過去放送分
ゲスト一覧
2020年 8
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 7月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月
(株)中岸商店はサニーサイドHPを作成支援しております。
★インフォメーション




●1996年7月3日に始まりましたSUNNYSIDE OF THE STREETも20年目を迎えました。今後ともリスナーの貴重な時間を私たちのお話で満足?させますので拝聴の程宜しくお願い致します。



 ★ゲストコメント(2020年 8月 7日放送分)

写真  



本日
放送した選曲

M1: 
You'd be so nice to come home to(Helen Merrill in 1954)
M2: You'd be so nice to come home to(Art Pepper)
M3: You'd be so nice to come home to(Jim Hall)
M4: You'd be so nice to come home to(Helen Merrill in 1994)



さんのコメント

 


▼林のコメント

 ゲスト予定の客人が微熱がある!!との連絡が入った。すぐに出演を取りやめていただき構成を変更することに!今までできなかったことに挑戦!曲は1曲だけ、あとはいろんなプレーヤーの演奏を並べることに。曲は、ジャズの名曲でYou'd be so nice to come home to)邦訳は(帰ってきてくれたら嬉しいわ)だが、本当は(家に帰れるとあなたが居るのはとても嬉しい)が正解。1943年にコール・ポーターが作詞作曲した。第二次世界大戦という時代背景を考えると当時の人たちに実感を持って受け入れられたのだろう。M1は1954年のヘレン・メリルとトランペットのクリフォード・ブラウンの組み合わせ。M2は1957年、インスト物で、大ヒットしたアート・ペッパーバージョン。M3は1975年、ギターの名手ジム・ホールの演奏でおなじみ、アルトサックスにポール・デスモンド、トランペットにチェット・ベイカーも加わる豪華版。M4は1994年だからM1から40年後のヘレン・メリルの歌とルー・ソロフ他4人のトランペットプレーヤーが加わる超豪華版。途中のソロは1954年版のクリフォード・ブラウンの演奏のソロ部分を4人がユニゾンで演奏するという、ラッパ吹きにはとてつもなく凄い貴重盤!林は聴いて感動に打ち震えた・・・のだが、アシスタント バズーカ敦子は(4人が同じことやってなにが面白いのよ!ひとりでええのに!)のつれないお言葉。やっぱ違うんだ、ということは聴視者は面白くなかった?ってこと。まぁ、これは仕方ないか!といいながら次は(枯葉)対決にしようか、それとも綺麗どころ系vs実力派系の対決にしようか、24年目に入っても依然懲りずに林を遊ばせている寛大なFMびざんに乾杯!とビールをグビリ!阿波踊りのない盆なんて・・・・。どう過ごすんだろう!

5Last up date 2020. 8.11
Copyright (c) 2004〜2020
SUNNYSIDE OF THE STREET All Rights Reserved 

当サイトに掲載している一切のコンテンツの無断掲載・転用・コピーを禁じます。