。
 
かく言う林も、学生時代はデキシー衣装にカンカン帽で、長野県のデパートの開店やら、神戸のマクドナルドの開店、松山での子象とのコラボ行進、神戸祭りでサンダーマスク(ふるぅ!)と手をつながされての行進等々ラッパ1本片手によくやらされたものだ。
 
ということは・・・林のコスプレ衣装さえ揃ったら・・・お仲間に入れてもらおうかしらん。
26日12時から銀座けやき市で演奏するそうな・・。今後、街のどこかで見かけたら、手を振って応援お願いいたしまする。

 ★ゲストコメント(2013年 5月31日放送分)

写真  左より locomoco(出田恭子さん、田中由美さん、乾順子さん)




本日放送した選曲

M1: How ya doin’ Baby?(Maynard 
Ferguson orch.)
M2: Chim chim cheree(Wes Montgomery)
M3: Ka Nahona Pili Kai(locomoco)
M4: How Insensitive(Clare Fisher)



▼林のコメント

 お客様はハワイアンのlocomokoの皆様。乾順子さん、田中由美さん、
出田恭子さんの3方。髪に白いティアレという飾りをつけ、ハワイアンドレスでの登場に、スタジオは久しぶりに華やいだ雰囲気。なんたって♂は林独りだけ!!いわばハーレムぢゃ!ガハハ!!
 
そもそもの出会いは、ハワイアンの教室。意気投合してバンド結成。さわやかな歌声は、雑音に惑わされてる林の耳に、ハワイのそよ風の如く心地よく響く。ついでに生演奏で(ウクレレ・ベィビー)を演っていただく。田中由美さんのウクレレは、なんとハワイまで行って見つけてきたそうな。
 
季節にマッチしてるのか、出演依頼も相次いでいるそうで、6月14日(金)なんぞ19:30から沖浜のレストラン(みよしの)に出演、終了後、栄町2丁目言問ビル2FのAVANTIで21:30より2ステージだと。さわやか系癒し音楽に浸りたい気分の方は、ぜひお越しやす!!
 
ロングドレスも新調したそうで、ビジュアルもOK!林も放送後にお邪魔してセクハラなんぞ・・・いや応援の拍手なんぞ送ろうと思っている。
 
いろんなバンド、いろんな音楽が徳島に溢れるのはいいことだ。それも真面目に一生懸命練習して、その結果をライブで披露して、それをお客様に批評していただき、さらに練習に励む。ええかっこせずに一生懸命やるバンドは、年齢なんぞ関係なく実にさわやかだ!!